« 昔の人は強かった | トップページ | 深夜の積丹一周・・・寒! »

2009年1月11日 (日)

一人の釣りで困る事

いつも一人で釣りに行くと、気分次第で始めたり止めたりできるし、

移動などのフットワークも軽くなります。その一方で、先日の

赤岩海岸のように荷物が多いときはひいひい言うことになります。





あと、誰かが一緒だと釣り場でタイムリーな情報交換ができるので

釣れても釣れなくても何かと便利ですよね。ただし、忘れ物をして

相手に借りるとかいうのはなさけないですがsad






そうした中で一番頭が痛いのは一人で遠征する時の運転です。

2時間くらいまでは大丈夫ですが、徹夜明けで3時間を越えると

さすがに厳しい。これが仲間のいるときなら話しをしたり、時々

交代したりと手がありますが、ひとりではせいぜい車を止めて

休憩するくらいです(-_-)sleepy

そこでやみいが考えた方法は。






「歌を歌う」です。ただし、ふつうに気分よくハミングする程度では

あまり効果はありません。どうするかというと、ジャズの世界に

ヴォーカリーズというのがありまして、楽器のソロを歌に置き換え

ついでに歌詞もつけてしまったりします。有名なのがマンハッタン

・トランスファーのそのものズバリ、「ヴォーカリーズ」という

アルバムですが、やみいもこれを車の中で時々やっております。




Photo008























なるべく複雑怪奇で口ずさむなんてとてもとても―というメロディ

が理想的です。歌詞はなくとも可能な限り大声でこれをやると

あら不思議、あっという間に眠気が吹っ飛びます。頭と口を使う

上に酸素が脳にたくさん供給されるためとやみいは思いますが

一度お試しください。しかしあくまで一人のとき限定で、誰かが

一緒のときには止めてください、はた迷惑になりますので(爆)。






にほんブログ村 釣りブログへ 「はた迷惑!」と思わずポチッとお願いします。

|

« 昔の人は強かった | トップページ | 深夜の積丹一周・・・寒! »

釣り」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
今度ゆっくり一緒に釣りに行きましょう。
そうです流石一人の時は帰り道睡魔との戦いですね。
ハゴトコが一発カンッオーネでも歌います。
何なら、オールディスでも歌います。

投稿: ハゴトコ | 2009年1月12日 (月) 00時22分

一人で長距離運転はキツイですよね。
ヨシゾーも眠いときは大声で歌っていた記憶があります。
しかし、いつも睡魔には勝てずに車止めて寝ちゃいます。
やはり、持つべきは専属の運転手ですね(笑)

投稿: ヨシゾー | 2009年1月12日 (月) 19時59分

ハゴトコさん、こんばんは。
二人以上のときには歌わなくても・・・
逆にハンドルを切り損ねる恐れが(爆)。

投稿: やみい | 2009年1月13日 (火) 21時20分

ヨシゾーさん、こんばんは。
専属の運転手、うっとりする響きです(笑)。
しかし現実はやみいが家の専属運転手と
化しております、現実なんてこんなもんですね。

投稿: やみい | 2009年1月13日 (火) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527971/43402163

この記事へのトラックバック一覧です: 一人の釣りで困る事:

« 昔の人は強かった | トップページ | 深夜の積丹一周・・・寒! »