« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月30日 (火)

今年最後の更新です

今日は買出しに行きましたが途中の景色はすっかり真冬でした。

2008_123012300001


















って、いったいどこまで買出しに行ったのやらcoldsweats01





さて、今年も残すところ30時間ほどclock。明日の準備はほぼ完了。

しかし、エサのカツオがまだコチンコチンです。先月買って冷凍庫に

入れておいたのですが、全然3枚におろせる状態ではありません。

まあ気長に待つとしましょうか。






予報では天気も波の状態もまずまずのようです。去年はかなり

雪だるまになってしまいましたが、今年はその心配もナシconfident

「待ってろ噴火湾ーっ!」



にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ 「グッドラック!」と思ったらポチッとお願いします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年12月29日 (月)

仕掛け作り

釣り納めを控えて仕掛けをチェックすると、イカゴロ仕掛けがあまり

残っていないので急遽仕掛け作りをしていました。

2008_1229device0001
















ラインはブルー・ピンク・黒と全て色つきですが、あまりよく

わかりませんね。ハリ以外はスナップ付きよりもどしとトンボピン

くらいしか金物を使いません。オモリは以前も紹介した自転車

チューブです。





2008_1229device0002


















さて、あとはエサを買ってくれば準備OKです!




にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「盛り上がってるなあ」と思ったらポチッとお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月28日 (日)

2008年―こんなものかな?

今年の釣行は不戦敗2回を含めて現在29回。




ざっとカウントするとカレイ140匹、カジカ10数匹、ソイ・ガヤが

50数匹、ホッケ・アブラコが共にひとケタ、コマイ1匹に火星人。

こうしてみるととても威張れたものではありませんねcoldsweats01





サイズのほうもお寒いかぎりで、カレイは30半ばがやっとでした。

苫西、古たん、大平川と3箇所で釣ったのはまあまあですけれど、

あとはカジカ43センチ、ソイ32センチ、コマイ43センチ・・・

まあ、人と競うわけではないので余り気にしてはいませんが、

2009年はもう少しサイズアップしたいものです。





しかし日記を見て気づきましたが、今年はアカハラがぜんぜん

釣れませんでした。自称アカハラ料理研究家のやみいとしては

ちょっと残念fish



にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ 「変わった奴!」と思ったらポチッとお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月27日 (土)

どこへ行こうか

ここ数日、とんでもない天気typhoonですねwobbly。雪かきに追われて

昨日は更新ができませんでした。冬は大方仕事がヒマになりますが

ほとんど唯一の例外が雪かきなので、今後とも大雪の日は更新が

お休みになるかもしれません、何のこっちゃ(笑)。






この週末も引き続き海は荒れ模様とあって、08年度の日本海は

どうやら終漁のようです。かくなる上は近年恒例、大晦日の年越し

釣行を残すのみとなりました。しかし、この時期(というか大晦日)

にはいつものことですが、相方がおりません―







○藤君は年末忙しそうだし、カジカマニアのN氏は寒いこの時期、

アウトドアなんぞおぞ気をふるっていますので、またもやさびしく

大荷物を担いでの単独釣行となります、やれやれ。







ということでとりあえずは「どこに行こうか」ですが、一応ここ2年

と同じ場所を予定しています。虻田の赤岩海岸ですが、何とか

天気だけは穏やかだといいのですけれどもねsun




にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ 「寒そう!」と思ったらポチッとお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木)

釣ったわけではないけれど・・・

2008_1224fish0008_2


















11/19の「不戦敗・・・」でこの魚にふれましたが、気がつくと

このときにも古たん漁港に行っていました、偶然とはいえ、

因縁めいたものを感じますね。



そう、メダイでございます(^o^)/~。一年ぶりのめぐり合い。

昨日の昼間、用事で小樽まで行ったのですが、そのついでに余市の

魚屋まで足を伸ばしました。そのあとで釣りに行こうという釣り人に

しては弱気な行動ですが(笑)







目当ての魚屋に着くと、所狭しと魚の箱が並んでいます。しまった、

写真をとるのを忘れていたcoldsweats01 。ソイ・ヒラメ・赤ガレイ・カジカetc

どれもそそられますが本日のお目当ては・・・一番隅にありました。

値段を聞いてびっくり、一匹400円sign02 うそーっsign03 40センチを

楽に越えてるのに、ソイやアブラコより断然安いsign03

これはもう、さっそくお買い上げです、ただし2匹だけ。







家へ着くと早速サバいてウロコをとり、3枚ならぬ5枚おろし―

中骨がごついので、3枚おろしだと中落ちが一番厚くなりそう

でした。皮を引いて夕食に刺身で食べたところ、たいへん好評

だったそうですscissors





やみいも仕事から帰ると早速刺身作り―

皮を引いた普通の刺身と、半分は皮を湯引きしてそのまま

刺身にしてみました。


2008_1225medai0001




















イマイチ色気がありませんがcoldsweats01 、脂がのってコクのある、

最高の味でした。もう少し薄造りにしたほうがよかったような

気もしますが、今晩もう一度こしらえてみます。





にほんブログ村 釣りブログ 釣魚料理へ 「食べてみたーい!」と思ったらポチッとお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

不完全燃焼―でもラッキー!

