トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

オークションの話 パート2

やみいが投げ釣りを再開してからしばらくは、全然釣具にお金を

かけませんでした。なにせ少年時代に使っていた投げ竿をそのまま

使っていたくらいですから。何年か前に日高でタイコリール(知って

ますか?)を使っている人を見かけて懐かしさに感動しましたが、

当時のやみいも50歩100歩(笑)。まあその頃はほとんど初心者

モードでした、ギョギョライトも知らなかった位ですから。









それが変化したのは4年位前です。小樽の南防波堤でカレイ釣りを

していたら、すぐ隣にいた人がただ一人景気よくカレイを釣り上げて

いました。結構混雑していましたが、他の人は全然アタリなしです。

何が違うのかというと、飛距離でした。なにやら高そうな竿とリール

1組(!)でやたらと遠くへ投げてはちょっとサビくともう釣れてます。

それまでも釣り新聞や「北海道の釣り」で遠投に関する記事を

読んではいたのですが、やはり百聞は一見にしかずですね。







早速シマノとダイワのカタログを入手して竿とリールの機種検討に

かかりましたが何がいいのかさっぱりわからない上、ものによっては

ずいぶん高価です。元々新品にはこだわらないやみいは懐具合dollar

と相談しながらあれこれオークションで購入する事にしました。現在

にいたるまで、10本近い投げ竿を購入しています。ただし、何本か

は折れたり売ったりしてますので、手元に残っているのはその半分

ほどです。竿って売るときにも綺麗なままだと高値で売れるので、

ありがたいですね。やみいはサーフリーダーのEVを9千円で買い、

1年後に8千円で売りましたbell









理想を言うと同じグレード・硬さの竿を2本ないし3本買いたい

ところですが、最初のうちは「硬い」と思ったサーフリーダーEV

のDXも、半年もすると物足りなくなったので今はまだ全て違う

竿を使っています。同じ竿を3本並べるのはいつのことやら。

まあ、なんだかんだいっても最後はスピンパワーに行き着いて

しまうのかなとも思う今日この頃ではありますが・・・。





にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「ダイワは買わないの?」と思ったらポチッと

お願いします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年11月29日 (土)

祝アクセス1000突破!

昨日のカジカですが予想通り、かなりいい感じの抱卵物でした。

早速醤油漬けとなりましたが1年ぶりで楽しみですhappy01

11月も明日を残すのみとなりましたが、カウンターのアクセス数が

おかげさまでようやく4桁に到達しました。まだ始まったばかりでは

ありますが、今までお越しいただいた方々には感謝いたします。

 o(_ _)oペコッ






さて、今年の釣りもあと何回行けるか分かりませんが現時点では

24回(うち不戦敗1回)と、どうやら30回は無理そうです。一般に

北海道では師走の声を聞くと納竿という方が結構いるようですが、

やみいはここ数年、大晦日にまで出撃して釣り場で初日の出sun

見る(いつも寒さに挫折して途中で帰ってきます/爆)というのが

習慣というか目標になりつつありますので今年の勝負もまだまだ

これからです。それはともかくとして―









例年ですと12月は太平洋か噴火湾―と決まっているのですが、

今年は日本海も視野に入れています。カレイ狙いもおもしろいなと

思いまして*(^o^)* しかも来週は思いのほか天気も良さそうです。

ここは完徹してでも大クロを目指すしかない! と鼻息だけは荒い

のですがどうなりますことやら(笑)。






にほんブログ村 釣りブログへ 「平日に行ってズルイ!」と思わずポチッとお願い

します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月28日 (金)

カレイはいずこ?

