« 天気と体調は反比例 | トップページ | 危ない釣り―寒中水泳のすすめではありません »

2008年12月18日 (木)

お宝? 燃えるゴミ?

ちょっと気恥ずかしいのですが―




2008_1218book0003





















やみいのささやかなお宝本ですdollar。たぶん昭和50年頃の発行

ではないかと思いますが、なにせ古いものでよくわかりません。

続巻の方は昔から家にあったのですが、1冊目は今年になって

ようやくオークションで見つけました。稀少だとは思うのですが、

次から次と新しくて性能のいい釣具が出てくる今日この頃では

さして珍重されていないのか、値段は定価(900円)とあまり

変わりませんでした。







本州発行の上、ここまで古いと実用書としてはもはやほとんど

物の役にはたちませんが、雷電海岸におけるカジカ釣りの写真

など見るとなんともレトロで郷愁を誘われるものがあります。

巻末にはカタログの一部も載っていますが、投げ竿のスペック

などを見ると隔世の感があります。4.5メートルの並継ぎが

最高で1キロを超えるなんて考えられません。昔の人は今にも

ましてたくましかったんですね。







たまにこんな本を見ると釣果は二の次でのんびり釣りをしよう

という悟ったような境地になれないのが悔しいところですがdespair





にほんブログ村 釣りブログへ 「そんなもんでしょ」と思ったらポチッとお願いします。

|

« 天気と体調は反比例 | トップページ | 危ない釣り―寒中水泳のすすめではありません »

釣りの本」カテゴリの記事

コメント

やみいさん
お宝ですよ、その本、一度見てみたい。
つりの価値観は人それぞれ、楽しければ宜しいかと思います。
最近は釣果よりも、行ける事が楽しい。
昨年苫小牧で自分だけ大つりした時仲間から羨ましがられるよりも、真面目にやれば出来るじゃん、と言われてしまった。
そしてくろ頭はスカリから各自家族分ずつ持ち帰った。

投稿: ハゴトコ | 2008年12月18日 (木) 21時56分

レス遅くなりました。オークションが忙しくて、
100円ショップのくせに時間だけはかかります。
今度機会があったらお貸ししましょうか?
って言っても釣り場でご一緒するときにそんなものを
持っていっても・・・うむむ。

投稿: やみい | 2008年12月19日 (金) 20時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527971/43458627

この記事へのトラックバック一覧です: お宝? 燃えるゴミ?:

« 天気と体調は反比例 | トップページ | 危ない釣り―寒中水泳のすすめではありません »