今朝は早起きして積丹にでも―と思っていましたが、いきなり急な

用事が入ってしまい、早起きはパス。方向は変わらないのですが

朝の釣りは中止です(>_<)。結局身体が自由になったのは昼近くで、

これからいったいどうしたものかと思いましたが、せっかくの準備を

無駄にするのもしゃくなのでちょっと近場へ―。




2008_1224fish0002



















しかし空模様はどうも怪しく、海もそこそこ荒れ模様。古たんまで

やってくると、やはりかなりのシケに近い状態です。











2008_1224fish0003


















防波堤先端の高台で竿を出したのは午後1時ですが、強風のため、

さっぱりアタリがわかりません。足元も真っ白です―







2008_1224fish0005





















それでも30分ほどたったでしょうか、アタリが来ました!








2008_1224fish0006




残念wobbly

















20センチちょっとのハゴトコさんでした、すぐにリリース。

このあとも何度かアタリはあるのですが、すべてスカされ、

おまけに連続根掛かりです。日が傾いて寒くもなってきたので

3時前には撤収しました。なんだかストレス解消どころか逆に

ストレスが溜まってしまいましたbearing









2008_1224fish0007



















内防波堤のチカ釣りの方々も手持ち無沙汰という感じでした。

なんともぱっとしない日でしたが、何がラッキー?答えはこれ。








2008_1224fish0008



















続きはまた明日、料理のあとで。


にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「おっ、これって」と思ったらポチッとお願いします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

チャンスはあと2回!?

今日は仕事も開店休業でした(>_<) のであれこれ片付け物を

していました。考えてみると今年もあと1週間、大掃除もしないと

いけないのですが、逆に考えると

まだ1週間ある!

ということで天気もやや上向きだし、ちょっと明日の朝にでも

出かけてこようと思います。久しぶりにカレイが釣れるといい

のですが、どうなりますことか。





にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月22日 (月)

「三太物語」

釣りに行けない日が続くと退屈ですsad

釣りの仕掛け作りや釣具の手入れもしていますが、釣りの本を

読んだりすることも多いですね。それも「北海道の○り」とかだと

ますます釣りに行きたくなって場合によっては逆効果なので、

あまり実際的でない本の方がいいかもしれません。







Photo001























だからといって、何じゃこれは。

昭和20年代に書かれた児童書で、いい年をした大人がいまさら

読むものじゃなかろう。という声も聞こえてまいりますが―







Photo002

























たまにボケーッとしたときに読むとなかなか笑えるものがあります。

ちなみにこれは5冊ほどシリーズで書かれており、そのうちの1冊

「三太の天幕旅行」というのがもう一度読みたいやみいですが、

こればかりは未だに見つけられません。

山育ちの三太が生まれて始めての海で数々の騒動を巻き起こす

お話しですが、当時の素朴だけれど楽しい釣りや暮らしの様子も

生き生き描かれていて大変面白い―と子ども心にも思いました。

どこかにないかなあ。







にほんブログ村 釣りブログへ 「気長に探そう」と思ったらポチッとお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

今年も残り10日・・・チャンスはあと?

天気が良くありませんね。先週のごとく、寒いだけなら炭火持参で

サバイバル釣行に出かける気にもなりますが、雪までふって来ると

なかなか―。お魚好きで濡れるのが嫌いなやみいは(内心前世は

catだったに違いないと思っています)出撃する気が起きません。






なんとか明後日あたりにはどこかへ出かけたいと思ってますが、

この天候ではちょっと遠出も億劫になってきました。こんなことで

どうする!と気合を入れては見ますがどうなりますことやら。

とりあえず、メンテの終わった釣具の整理を済ませて、いつでも

出撃可能な体制を整えます。それがすんだら―









「お願い、天気になって!」







にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ 「猫だったの?」と思ったらポチッとお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月20日 (土)

エコのすすめ―これってセコすぎ?

野暮用に追われてなかなか釣りにいけない今日この頃。

天気予報も週前半よりなんだか今ひとつで、やっぱり冬ですね。

買い物ついでにブック○フに寄ると、「北海道の○り」は全くなし。

ただ何の気なしに覗いたとなりの○フハウスでオモリがヤケッパチ

に安かったので買ってきました。





2008_1220lead0001





















ナスや三角、小田原が2個で60円。今年はいつになく仕掛け・

オモリの損失が多かったので久しぶりの購入です。

カレイ釣りだとあまりオモリはなくしませんが、根魚狙いの時は

話しが別です。やみいの場合は夏場のソイ狙いとちょうど今時の

カジカですが、意外とその場合でもオモリは減りません。

なぜかというとあまりオモリを使わないもので―





2008_1220eco0001






















これは一体なにかというとズバリ、自転車の古チューブを1センチ

程の幅に切ったものです。これを仕掛けの端に結んで適当な石を

拾ってきて入れます。もちろんフルキャストはできませんし、いくら

気をつけていてもたまに石が外れるので混雑しているところでは

使えませんが、岩場・ゴロタ場でのチョイ投げでは効果てきめん。

一晩釣りをしても根掛かりのロスは3~4回です。ただその辺に

石が落ちていないところでは前もって適当な石を調達する必要が

あります。一度、増毛の湯泊岬でこれをやってしまい、わざわざ

石を拾うために岸まで戻った事がありました(>_<)。






オモリだって決して安くはないし、何より海に鉛を残すというのに

抵抗があるのでもっぱらこれで通しています。チューブが1本で

一生使えそうです。リュックも少し軽くなりますよhappy01









にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ 「セコい!」と思われたかもしれませんが、

できればポチッとお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月19日 (金)

