« シバれる日高に火星人襲来! | トップページ | 天気と体調は反比例 »

2008年12月16日 (火)

過去の釣り―火星人あれこれ

昨日の火星人へのコメントの数々、ありがとうございましたwink

なかなか狙えるものでもないし、家庭でも喜ばれるとあってポイント

高いんですね。ということで今日は過去のお話しをひとつ。







春の忍路。つい先日、レンタルの手漕ぎボートでのカレイ釣りに

ちょっと触れましたが、海が凪いでいれば大半の船は湾より外に

漕いでいきます。カレイ狙いでは正解ですが、あえて湾内に錨を

おろすと風が当たらず、のんびりまったりとした釣りができます。

手の平カレイがほとんどですが、たまに良型のクロガシラなども

釣れますし、何よりかなりの確率で火星人が出現します。

ただ問題は取り込みで、タモかギャフでも用意していないと身切れ

したり、船べりに吸い付かれて悔しい思いをします。かなり前に

やみいの竿に1メートルほどの大物が掛かりましたが、この時は

一緒だった父がタオルを使ってたくみに捕獲しました、お見事!






Photo003




















しかしいつもこうはうまくいきません。5年程前に友人と二人で

釣りをしたとき、彼が船に弱いので湾内で竿を出しましたが、

ものすごい重さを感じ、てっきりアンカーロープに引っ掛けたかと

思いましたが違います。まるで莚でも引っ張っている感じですが

リールなんか全然巻けませんsweat01 かろうじて竿をあおると少し

ずつ上がってきます。10秒くらいポンピングしては糸を巻き取り

またポンピングの繰り返し。このあたりで友人も何が釣れたかと

かたずをのんでいます。








せいぜい深さは20メートルあるかないかで普通なら2、3分なのに

いったい何分かかったでしょうか―

ついに見えてきたのは化け物じみた超巨大火星人です。水面に

現れると畳2枚分くらいもあり、これを見た瞬間にとても捕獲は

無理だとあきらめましたが、それでもなんとか二人で引っ張ります。

船も大きく傾き、本気で転覆を心配しましたが数分間の激闘の末、

奴は仕掛けを振り切り、ゆうゆうと海底に帰っていきました。

ハリスが切れたかと思いましたが、見るとカレイ針が「くの字」に

伸びていますcoldsweats02。しばらく二人で茫然自失としていましたがあんな

化け物に半端なタモでは太刀打ちできないし、仮に捕獲しても

船上で逆に襲われそうなので良しとしましょう、ふう。









と、これではさっぱり締まらないので確かその前の年のことです。

同じ友人とさらにもう一人で余市漁港にカレイ釣りに行きました。

ずいぶん早くに出発したため、まだ真っ暗です。カレイにはまだ

早いのでそれぞれルアーロッドなど持ち出してブラーやワームで

小ゾイ狙いなどしておりました。と、ブラーにサンマをつけていた

やみいの竿が根掛かり―と思いましたが、重いながらもなんとか

上がってきます。まだ暗い中、キャップライトに照らされた水面に

上がってきたのはお約束の宇宙人。しかしあっという間に逃走です。

その後も同じことの繰り返しですがルアーロッドに2号のラインでは

上がる訳がありません。だんだん意地になってきたやみいはここで

作戦変更しました。一番ゴツいタックルになぜか持っていたカジカ

仕掛けをつけ、サンマの半身をつけて同じ場所にボチャン。





Photo002























数時間後、カレイ釣りを終えてその竿のところへ。様子を見ると

確かについています。今度は強引に巻き上げましたがやっぱり

上がりません。思っていた以上に大きいので結局友人が近くの

釣り人にタモを借り、3人がかりで引き上げました。後で計ると

6キロあり、めでたく山分けしましたscissors








春先によく火星人専門の釣り人が防波堤を徘徊していますが、

やみいはあれで釣れたのを見たことが未だかつてありません。

皆様はいかがでしょうか?




にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ ある方もない方もできればポチッとお願いします。

|

« シバれる日高に火星人襲来! | トップページ | 天気と体調は反比例 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527971/43439169

この記事へのトラックバック一覧です: 過去の釣り―火星人あれこれ:

« シバれる日高に火星人襲来! | トップページ | 天気と体調は反比例 »