本格的な冬の訪れか?と思われた寒さもここ数日はいくぶん緩んで

道路の雪もだいぶ解けてきています。来週も暖かいようだし、こんな

感じの日が続くとうれしいですね。






さて、昨日もちょっと予告していましたが今朝、古たん漁港にカレイ

狙いで行ってきました。先週はシケのため不戦敗でしたが、今日は

ナギの予報だったので仕事疲れもなんのその。5時過ぎに出発して

現地に着いたのはちょうど空が白みだす6時ちょうどでした。外防に

車を止めるといつものようにチカ狙いの釣り人が数人、準備に余念

がありません。私も早速先端の高台に釣座を構えました。






しかし、予報では「波1m」でしたがどうもそうは見えません。右手の

押琴あたりを見ると盛大に白波がたっています。まあ日本海では

この時期、こんな感じなんでしょうね。追い風なのでそれほど気には

なりませんが―




1128kotan



















竿を出してすぐはカモメに糸を引っ掛けられてばかりです(>_<)。

竿先も風にあおられるばかりでアタリはさっぱりなく、時々仕掛けを

サビいてはエサの交換の繰り返し。ただ高台のせいで風の冷たさが

身にしみますbearing だんだん手足がかじかんできたので、リュックから

カイロを出して足のつま先に―とゴソゴソやっていたその時です。







竿先に「ツツン、ツン」とカレイっぽいアタリがきています。ところが

長靴を脱いでいるのでとっさに対応できませんcoldsweats02 大慌てで長靴に

足を突っ込んだ頃にはさっきのアタリはどこへやら―

しばらく待ってみましたが音沙汰がないので竿を軽くあおってみると

重さがありますnote あわせて巻き上げますがお、重い。その割には

さっぱり動かないのでタコ?ヒトデのダブル?と思いながらリールを

巻きます。ようやく目の前まで来たのを見るとありゃ、カジカでした。

朝の8時に防波堤の先端で遠投してカジカとは全くの想定外です。




1128kajika






















30センチちょっとですがはちきれそうにお腹がぷっくりしてます。

どうもカレイは期待できそうもありませんね。少しは寝ておきたい

ので、このあと30分ほどで納竿しました。チカ釣りの方は大チカ

交じりでボツボツという感じで釣れていました。来週はもう少し、

遠出したいところです。




にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「お疲れ様!」と思ったらポチッとお願いします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年11月27日 (木)

天気はいいのに・・・

昨日は家の用事で余市まで行ってきました。やはりあちらは

札幌より雪が多いですね。今年は暖冬小雪傾向ということで

本当ならありがたいのですがconfident






ガソリンも相変わらず下落傾向です。余市からこっち、121円

~123円がほとんどでしたが、プリカ使用で116円というところ

もありました。もちろん「満タンお願いします」(笑)。







Fugoppe



















塩谷から余市にかけて海沿いを走りますが、この時期としては

信じられないベタナギです。釣りしたかったなあsad。ちなみに

上は5月にフゴッペ岬に漕ぎ渡ったときの1枚です。彼方に余市が

見えますね。このときは釣れども釣れどもカワガレイばかりで、

これ以来やみいはひそかに「カワガレイ岬」と呼んでいます。

やっぱり両側にフゴッペ川と蘭島川が流れ込んでいるせいなの

でしょうか。そういえば最近、岬の先端に網の入っているのを

よく見かけましたが何が獲れるのでしょう、ヒラメだったりして。

明日も海は静かそうだし、何とか出撃したいものですがさてさて。





にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「行ってらっしゃい!」と思ったらポチッとお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