危ない釣り―寒中水泳のすすめではありません

意外なことに今年初めてウェーダーを買いました。やはりこれが

あるとないとでは釣り場選択の幅に大きな違いがありますね。

また、今まではおっかなびっくりだった竜神岬や大平川なども

ずいぶん気楽に入れるようになりました。しかし、やみいの場合、

お約束ですが(汗)そうそういつもうまくはまいりません。







2008_120412040013






















先日大平川の帰りに撮影しましたが、ご存知の方も多いでしょう、

尻別川の河口、尻別岬です。新規の釣り場開拓のため、今年の

6月に行ってみました。写真の左端のほうから先端を目指したの

ですが、見てのとおり途中に溝があります。溝というか深場です。

それをよく理解していないやみいは三脚で水深を確かめながら

前進しましたが、いつしか気がつくと水は腰を超えんばかりに

なっていますsweat01 いかん、このままでは水没してしまうcoldsweats02







一旦退却しましたが、さらに戻ったところにそれまで気にも止めて

いなかった切り株があります。これが実は目印だったんですね。

これを迂回すると長靴でもかんたんに先端に達することができ、

さっきまでの苦労は何だったんだという感じでした。







Photo001























ライフジャケットは当然着用していましたが、それにしても(>_<)。

最初が黄色のルート、正解が赤いルートです。わずか数十mの

差がバカにできないという見本ですね。え、釣果?言わぬが花。






にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「いっぺん泳げ!」と思ったらポチッとお願いします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

お宝? 燃えるゴミ?

ちょっと気恥ずかしいのですが―




2008_1218book0003





















やみいのささやかなお宝本ですdollar。たぶん昭和50年頃の発行

ではないかと思いますが、なにせ古いものでよくわかりません。

続巻の方は昔から家にあったのですが、1冊目は今年になって

ようやくオークションで見つけました。稀少だとは思うのですが、

次から次と新しくて性能のいい釣具が出てくる今日この頃では

さして珍重されていないのか、値段は定価(900円)とあまり

変わりませんでした。







本州発行の上、ここまで古いと実用書としてはもはやほとんど

物の役にはたちませんが、雷電海岸におけるカジカ釣りの写真

など見るとなんともレトロで郷愁を誘われるものがあります。

巻末にはカタログの一部も載っていますが、投げ竿のスペック

などを見ると隔世の感があります。4.5メートルの並継ぎが

最高で1キロを超えるなんて考えられません。昔の人は今にも

ましてたくましかったんですね。







たまにこんな本を見ると釣果は二の次でのんびり釣りをしよう

という悟ったような境地になれないのが悔しいところですがdespair





にほんブログ村 釣りブログへ 「そんなもんでしょ」と思ったらポチッとお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

天気と体調は反比例

うーむ。

せっかく暖かくなったのに今日は体調がイマイチです(>_<)。

きっと寝起きに飲んだ野菜ジュースがいけなかったのか?

そういえば前にもそんな事があったような―風邪引き予防に

ビタミンを摂ろうという野菜ジュースなのに、それでおなかの

調子が悪くなるのでは本末転倒ですwobbly








それはさておき、気がつくと月曜の釣りの後始末を忘れていました。

きちんとメンテをしてやらないと、次回の釣りに支障が・・・。

考えてみると今日明日などは12月とは思えない暖かさ、釣りに行く

には絶好なんですけどね。しかし、そうそう釣りにばかり行っている

訳にも参りません。あと10日もすれば、黙っていてもヒマになるの

ですがそれまではもうひとふんばりしないと。








で、唐突ですが今度の飛び石連休にはたぶん今年最後の日本海

へ出撃を目論んでいます。なんとか天気になるといいですね。





にほんブログ村 釣りブログへ 「で、何がいいたかったの?」と思ったらポチッと

お願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火)

過去の釣り―火星人あれこれ

昨日の火星人へのコメントの数々、ありがとうございましたwink

なかなか狙えるものでもないし、家庭でも喜ばれるとあってポイント

高いんですね。ということで今日は過去のお話しをひとつ。







春の忍路。つい先日、レンタルの手漕ぎボートでのカレイ釣りに

ちょっと触れましたが、海が凪いでいれば大半の船は湾より外に

漕いでいきます。カレイ狙いでは正解ですが、あえて湾内に錨を

おろすと風が当たらず、のんびりまったりとした釣りができます。

手の平カレイがほとんどですが、たまに良型のクロガシラなども

釣れますし、何よりかなりの確率で火星人が出現します。

ただ問題は取り込みで、タモかギャフでも用意していないと身切れ

したり、船べりに吸い付かれて悔しい思いをします。かなり前に

やみいの竿に1メートルほどの大物が掛かりましたが、この時は

一緒だった父がタオルを使ってたくみに捕獲しました、お見事!






