« カジカを求めていざ出撃! | トップページ | 過去の釣り―火星人あれこれ »

2008年12月15日 (月)

シバれる日高に火星人襲来!

「うーさぶい。」車を降りての第一声。

何せ途中、千歳では気温表示がマイナス11度です。よっぽど

引き返してしまおうかと思いましたが、いや待て、海辺へ行けば

こんな山の中よりは寒くないかも―と思いましたが、そんなに甘くは

ありません。第1目的地の厚賀に着いたときにはみごとな星空で

放射冷却現象の一歩手前(>_<)。先月の「疲れた釣り」でふれた

厚別川左岸を予定していたのですが、駐車場のあたりが工事中

の様子です。周辺の賀張、清畠などを回りましたが結局、2時を

過ぎて一番風の当たらない大狩部の駅下に決定。ちょっと波が

無さ過ぎという気もしましたが・・・。







早速コマセネット仕掛けでチョイ投げし、シンプル2本バリ仕掛け

は遠投―と思ったらあまりの寒さのせいか、投げた瞬間に道糸が

プッツン。幸先悪すぎですsweat02。そこで急遽そちらもネット仕掛けに

切り替えます。しばらくの間、時々アタリは来ますがコマセをつつく

ばかりでさっぱりfishの顔が見られません。








それでも3時を回った頃にようやくグイグイとアタリがあり、勇んで

リールを巻くと手ごたえはいいのですが満月の下に見えたのは。

「げ、細い!」なんとアカハラかと思いましたが何だか違います。

無事に抜き上げてみると―









2008_1215fishing0001



久々の

オオマイ

43センチ

happy01














ボーズは逃れましたがあくまで今日はカジカ狙いです。もう1本の

竿もエサを交換しようと巻き上げると「?」やったらと重い

ウンウンいいながらわずか2,30メートルを巻き上げてくると

ポッカリ海面に浮かび上がったのは思った通り、特大火星人。

しかし次の瞬間、6号の道糸をいともあっさりとひきちぎって

逃走していきました、残念weep。といってもクレーン釣りのここでは

一人での火星人捕獲はまず無理なので、仕方がないですね。






それにしてもさっぱりカジカの気配がしないので4時を過ぎて

場所を移動することにしました。車に戻って引き返すこと30分、

久々にフィハップのキャンプ場へやってきました。ここは車で

護岸の上までいけるのと、12月とあって砂地のほうがいいかも

しれないという選択でしたが、まずはゴロ仕掛けに変えて竿を

2本出すと炭火おこしにかかります。



2008_1215fishing0005





















これは夜が明けてから撮りましたが、消波ブロックが入れられて

釣りのできる範囲が狭くなってしまいましたgawk。それはともかく、

5時頃にエサを点検しようとするとまたしても、ついさっきと同じ

ような重~い手ごたえが。







ただし今度は釣座も低く、重さも先ほどではなかったので

あんがいあっさり寄ってきました。そして―





2008_1215fishing0002 体長約50センチ。

クリックしたら大きくなります。

めでたしめでたし(笑)。







しかし。あくまで今日の目的はカジカなのです。にもかかわらず

ここではアタリのひとつもなく、ついぞ本命には会えないままに

午前7時に撤退を決定しました。もう少し気温が高ければ・・・

気がつくとリールシートにも海水が凍りついてましたbearing





にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「霜焼けした?」と思ったらポチッとお願いします。

|

« カジカを求めていざ出撃! | トップページ | 過去の釣り―火星人あれこれ »

日高」カテゴリの記事

コメント

寒い中本当にお疲れ様でした。
本命のカジカに合えなくて残念でしたね。
でも火星人は羨ましいです。
一郎は今シーズンは出会ってないなぁ~。
外道中の外道と思うのですが(マジで)
実は一郎も土曜日の夕方からカジカ狙いで清畠海岸にいました。第一候補は大狩部だったんですが、あの寒さでは凍死すると思い車横付けポイントへ入釣。暖かい車の中で酒を飲み殿様釣行でした。こんな釣りは殆んどやらないのですが・・・
満潮から潮が下がり始めた日没からアタリが連発してカジカ42・40・37・36・35と5本&一夜干しサイズのコマイが5本でした。ほろ酔い気分の楽チン釣行が好結果をもたらしました。

投稿: 一郎 | 2008年12月15日 (月) 22時36分

やみいさん
カジカが釣れなくて残念でした。
蛸が釣れて良かったですね。
何とか今週末は釣りに行きたいです。
氷点下11度とはかなりハードな釣りですね、とてもハゴトコには耐え難い環境です。

投稿: ハゴトコ | 2008年12月15日 (月) 22時38分

こんばんは、一郎さん。カジカ5本とはうらやましい、
火星人の足と交換したいです(笑)。
寒いこの時期、夕マズメのほうがいいのかも
しれませんね。しかしめげずにまた行こうと
思っていますので乞うご期待です(^o^)/~

投稿: やみい | 2008年12月15日 (月) 22時56分

ハゴトコさん、最近はお忙しそうですね。
まさかあんなに寒いとは思いませんでした。
火星人も半分凍りついていましたから(爆)。
この時期ホントは噴火湾の方が寒くないんですよね、
やみいは最近いつも虻田あたりで年越ししています。

投稿: やみい | 2008年12月15日 (月) 23時01分

やみいさん
年越しは虻田ですか、一応ハゴトコは室蘭(本当に室蘭しか行かない人だなー)の予定。
虻田と言えば3年前ラジオを掛けっぱなしで忘れて来た事が有ります、また、先端で釣っていた親子が『ひらめを釣った』と言うので見てみたら、石もちだった、でも小心者のハゴトコはイシとも言えず「ああ良いヒラメだねー」と同調してしまった。
でもあの親子にとって間違いなくヒラメだったのかもしれない。
それでいいのだ。

投稿: ハゴトコ | 2008年12月15日 (月) 23時20分

室蘭も行ってみたいのですが、常連の方がすごそうで
(特にクロガシラ時期)・・・あと、港は風が強くて
苦手です。虻田は平磯なので割と寒くありません。
ヒラメ/イシガレイ・・・いいですよね、売り物じゃないし、
親子で楽しんだことが一番です。

投稿: やみい | 2008年12月15日 (月) 23時45分

火星人久しく釣ってないなぁ~ロッキー家ではカジカより、数百倍火星人の方が喜ばれますよ。それにしても一人であげたのは凄い!

投稿: ロッキー | 2008年12月16日 (火) 12時26分

スーパーでお刺身コーナーをみました。
タヒって足1本でも結構な値段ですね。
売ってるのは味も当たり外れがあるし・・・
喜ばれるわけですよね(^_^)。
今年は3回目の襲撃を受けてようやく
捕獲に成功しました、やれやれ。

投稿: やみい | 2008年12月16日 (火) 17時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527971/43430822

この記事へのトラックバック一覧です: シバれる日高に火星人襲来!:

« カジカを求めていざ出撃! | トップページ | 過去の釣り―火星人あれこれ »