アカハラの利用法

やみいの釣りのターゲットは春がカレイで、産卵期が終わった

6月末頃からソイ、秋から冬にかけてがカジカとなっています。

今年は秋にもちょこちょこカレイを狙ったりもしていますが―








ちょうど今はカジカシーズン真っ盛りですが、この釣りでもっとも

登場する外道にアカハラがいます。アタリだけは派手ですが、

エサとして利用する人以外はほとんどがっかりしてリリースして

いるでしょうね。チカ釣りでも頼みもしないのにかかってきて、

仕掛けを滅茶苦茶にしてくれる嫌われ者です。






Photo007













しかし、何冊か釣りの本を見ると「食べ方によってはおいしい」と

書かれているので、例によって変わったもの好きのやみいは

アカハラ料理にチャレンジしてみることにしました。なんでも

すり身にして天カマにするのが漁師流のようですが、揚げ物は

揚げる最中に油に当たって苦手なのでパス。で―







その①普通に塩振り焼きにしてみましたが、身がパサパサな上に

ものすごい小骨・・・ついでになんだか泥臭いとあってボツ。






その②お刺身もとにかく、最大のネックは小骨でした。血抜きを

しっかりして氷水で〆ると泥臭さは意外と気になりませんでしたが、

とにもかくにも小骨です。ある本には「尾に近い背びれの部分から

頭部にかけ、中骨に沿って包丁を入れ、あとは3枚におろす要領で

切っていくと嘘のように小骨が少なくなる」と書かれていましたが

どういうことなのか分かるようで分かりません(>_<)。この場合腹側

は捨てるそうですが、この文意の分かる方がいらっしゃいましたら

ご教授くださいませm(_ _)m。







結論―上の結果を基にして、現在もっとも有力な料理法はなぜか

ムニエルです(笑)。アカハラを3枚におろして腹骨を取り、皮1枚

を残してできるだけ丁寧に骨切りをします。毛抜きで抜こうとも

しましたが、あまりの多さにまるで収拾がつきませんでした(爆)。

それから身の方に塩コショウしてしばらく置き、焼く前におろした

ニンニクを適宜まぶしてオリーブ油とサラダオイルでキツネ色に

なるまで身の側を焼き、最後に皮のほうを1分ほど火通しして

完成です。ビールにも合いますよ。








小骨だけなら圧力鍋の利用も有力ですが、そのあとがまだ考え

つきません。どなたかチャレンジしてみていただけませんか?





にほんブログ村 釣りブログ 釣魚料理へ 「物好きな!」と思わずにポチッとお願いします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

時間がなーい!

こんにちは。今年最後の連休も終わってしまいましたがあいにくの

悪天候・・・釣りに出かけた皆さんは各地で苦戦されたようですね。

やみいは連休中はずっと仕事でしたが、なんとか今週は1回くらい

「釣りに行きたい」と思っています。問題は時間が許すかどうかで、

釣りに行くなら徹夜は決定という事で体力勝負になりますが・・・





とりあえずは今日と明日、「仕事だ仕事」、がんばらないと。という

ことで今日はここまでです、すみません。





にほんブログ村 釣りブログへ 「頑張ってね!」と思ったらポチッとお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

あなたはどちら?

他の人のブログやHPを見て「これいいな~」と思ったものに

グリップテープがあります。投げ竿の竿尻に巻いておくと傷が

つきにくくなるし、何よりその名の通り、キャスティング時に力が

入りやすいという優れものです。







ホームセンターに行ったとき、スポーツ用品コーナーを見ると

ありました、テニスラケット用グリップテープ。YONEXという

メーカー名が釣り竿にはいささかミスマッチですが(笑)。

初めて使うのでお試し用に一つ買ってきました。早速カジカ用の

竿に巻いてみるべし・・・と思いましたが待てしばしpaper







カジカ釣りというと、とにかく釣具が汚れます。イカゴロ・カツオ・

コマセetc。グリップテープは2センチほどの幅でこれを斜めに

巻きつけるわけですが、そうするとこのテープがもろに汚れを

吸着しそうです、多少吸汗性もあるようだし。それは困るので

急遽ネットオークションをチェック。熱収縮のラバーグリップを

落札しました。こちらは筒になっていて加熱すると竿にピッタリ

フイットしてくれます。汚れにも強いのでカジカ用はこっち!




2008_1123rod0001_2



















ということでめでたく両方ゲットして、それぞれをカレイ用と

カジカ用の竿に巻いてみました。ラバーグリップは50センチが

一般的なサイズのようですが、そこまでの長さは不要なので

80センチのを買って3本に切ってしまいました。しかしこれは

かなり強烈にコンロの上で加熱が必要ですね。竿の塗装が

どうにかなるのではと心配になるくらいでしたcoldsweats01









こちらはYONEX製カレイバージョン

2008_1123rod0004



















そしてカジカ用熱収縮タイプです

2008_1123rod0005




















単純なグリップしやすさだけならカレイ(テニス)用に軍配が

上がりますが、カジカ用も汚れ難さ・耐久性あたりでポイント

高そうです。皆さんはどちらがいいと思われますか?







にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ  「もう使ってるよ!」という方もポチッとお願いします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

エコのすすめ―ゴミを減らそう!