Photo003




















しかしいつもこうはうまくいきません。5年程前に友人と二人で

釣りをしたとき、彼が船に弱いので湾内で竿を出しましたが、

ものすごい重さを感じ、てっきりアンカーロープに引っ掛けたかと

思いましたが違います。まるで莚でも引っ張っている感じですが

リールなんか全然巻けませんsweat01 かろうじて竿をあおると少し

ずつ上がってきます。10秒くらいポンピングしては糸を巻き取り

またポンピングの繰り返し。このあたりで友人も何が釣れたかと

かたずをのんでいます。








せいぜい深さは20メートルあるかないかで普通なら2、3分なのに

いったい何分かかったでしょうか―

ついに見えてきたのは化け物じみた超巨大火星人です。水面に

現れると畳2枚分くらいもあり、これを見た瞬間にとても捕獲は

無理だとあきらめましたが、それでもなんとか二人で引っ張ります。

船も大きく傾き、本気で転覆を心配しましたが数分間の激闘の末、

奴は仕掛けを振り切り、ゆうゆうと海底に帰っていきました。

ハリスが切れたかと思いましたが、見るとカレイ針が「くの字」に

伸びていますcoldsweats02。しばらく二人で茫然自失としていましたがあんな

化け物に半端なタモでは太刀打ちできないし、仮に捕獲しても

船上で逆に襲われそうなので良しとしましょう、ふう。









と、これではさっぱり締まらないので確かその前の年のことです。

同じ友人とさらにもう一人で余市漁港にカレイ釣りに行きました。

ずいぶん早くに出発したため、まだ真っ暗です。カレイにはまだ

早いのでそれぞれルアーロッドなど持ち出してブラーやワームで

小ゾイ狙いなどしておりました。と、ブラーにサンマをつけていた

やみいの竿が根掛かり―と思いましたが、重いながらもなんとか

上がってきます。まだ暗い中、キャップライトに照らされた水面に

上がってきたのはお約束の宇宙人。しかしあっという間に逃走です。

その後も同じことの繰り返しですがルアーロッドに2号のラインでは

上がる訳がありません。だんだん意地になってきたやみいはここで

作戦変更しました。一番ゴツいタックルになぜか持っていたカジカ

仕掛けをつけ、サンマの半身をつけて同じ場所にボチャン。





Photo002























数時間後、カレイ釣りを終えてその竿のところへ。様子を見ると

確かについています。今度は強引に巻き上げましたがやっぱり

上がりません。思っていた以上に大きいので結局友人が近くの

釣り人にタモを借り、3人がかりで引き上げました。後で計ると

6キロあり、めでたく山分けしましたscissors








春先によく火星人専門の釣り人が防波堤を徘徊していますが、

やみいはあれで釣れたのを見たことが未だかつてありません。

皆様はいかがでしょうか?




にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ ある方もない方もできればポチッとお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

シバれる日高に火星人襲来!

「うーさぶい。」車を降りての第一声。

何せ途中、千歳では気温表示がマイナス11度です。よっぽど

引き返してしまおうかと思いましたが、いや待て、海辺へ行けば

こんな山の中よりは寒くないかも―と思いましたが、そんなに甘くは

ありません。第1目的地の厚賀に着いたときにはみごとな星空で

放射冷却現象の一歩手前(>_<)。先月の「疲れた釣り」でふれた

厚別川左岸を予定していたのですが、駐車場のあたりが工事中

の様子です。周辺の賀張、清畠などを回りましたが結局、2時を

過ぎて一番風の当たらない大狩部の駅下に決定。ちょっと波が

無さ過ぎという気もしましたが・・・。







早速コマセネット仕掛けでチョイ投げし、シンプル2本バリ仕掛け

は遠投―と思ったらあまりの寒さのせいか、投げた瞬間に道糸が

プッツン。幸先悪すぎですsweat02。そこで急遽そちらもネット仕掛けに

切り替えます。しばらくの間、時々アタリは来ますがコマセをつつく

ばかりでさっぱりfishの顔が見られません。








それでも3時を回った頃にようやくグイグイとアタリがあり、勇んで

リールを巻くと手ごたえはいいのですが満月の下に見えたのは。

「げ、細い!」なんとアカハラかと思いましたが何だか違います。

無事に抜き上げてみると―









2008_1215fishing0001



久々の

オオマイ

43センチ

happy01














ボーズは逃れましたがあくまで今日はカジカ狙いです。もう1本の

竿もエサを交換しようと巻き上げると「?」やったらと重い

ウンウンいいながらわずか2,30メートルを巻き上げてくると

ポッカリ海面に浮かび上がったのは思った通り、特大火星人。

しかし次の瞬間、6号の道糸をいともあっさりとひきちぎって

逃走していきました、残念weep。といってもクレーン釣りのここでは

一人での火星人捕獲はまず無理なので、仕方がないですね。






それにしてもさっぱりカジカの気配がしないので4時を過ぎて

場所を移動することにしました。車に戻って引き返すこと30分、

久々にフィハップのキャンプ場へやってきました。ここは車で

護岸の上までいけるのと、12月とあって砂地のほうがいいかも

しれないという選択でしたが、まずはゴロ仕掛けに変えて竿を

2本出すと炭火おこしにかかります。



2008_1215fishing0005





















これは夜が明けてから撮りましたが、消波ブロックが入れられて

釣りのできる範囲が狭くなってしまいましたgawk。それはともかく、

5時頃にエサを点検しようとするとまたしても、ついさっきと同じ

ような重~い手ごたえが。







ただし今度は釣座も低く、重さも先ほどではなかったので

あんがいあっさり寄ってきました。そして―





2008_1215fishing0002 体長約50センチ。

クリックしたら大きくなります。

めでたしめでたし(笑)。







しかし。あくまで今日の目的はカジカなのです。にもかかわらず

ここではアタリのひとつもなく、ついぞ本命には会えないままに

午前7時に撤退を決定しました。もう少し気温が高ければ・・・

気がつくとリールシートにも海水が凍りついてましたbearing





にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「霜焼けした?」と思ったらポチッとお願いします。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

カジカを求めていざ出撃!

この週末は最近としてはまずまずの天気に恵まれましたが皆様は

釣りにいかれましたか?



やみいはこれから出かけようかな~と考えています。考えてみると

最近カジカをあまり釣っていないので、鍋が食べたい!というのが

何よりの動機ですが・・・しかし、さすがにこの時期の夜釣りは

寒さtyphoonとの戦いなので出勤途中に○ーマックによって炭を購入。








問題はどこへ行くかですね。なにせこの時期カジカ狙いの人は

少なくなるのでどこにでも入れますが肝心のカジカが不在では

どうにもなりません。とりあえずは2,3箇所で釣り歩く事になるか

と思いますがまずは行ってきま~すhappy01




にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「釣れるの?」と思ったらポチッとお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月12日 (金)

1ヶ月がたちました(^o^)

いよいよ本格的に雪が降ってきましたが、さすがにもう根雪ですね。

それでもこの週末は最近になく釣り日和になりそうで、各地からの

戦果情報が楽しみですcatface。やみいはここしばらくサボっていた釣り

日記とスクラップブックの整理―





2008_1212book0003





















これだけ見たら「なんじゃこれは」ですねcoldsweats01。かれこれ10年も

使うとすっかりボロボロです。



2008_1212book0004




















2008_1212book0005






















○り新聞の切り抜きや書き込みしたガイドマップのコピーなどが

これでもかと貼り付けてありますが、長年のダメージはいかんとも

しがたく、うっかり手荒に扱うとバラバラになりそうです。こんなに

なってしまうともう少しちゃんとしたスクラップブックに替えようかと

思うのですが、具体的にどうしようと考えてダラダラするのがここ

数年のオフシーズンです。そろそろもう少し、いばって人に見せ

られるようにしたいと思っている今日この頃。

突然ですがちょうど1ヶ月を迎えて明日の更新はお休みします。







にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ 「お疲れさん!」と思ったらポチッとお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年12月11日 (木)

とほほな話

皆さんは「北海道の○り」とか「○り新聞」ってどれくらいの割で

読まれているでしょうか?一般の新聞やスポーツ紙の木曜版にも

そこそこの情報は載りますが、やはり重要なのは最初の2つです

よね(まあ、釣り人のジャンルによっては「North Angler」なども

ありでしょうけれど、やみいは投げ釣り派なのでここではパス)。









誠に申し訳ないのですがやみいは最近、全くと言っていいほど

○り新聞を買いませんsweat02。なぜなら、ここで紹介されてしまうと

釣り場が込むんですよね。週末に釣りに行かないやみいにして

そうですから、週末にしか釣りにいけない方々ならなおのこと、

推して知るべしです。そのためタイムリーな情報源としては全く

活用しませんが、ポイントへのアクセス方法や単なる読み物と

してはそこそこ役立てています。よってやみいはたまに寄った

ブックオフなどで「北海道の○り」を買うくらいなのです。










かえって空撮釣り場ガイドのほうが写真付きで分かりやすい分、

お世話になっています。寝る前にパラパラめくっているうちに、

遠くてなかなかいけそうもない場所に限って「大物が釣れそう」

とか、いつしか妄想の世界に入り込んでしまいます―






Photo001

























駆け出しの頃にそれでひどい目に会ったことがあります。

20年近くも前の釣り場ガイドを頼りにする方が悪いのですが

そこは初心者の悲しさ、古い地図を頼りにプランをたてたら

いざ釣り場に着くと全然地図と違います。行く先々で予定して

いたポイントに入れず(というか、もはやポイントが存在して

いなかった)、せっかく三石くんだりまで遠征してカジカ1匹に

終わりました。今思い出してもおめでたい話しですdespair







にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「おめでたい奴!」と思わずポチッとお願いします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

チカ・・・釣りした気分がしません

Scene























今日の昼間は家の用事で父を乗せて小樽まで行ってきましたrvcar

本当なら暖かいうちに朝マズメのカレイ狙いなどしたい所ですが、

用事があるとなればそちらが優先です。で―







用事の方は小一時間ほどであっさり片付き、まだお昼過ぎです。

せっかく小樽まで来たからにはチカでも釣っていくかということで

意見が一致。途中でサビキとアミエビを買って色内埠頭にやって

きました。天気がいいせいもあってか、なかなかの盛況です。

平日だというのに4、50人はいたでしょうか。早速あいた所で

竿をだしました。魚が一杯泳いでいるのは見えるのですが、

エサはつつかれどさっぱりハリ掛かりしません(>_<)。あまりに

久しぶりでコツを忘れてしまったのかも―







それでもそのうちポツポツ釣れはじめましたが今度は途中で

針から外れてボチャン。だんだんストレスがたまります(笑)。

チカ釣りってこんなに難しかったかなあと思いつつもようやく

バケツにキープ。チカサバが交互に釣れますがサイズは

どちらも10センチくらいがほとんどで、釣った気がしません。

しかもなんだかんだいって風が出てくると寒さが身にしみます。

おまけに一時間半ほどで船の接岸のため場所を明渡すように

というアナウンスが流れ、一同即座に撤収です。





Fish
























結局お持ち帰りは二人合わせて20匹少々。今ごろは父の酒の肴に

なっていることでしょうbottle。やっぱり小物釣りは体を動かさないので

寒くなるとあずましくないですね。




にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ 「お、北海道弁!」と思ったらポチッとお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

アクセス2000、いつの間に・・・

つたないブログではありますが、日増しに訪れるお客様も増えて

気がつけばあっというまにアクセス2000を突破してましたconfident

やっぱり大平川のおかげかな?というよりは追加したリンクの

効果でしょうね、きっとm(_ _)m。









なかなか他人と一緒に釣りにいけないやみいとしては、こうして

横のつながりが広がるのは大歓迎なので、今後ともお気軽に

コメントをいただけると嬉しいです。







Goro_2


























突然ですが、我が家の愛猫「ゴロ」久々の登場!