当たり前ですが釣具は年々進歩しています。早い話が20年前の

「北海道の釣り」をひっぱりだして広告を見ると今昔物語。「ふーん、

こんなものがあったんだ」とついつい読みふけります。とはいえ、

変わらないのは釣り人のマナーで、「ゴミを捨てずに釣り場を

きれいにしましょう」っていうのはいつの時代も変わりませんbearing








マナーの低下云々はおいといて、あまりに便利すぎるのも考え物

かもしれません。最もいい例として―釣具店に行くと実に色々な

サンマが並んでいます。ただの3枚おろしに始まって塩エビ粉〆、

塩ニンニク、はては短冊にカット済みまでいろいろです。しかし

どうもやみいはこういったサンマを買う気になりません。なぜかと

いうと、どう見ても「おいしそうにみえない」からです。

どうせなら刺身になるようなサンマのほうが魚も食いつくのでは?

というか、昔はみんなスーパーで食用(?)サンマを買ってきて

自分で3枚におろしてイカゴロやサラダオイルにつけてみたり、

変り種ではマヨネーズを塗りたくるとか、色々工夫したようです。









それがいつのまにか様々なバラエティーに富んだサンマが登場し

エサの調達が便利になったのはいいのですが、その一方で

釣り場にはそのパッケージが数知れず散乱する始末です。

サンマに限った話ではないのですが、一番説明しやすかったので

例として挙げさせてもらいました。わずかな手間暇を惜しむか

否かで釣果も上がり、ゴミも減らせると思うのですがどうでしょう。









ちなみにやみいは釣りに行く前日にサンマを買ってきて3枚に

おろし、斜めに短冊切りして新聞紙に皮を下にして並べ、身の

方に塩または塩エビ粉をぱらぱらふりかけ、あとは新聞紙を

ぐるぐる巻きにして持っていきます。アラは刻んでコマセ材料に

するか、または米ヌカとこねてボールを作り、釣り場に着いたら

自分のポイントに放り込みます。意外に効果的かつ経済的wink






にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ 「なるほど」と思ったらポチッとお願いします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年11月22日 (土)

小心者の素朴な疑問

こんな状況であなたならどうしますか?

お気に入りの釣り場に着くとちょうど他にも釣り人が準備中です。

互いにあいさつすると、どうやら先方はこの辺は不案内らしく、

真夜中という事もあって心細そうな様子weep

言葉使いもきちんとしているし、印象も悪くありません。






これは以前実際にあったことなのですが、やみいは「なんだったら

ごいっしょにどうですか?」と言っていつものポイントに連れ立って

行き、釣り方とか投げる距離とかも教えてあげました。そのとき

やみいには連れが一人いましたが、彼は自分だったらあそこまで

親切にしないだろうといい、「神様みたい」とお褒め半分、あきれ

半分のお言葉をいただきました。






好ポイントfishというのは確かにありますが、だからといって誰が

釣っても100パーセント大物を大漁できるとは限りません。

なぜなら仕掛けやエサ・投げる距離や方向、アタリのとり方に

よっていくらでも結果が変わると思うからです。事実、このときも

その人とはかなり釣果に差が出ました。だからというわけでは

ありませんが、あまり「秘密のポイント」的な考え方をしたことは

ありませんし、そんなヒマがあったら未知のポイントを開拓する

方が余程いいと思っています。まあ、平日釣りにいけるという

恵まれた環境にあるということもありますが。広い海ではどこに

どんな大物が潜んでいるかは釣ってみなければ分かりません。






―と、ここまでは前置きです。






釣り場ではこんなですが、そんなやみいにも例外があります。

ただし魚屋さんでの話ですが数年前、たまたま立ち寄ったスーパー

ホウボウが売られていました。



Photo004















なんだかこうやって見るとカナガシラみたいですね。

これまたあまり馴染みがないかと思いますが、本州では高級魚

みたいです。変わったもの好きのやみいは早速買おうとしましたが

考えてみるとこれから仕事です。活きが悪くなっても困るしどうした

ものか―と考え込んでいるところに一人のオッサンがやってきて

10匹近く並んでいたホウボウたちをあらいざらいカゴに入れて

行ってしまいました(>_<)。居酒屋でもやっていたのでしょうかね。

海と違ってお店では売切れたらそれまでなので、当たり前ですが

それ以来、珍しいものは見つけたら買う(なるべく)をモットーに

しています。






なんでこんな話を長々としたかといいますと、先日のメダイです。

どこで買えるのかという質問がありまして、やみいの知る限りでは

余市の国道沿いの魚屋ですが、ふっとホウボウのことを思い出し

心配になりました。くれぐれも―

みなさん、買占めは止めましょう!

ということで埒もないことをえんえんと書いてしまいました、どうも

すみません。







にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ   「この小心者!」と思わずポチッとお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年11月21日 (金)

疲れた釣り

ぼちぼちという割に今のところ皆勤賞で更新を続けておりますが

やはり釣りの記事がないと物足りないですね。しかし、そうそう

いつも釣りにはいけないので過去の日記から抜書きしてみます。

ちなみに日付は06年10月30日です。Photo001
















見難くてすみませんが、上が左側になります。



 
Photo003_2 















この日はいつものように写真上の左側にある大狩部駅ではなく、

写真下の右端にある厚別川河口から大狩部駅までの間を釣り

歩く事にしました。国道で車を下ろしてもらい、川岸を歩いて

海岸を目指しますが初めての悲しさ、ぬかるみにはまったり

川に落ちそうになったりしながら海岸につくとすでに汗だくです。

まずは出岬を目指しますが護岸の歩きずらいこと(>_<)。おまけ

にこの辺はかなりの荒根地帯で、仕掛けもかなりロスしました。

しかもハゴトコしか釣れない!そこで移動に次ぐ移動ですが、

相変わらず足元は悪いし起伏もあり、大荷物を抱えてぐったり。

上の写真の真ん中あたりまできたころには行き倒れ寸前です。

ここで大ダコがかかりましたが6号の道糸(しかも新品)をいとも

あっさり引きちぎって逃走されました(ToT)。

結局カジカの顔を見たのはいつもの駅のそばでした。38センチ

以下3匹とハゴトコ10匹近くを釣りましたが、この年もっとも

くたびれた釣行として記憶に残り、距離は4キロ半くらいなのに

その倍は歩いた気分でしたwobbly






この厚別川左の出岬は入釣者が少なく、好ポイントと言われて

いますが、これ以来なかなか行く元気が出ません。今年は

機会があればもう一度行ってみようと思っているのですが・・・。





にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  「お疲れ様!」と思ったらポチッとお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月20日 (木)

オークションの話

2年位前からネットオークションを利用しています。というか、

最近では竿やリール・ラインなどまで買っており、いまや釣具店で

はエサや小物くらいしか買いません。まあもともとそんなに買い物

するほうではないのですが・・・。






ヒマなときに釣具のページを覗いていると時々妙なものに

出くわします。たとえば―

竿型水中カメラ」。まあ船釣りの竿とリールがセットになっていて

糸(コード)の先にカメラが、リールにモニターが一体化している

わけです。やみいは変わったものが大好きなのでこれを見たとき

真剣に購入を考えましたが、冷静になってみるとこれって船釣り用

ですよね。50mとか100mとか向うに仕掛けを飛ばす投げ釣りで

どう使えばいいものやら。せいぜいが足元のヘチ釣りくらいなら

使えそうですが、チカやホッケ釣りにこんなものを持っていったら

それこそ恥ずかしそうなのでやめておきました。









それから「あなたの仕掛けをはるか彼方に運んでくれます」。

要はラジコンのボートがはるか沖合いまで仕掛けを運んでくれる

というわけです。おー、すごいじゃないか!これさえあればどんな

遠くのポイントでも自由自在・・・だがしかし。






価格がン十万というのはちょっと―おまけに最大2000m近く

沖合いまで到達できますといっても、そんなに糸の巻けるリール

は持っていません(>_<)。仮にあってもそんな距離を巻き上げる

なんて考えただけで筋肉痛ですbearing。たしか「釣りキチ三平」にも

同じような話があったような。あれは三平がラジコンマニアと

組んで普通ではとても無理な洞窟の中にルアーを届けるという

話でしたが・・・と、ここまで書いてきて友人にかなりのラジコン

オタクがいるのを思い出しました。ひとつ、彼に釣りを教えて

みようかな?(笑)

もういっぺん、どんな代物だったか見てみようとオークションを

開いてみましたが見つかりませんでした、誰も買わなかったの

でしょうかねdespair




にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ  「バカみたい!」と思わずポチッとお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

不戦敗・・・おまけつき

いきなり景気の悪いタイトルですみません。今日からしばらく

天気が荒れそうなので急遽石狩を北上しました。本当は積丹方面に

行きたかったのですが次の日の関係で近場限定戦となりました。

予報では波が初め2mだったので朝方だけならなんとかなるかと

思い、また5時に出発したときには風もまずまず穏やかでしたが―








現実はそうそう甘くありません。とりあえず目的地に着いてみると

ようやく空が白みかけてきたなか、海にもウサギがいっぱいです。

おまけに北西の予報だった風がなぜかここでは南西の向かい風。

未練がましく外防波堤の先端まで行ってみましたが、消波ブロック

に打ち寄せた波しぶきが胸壁を越えて降ってきますrain

Sea





浜辺を見ると

消波ブロックにも

しぶきが盛大に

上がっています

(>_<)













車に戻って善後策を考えましたが、石狩方面はこの状況だとほぼ

全滅でしょう。すでに数人いたチカ釣りの人も撤収するようです。

仕方なく来た道を引き返し、7時すぎには帰宅して二度寝しました。









で、何がおまけかといいますと―

Photo024












このお魚がおわかりでしょうか。黒くて結構頭でっかちで―あまり

馴染みがないと思いますが、「メダイ」といいます。毎年この季節

になるとまれに魚屋に並び、最近では噴火湾の船釣りでも釣れる

ようです。私がはじめてお目にかかったのはフレンチレストラン

でしたが、一昨年初めて尾頭つきを買いました。釣り味もかなり

いいようですが、味もバツグン!お刺身、焼き物、潮汁などなど

なんでもいけます。見かけはいまひとつですが、もし見かけたら

迷うことなくゲットしてください、絶対後悔はしないと思います。

このところあまり魚に縁がないのでこんなんでひとつ。

にほんブログ村 釣りブログへ  お役に立ちましたらポチッとお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月18日 (火)

なんだかんだで1週間

さて、ブログ開設から1週間になろうとしていますが、気がつくと

ずいぶんお客様がいらっしゃっていただいているようでありがとう

ございますhappy01

Ironai_2














今日は昼間に家の用事で小樽方面に行ってきましたが、時間が

あったので色内埠頭に立ち寄ると平日でも釣り人がちらほら―

ハゼや小サバがポチポチ釣れていました。以前はよくチカ釣りに

来たものですが、最近はとんとご無沙汰しています。






話は変わりますが、このブログのデザインがなぜこうなっている

かというと、我が家で飼っている猫ですdownwardleft




Cat



















「ゴロゴロいうので」

ゴロという名前ですがこのせいでつい。

ちなみに最近メタボ気味です。どなたかいい対策をご存知

ないでしょうか。



 にほんブログ村 釣りブログへ ランキングに参加しました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

楽しい釣りはメンテナンスから―

ようやく先週の釣りの後始末が終わりました(-.-; )

竿の手入れにリールのスプールの塩抜き、仕掛けも洗って乾かし

なんといっても長靴を洗ってしっかり乾燥させます(笑)。

先日一緒にカジカを釣りに行った友人のタックルボックスを見る

機会がありましたが、メンテなんぞは全くした形跡がありません。

どうみても前回(ということは彼の場合昨年か?)使用したままで、

ひどいのになると仕掛けの錆びた針に干からびたサンマらしき

物が―結構こんな人が多いのでしょうか、実は私の父もそうです。

以前父の竿を預かったら継ぎ目に無数の傷があり、尻栓を外して

みると竿の内部から砂がザザーッ。w(゚o゚)w 何じゃこれはーっ。

長年の積み重ねだったのでしょうが、すごい量でした(^-^;。




やっぱり釣具も大事にしてあげたいですよね。かんじんな時に

道糸がブチブチ高切れしたり、リールのハンドルが回らない・・・

悪夢です。といっているそばから、ありゃ、リュックの底に破れが。

さらに気がつくとライフジャケットもいつのまにか縫い目が派手に

ほつれている。これって・・・

他人事ではない!




そんなわけで次回の釣行レポートは少々お待ちください(笑)。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ ブログ村に参加しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

エコのすすめ―竿先ライト

Light

突然ですが10月15日の満月です。

この日は今年初めてのカジカをゲットした

のですが、それ以外にも初物が―







ご存知の方も多いかもしれませんが、最近LEDとリチウム電池を

使用した竿先ライトなるものが売られています。

以前からもギョギョライト使い捨てがもったいないし、釣り場に

散乱してゴミの一部と化しているのが非常に気になっていたので

たまたまオークションで見つけてすぐに買っちゃいました。

使い捨てだと一本100円としても4回釣りに行けばあっというまに

1000円です。年間トータルとなるといくらになることやらdollar

それにひきかえ、こちらは一本150円+リチウム電池(150円)

で今のところ4回使用して電池は依然健在です。

今年一杯はOKに違いありません。





しかも。






異常に明るいんです、これが。どれくらい明るいかというと隣の

人のところに油を売りに行って50m以上離れていてもアタリが

わかってしまうのですflair。色もあるのでどの竿かもすぐ

分かるし(ただしによっては暗いのもあります)、3色並べて

点けるとまるで遊園地(笑)。私の友人もあっというまに愛用

しています。テレショップじゃないですが、絶対おすすめです。

不満な点といえば、あまりに明るくて竿先にマスキングテープ

で巻きつけるとき、目がくらむことくらいですかね(笑)。








で、冒頭の満月の左下に光っているのがそれです。明るい

所でみるとこんなですが、ゴミの減量のためにいかがですか。

2008_1116photo0002_4 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土)

来岸その2

こんにちは、昨日に引き続いての来岸報告です。6時を過ぎて車ごと

漁港の入り口に移動してそこから浜に出ました。毎年夏場になると

テント銀座になる砂浜も人っ子一人おりません(当たり前だ)。カレイ

狙いなら普通は外防波堤なのですが、以前から漁港右岸の平盤が

気になっていたのでそちらを目指します。

1114






ここでは砂浜が岩場に変わるあたりでほんの少し水を漕ぐのですが

こころなしかいつもより水かさが多い―横着して長靴履きだったので

どうしようと思いましたが、大丈夫かなあ?と思いつつ歩いていくと

あっというまに長靴に浸水してしまいましたcrying。あわてて一旦退却

し、一度は車に戻ってウェーダーを(または防波堤に目標変更)と

思いましたが、「どうせもう濡れたんだからものはついで」と考えて

長靴の浸水にもかまわず一気に突破ですsweat01

さいわいそれほど悲惨な事にもならず、水もそれほど冷たくなかった

ので無事目的地にたどり着きました、やれやれ。

Scene











早速三脚をセットして竿を出しますが、そのとたん黒い雲が頭上に―

ポツリポツリと雨が落ちてき始めました、今日は水難の日のようです。

おまけに最初にアタリが一回来ただけで、あとはさっぱり音なし状態。

さらにだんだん斜め前からの風が強まり、飛距離が落ちるにつれて

根掛かり続発bearing。雨は程なくやみましたが、魚の顔も見ないうちに

力糸のスペアを使い果たして8時前には無念の終了となりました。

ここに入釣するならウェーダーを履いてもっと先へ出ないと厳しいの

かもしれませんね。ただ、目の前を磯舟がいそがしく往来するので

糸をひっかけられそうです。というわけでカレイはボーズに終わって

しまいましたが、もちろん近々リベンジしますのでよろしく!

Foot










車に戻って長靴を脱ぐとアスファルトの上に足跡が―(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月14日 (金)

行ってきました

こんにちは、今日は暖かかったですね。こんな日がもう少し続くと

嬉しいのですが、来週からはぐっと寒くなるようで冬も目前です。



さて、昨夜は余別の来岸漁港に行ってきました。しばらくソイの

30オーバーを釣っていないので、過去に実績のあるポイントを

チョイスしました。3時頃現地に着いてみると風・波共に穏やか

ですが、曇っていると思っていたのに満月が照っていますfullmoon

これって警戒心の強いソイ狙いにはあまり好ましくないのですが

かといって他にどうしようもないので早速竿を出します。

最近はロック(ワーム)フィッシングが大流行りで、ブログなどで

みるとなかなか面白そうなのですが、私はもっぱらウキ釣りが

専門です。海面にプカプカ浮かんだウキの光が突然ふわっと

海中に消しこむあの瞬間がたまらないんですよね。



外防波堤の先端から始めましたがあまり反応がありません。

1時間ほどでソイとガヤが3匹、しかしサイズは判で押したように

22~25センチほど。いつもならリリースですがこの日は家族の

リクエストにより、20センチ以上はキープさせていただきます。

といってもこの時期、ここでそんなに小さいのはかえって珍しい

んですけれどもね。場所を移動して外海側をあちこち試しますが

さらに同じサイズを3匹追加にとどまります。うーむ、イマイチbearing

時刻も5時半を回ったのでこれが最後と先端に戻りました。

ここは正面に底根があるので過去にも何度となく30オーバーを

ゲットしているポイントなのです。ただし、外海側にはどこにでも

共通していえることですが、消波ブロックを渡るのに細心の注意

が必要で、ライフジャケットも欠かせません。万一に備えて生命

保険も忘れずに(笑)。





タナを思い切り深くとって20mほど先を流すと3,4回目にウキが

ふっと沈み込み、あわせると今までとは全然重みが違いますheart02

久々の手ごたえを楽しみながらようやく足元まで寄せてきたのを

抜き上げると夜目にも30オーバーは確実です。防波堤に戻って

メジャーを当てるとクロゾイ32センチ\(^o^)/。クーラーにキープ

するなり、1分後には車に向かって歩いていました。

Fish_2 後半戦のカレイの部はまた明日fish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月13日 (木)

いざ、出撃―!

ブログ更新も3日目となるとちょっと考えちゃいますthink

自己紹介は真冬のヒマなときになればいくらでもできるし、

せっかく先週とはうって変わって天気もいいし凪いでいる。

ということは―

突然ですが今晩出撃です!

しかし、釣りの準備が。釣具店の24H営業も終わったし、

深夜スーパーでサンマでも買ってきましょう(笑)。となると

ターゲットはソイ/カレイの2本立て、目的地は積丹へ。

さいわい塩イソメは先月の作り置きがあるので大丈夫。

というわけでいきなりあわただしくなってきましたが、

結果はいかに?と思ったら明日また見てくださいねscissors

しかし寒そうだなあぶるぶる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月12日 (水)

「やみい」とは?

さて。

ぼちぼちとはいったものの、何から始めたものやら。とりあえず―

「やみい」 札幌在住、釣り歴10数年。少年時代に琴似発寒川で

ウグイを釣ったのが初体験。その後父親について当時建設中の

石狩新港へ行きカレイを釣ったりしていましたが、平成になって

突然釣り熱が再燃し、現在に至っています。

北は増毛、南は島牧、東は日高までがテリトリーですが、一時は

年間100回に迫った釣行回数も最近はいい所30回ですね。

自営業のため、徹夜を覚悟すればいつでも釣りにいけるという

恵まれた環境ですが反面、休みがないという弱点もありまして

遠征/長期戦/船釣りはほとんどngです。

しかし「お手軽釣行」ばかりでは飽き足らないので最近はなるべく

色々なところに行くようにしています。釣果のほうは「?」ですが

過去の釣行記と併せておいおい紹介していきたいと思いますので

よろしくお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

はじまりはじまりー

みなさまこんにちは。

投げ釣りのブログやHPを行ったり来たりするうちに自分でもやってみたくなりました。

パソコンもそんなに得意ではないのですが、まずはぼちぼちといってみましょうcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2008年12月 »