ゴロゴロしまくりでメタボ街道まっしぐら(笑)。

なんだかこれを見ていると、寒い中釣りに行く気も失せそうです。

明日あたりはチャンスかもとひそかに思っているのですが。





にほんブログ村 釣りブログへ 「今度はどこ?」と思ったらポチッとお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

弘法は竿を選ばず?

昨日は昼間ヒマがあったので競馬を見ていたらメインレースに

カレイジャスミンという馬がでており、大平川の後とあってつい

買ってしまいました。そしたらビックリしたことに3着にやってきて

当たってしまいましたhorse。当たったといってもせいぜい次回の

エサ代位でしたがhappy01、もっとも持ち主はそんなつもりで名前を

つけたわけではないでしょうね。







釣りを始めた頃は竿を2本、リールも2つくらいしか持っていません

でしたが、遠投に興味を持ちはじめたあたりから急激にその数が

増えました。なにしろ春のカレイ、夏のソイ、秋のカジカというのが

メインの釣りですが、この3つって全然道具が違いますthink







春のカレイはとにかく遠投しないとならないので竿もいきおい高価、

リールはドラグ無しの浅溝仕様にしてなるべくラインも細くしないと

なりません。

これがソイになるとウキ釣りが主なのではじめの頃こそ安い投竿

を使っていましたが、やはり使いやすさを追求した結果、今では

磯竿とフロートラインを使用しています。

カジカはというと、コマセネットやイカゴロが欠かせないので、その

仕掛けをキャストするためには何より硬い竿、ただし折れたり破損

しやすいのでカレイ用ほど高価な竿は使えませんcoldsweats01

しかもリールはなるべくドラグ付きで太いラインを巻いて―となると

見事に三者三様です。








そんなこんなで気がつくと竿もリールもやたらと数が増え、ロッド

ケースが3つあっても足りません(>_<)。しかも夜はカジカ狙い、

朝からはカレイ狙いなんてことになると荷物だってえらい事に

なります。メンテナンスやラインの交換も大変―








やみいは経験がありませんが、釣り会などでは使用する竿の数も

制限したりするそうで、そうしたところでは皆さんどんな具合に

されているのか一度勉強してみたいと思います。しかしなかなか

機会に恵まれず今に至っていますが、来年こそは―無理かな?






にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「まだまだじゃのう、おぬし」と思ったらポチッと

お願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

危ない釣り―決して真似をしてはいけません

Suibokuga













水墨画ではありません。これを見てどこだか分かる方はいない―

というか、正直やみいにもよくわかりません。というのは冗談ですが

忍路の竜ヶ崎を崖の上から見下ろしているところです。






竜ヶ崎というと春に船渡しで行かれる方が多いと思います。また、

手漕ぎのボートも貸してくれますが、他人を気にせずのんびりと

釣りができるので原則として船には乗らないやみいもここだけは

春になると何回か訪れます。







ある年の3月、突発的に釣りに行きたくなりました。まだまだ雪は

ありますが、はしりのカレイ情報もそろそろ聞こえてきますし―

よし、竜ヶ崎に行こう!

と、怖いもの知らずのやみいは思い立ったら吉日です。さっそく

出かける事にしました。ただし、それまで船渡しでこそ行った事は

ありましたが山越えはしたことがありません。今思うと怖いものと

いうより命知らずもいいところです。







忍路の漁港に車を止め、横の坂道をテクテク登っていきます。

3月末とあって雪はカチカチですが、釣り人とおぼしい足跡があり

迷う事はありません。15分ほどで首尾よく降り口と思われる所に

たどりつきましたが―

sign03

行ったことのある方ならおわかりでしょうが、半端な高さじゃない

ですよね。あまり高所恐怖症の気はないはずのやみいですが、

さすがにこの時ばかりはビビリましたshock






Photo005




















後日判明しましたがほぼ高さ50メートルの崖です。うそーっ、

こんなところを降りていくとは信じられない!普通ならここで命の

危険を感じて退却しそうなものですが、「命知らず」と化している

やみいは無謀にも雪に覆われた崖に挑みました。しかし誤算が

ひとつ―確かここにはロープが張られており、それを命綱として

登り降りするはずなのですが、この年は特に雪が多かったことも

あり、そのロープが完全に雪に覆い隠されていたのですbearing









その結果、命知らずの無謀者は崖の途中であえなく立ち往生して

しまいました。降りれば降りるほど急になっていく斜面はカチカチに

凍り付いてすべります。ほんの10メートルほどで進退窮まって

しまいました。と、その時です。

「大丈夫かーい」という声がして、見上げると崖の上には人が。

ここに至ってさすがにとても大丈夫でないのを自覚したやみいは

ほうほうの体で崖の上に戻りました。

「ここは今時はロープがないと無理だよ、昼くらいまでならこれを

使ってもいいけど」とロープを立ち木に巻きつけるとあっというまに

その釣り人は崖をするすると下りていき、やみいもズルズルと

その後に続かせていただきます(本当にありがとうございました)。










釣果の方はカレイとホッケが2匹ずつとぱっとしませんでしたが、

そのあとにも別な釣り人がひとり、青いロープを引っ張って崖から

降りてきました。やみいの救い主は「あの青いロープを使わせて

もらえば帰れるね」と一足先に早々と引き上げてしまいました。

やみいもほどなく、帰る事にしてあたりを見ましたが青ロープの

釣り人の姿が見えません。どうやらかなり奥のほうに行っている

ようなのでここはこっそりロープを使わせてもらおうと思ったら、

今日2度目の

sign03

青いロープと見えていたのはスズランテープ、荷造りに使うあれ

だったのです。確かに丈夫かもしれませんが、ところどころ岩も

露出している斜面を見てはとてもこれに体重を預ける気には

なれません。どうしよう―coldsweats02










結局やみいは竿袋、リュックを背負ったままロープなしで恐怖の

断崖絶壁を無理やりよじのぼりました、まさに命がけですsweat01

これ以来、さすがのやみいも初めての場所に行くときにはかなり

慎重になったのは言うまでもありません。その週のうちに50mの

ナイロンロープも購入しました(笑)。それにしても未だに消えない

疑問なのですが、あのスズランテープで崖の登り降りなんかして

おっかなくないのでしょうか?






にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ 「真似するわけない!」と思ったらポチッとお願い

します。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

ちょっとここらで一休み(後片付けに忙しい)

先週木曜の更新で「ガソリン116円」と書きましたが、おととい

同じスタンドの前を通ると107円!すごい値下がりですね。

まあ我々庶民にとってはありがたいことです。もっともこのままの

調子で安くなるとは限りませんがとりあえずはよしとして。








昨日今日と釣りの後始末です。使った仕掛けとスプールは塩抜きして

竿もきれいに拭きあげ、何より濡れた長靴とウェーダーの乾燥です。

それにしても、2ヶ月連続で長靴を浸水させるとは我ながら情けない

かぎりで、学習能力を喪失していますbearing、反省。








まあそれはそれとして、週明けには次の出撃を計画です。例年だと

1月2月は冬眠するのでチャンスはいよいよ数えるほどです。

さしあたっての選択肢としては

①日本海でカレイ狙い

②日高でカジカ狙い

③再びソイのウキ釣り

くらいですが、問題は天気と体力ですかね。とりあえず明日は

趣向を変えて、過去の失敗談をお送りします。




にほんブログ村 釣りブログへ 「いつも失敗してるくせに!」と思わずにポチッと

お願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年12月 5日 (金)

一夜明けて・・・島牧釣行記

昨日はさすがに帰宅したらお風呂に入ってバタンキュー。

今日になって昨日の更新分を見ると寝不足でハイになっていたのも

あり、ちょっと補足を―






2008_120412040014





















まず、最後の持ち帰りの写真ですが、真ん中と右下のカレイには

クロガシラにしては鰭にシマシマがありません。身の厚さだけなら

他のクロガシラと変わらなかったのですが、ちなみに最初に釣れた

のは右下だと思います。アサバカレイかマコガレイではないかと

いう意見をいただきましたが、いかが思われるかコメントをお寄せ

いただけると幸いです。







それから大平川について、一応説明しておきたいと思います。

ポイントの概略は毎年春になると釣り新などに詳しく掲載されるので

省略しますが、これから始めて行くという方がいらっしゃいましたら―






その1 ライフジャケットとウェーダー、脚立は必携です。あちこちに

溝やエンカマがありますし、途中川を漕ぎ渡るので。やみいは過去

3回、水没まではいきませんがここで濡れています(笑)。それから

脚立ですが―






2008_120412040008






















先端の岩場に脚立を渡したところです。手ぶらなら飛び渡ることも

可能ですが、投げ釣りの装備を抱えては無理でしょう。もちろん

他のポイントなら脚立は不要ですが、「備えあれば憂いナシ」です。

そしてさらに、できれば経験者(でなくとも誰か)と一緒が無難で、

一人だと昨日のやみいのようにひとつずつ荷物を持って脚立を

四つん這いで渡るという世にも情けない光景が展開されます(爆)







と、説明はこのくらいにして昨日の釣りですが、エサと仕掛けに

関して振り返ると食わせエサは当然塩イソメでしたが、2本バリの

胴付仕掛けとネット仕掛け(市販のゴロアミ使用)では2匹ずつと

互角、サンマ+イカゴロは全く見向きもされませんでした(>_<)。

まあ昨日はホッケ以外、根魚が全く釣れなかったのでこの結果は

仕方ないでしょう。





この週末、またしても天気は下り坂ですが、まずは釣り具のメンテ

を万全にして、次週の出撃に備えたいと思います。目的地は

はたして太平洋、それとも日本海?



にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ 「噴火湾!」と思わなくてもポチッとお願いします。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

本日は晴天なり―島牧釣行記

ガシャン!路面の凸凹のたびにやみいの車は騒がしい。

決してポンコツなわけではありません。騒音のもとは後部座席に

積まれたアルミ脚立。なんでそんなものが積まれているかというと

島牧ということでピンときた方も多いのではないでしょうか。そう、

この日目指したのは大平川の河口でした。毎年春に来ては結構

大物や大漁に恵まれているのでこの時期、めったにないベタナギ

とあってはここしかない!と自信の1点張りです。








2008_120412040010




















さて、現地に着いたのは午前5時。まだあたりは真っ暗ですが、

ここならあわよくばソイも期待できるとあって、早速釣り場へ突撃

です。リュックと竿袋を背負い、脚立は肩に、手にはクーラー、

更にあいた手には水深を確かめる杖代わりの三脚と、なんだか

まるでスズメに大きなつづらをもらったおじいさんのようですwobbly

そしてこの大荷物が仇となり、またしてもやってしまいました―

「ガポン」そう、ちょっとバランスを崩したと思ったら、またしても

長靴に浸水!crying。時期が時期だけに川の水量が少ないかと

思いましたが大甘です。さすがに氷点下の気温では開き直る

訳にも行かず、車に戻ってウェーダーを着用しました。









そんなこんなでお目当ての先端の岩場に到達した時は6時を

とっくにまわっていました。早速イソメ2本バリ、ゴロアミネット、

サンマ+イカゴロと竿3本を出します。出すには出しましたが―








2008_120412040006_2





















うんともすんともいいません(>_<)。隣の岩場では海アメ狙い

のルアーマンが竿を振り、気がつくとあっちにもこっちにも―









2008_120412040002




















2008_120412040009




















投げ釣りをしているのはやみい一人です、なんか肩身が狭いcoldsweats02

その上1時間ほど音なしの状態が続き、手足が冷たくなりまくり。

軍手も濡らした上に予備がないという、もう最悪です。しかし、

7時半頃、ガランという音とともに竿尻が15センチほど動き、

びっくりしてリールを巻くと手ごたえズッシリ―










2008_120412040003





















待望のクロガシラ様、30オーバーです。やっぱりいました!

30分後、さらに同じサイズを追加、さらに1時間後・・・









2008_120412040005





















どれがどれだかわからなくなってきました(笑)。とにかく11時の

納竿までの戦果はクロガシラ36,35,35,32,31センチと

ローソクボッケ1匹、チビクロ(リリース)という、良型ラッシュと

なりました。おかげで嬉しい筋肉痛ですhappy02。「今年最後」と言って

ましたが、なんだかもう1回行きたくなったりして―











2008_120412040014



















にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「お前はもう行かんでいい!」などと思わずに

ポチッとお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月 3日 (水)

波は1m、降水確率0%

さて、いよいよ今晩は今年最後の日本海遠征rvcar dash

出勤途中にエサと小物も調達完了good

仕事も12時には終了予定clock

あとは出撃あるのみhappy01







しかしおとといもふれたように、同行者がいない。頼みの○藤君は

風邪こそ快方に向かっているものの、仕事の山に生き埋め状態。

こうなりゃ一人で二人分釣ってやる!暗いうちは途中の

雷電あたりでゴロとコマセを撒き散らしてカジカを狙い、夜明けと

ともに竿4本にダブル三脚でジュウタン爆撃―っ。







と、一時は考えましたが。

ただでさえ徹夜確定なのにそんな強行軍では身がもちません。

ここはごく普通に余裕を持って出発し、竿もいつもどおり3本で、

変に気張らず行ってみましょう、ボチボチと。ただし、あわよくば

ソイとかホッケのオマケは考えられるのでゴロアミとイカゴロは

少々用意しました(笑)。吉と出るか凶と出るか、明日の更新を

お楽しみに―。




にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「で、結局どこへ?」と思ったらポチッとお願い

します。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

転ばぬ先のライフジャケット

相も変わらず皆勤賞で更新を続けるやみいですが、なんだか中には

結構妙な記事もありますねcoldsweats01。まあ釣りにいけないときの暇つぶしと

思って読み飛ばしてください。







で、今週の釣りですが、天気予報を検討した結果、明日の晩遅くに

出撃する事に決定、ただし目的地は日本海としか決めていません。

防波堤には極力入りたくないので、そうなるとやらなきゃならない

準備が―





Life1























先日気づいたライジャケの破損です。こんなになる前に何とか

しろって感じですね。愛着があって捨てるには忍びないので

久しぶりに針と糸を拝借してチクチク―






Life2














素人仕事で恥ずかしいので小さくしておきます
(爆)

これで安全対策も万全、あとは仕掛けとエサの用意ですね。

仕事がたまっているので今日はこの辺で。






にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ 「何の仕事?」と思ったらポチッとお願いします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

孤独なやみいと謎の物体

今週こそは大クロ目指して島牧へと盛り上がっているやみいですが

そこへ残念なメールが―

いつも遠征を共にしている○藤君が風邪のため出撃不能だそうで、

ということは又しても単独釣行?寂しいですなあcrying、どうしよう。

とりあえず天気予報と相談しながら考えます。

詳しくはまた明日報告します。と、これだけではあんまりなので―










さて、これはなんでしょう。大きさはニワトリのタマゴを一回り

小さくしたくらいで重さは30グラムちょっと。


2008_1130soap0001





















答えは「スチール石鹸」です。「水にぬらして手を擦り合わせると

魚の生臭さが取れます」というコピーにつられて例によって

変わったものの好きなやみいがまたしても買ってしまいました。

釣りのあとにもってこいと思ったのですが、いまだに未使用です。

なぜかというと、水といっても海の水では意味がないような気が

するからで、やはり真水でないとと思っても、釣り場に手洗い用

の水なんて持っていかないもので・・・。せめて500mlのボトル

でも飲み水兼用で持っていけばいいのですけれどねcoldsweats01






いつかいつかと思っているうちにだんだん寒くて手なんか洗いたく

ない季節になってしまいましたbearing。こうしてスチール石鹸は今日も

やみいの車の灰皿を安住の地としています。ほんとに役に立つ

のでしょうか?

にほんブログ村 釣りブログへ 「意味なーい!」と思わずポチッとお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »