« ビギナーやみいの入門書 | トップページ | 冬の夜釣りはナンセンス »

2009年1月25日 (日)

困ったときの魚屋さん

この週末、天気は今ひとつでしたがさすがに釣り人はたくましく、

寒い中、あちこちで竿を出されていたようですね。ただしどうも

釣果の方はぱっとしなかったようで、やみいにしてもせっかく

島牧まで遠征しながらアタリひとつなく敗走してきましたがweep

ただし、あれに関してはきっとその直前にトドかアザラシ軍団が

あたりを徘徊していたに違いない!と無理やりの結論です(笑)。

そうとでも思わないとしばらく釣りに行けないではないですか。






と、力コブはこの辺で引っ込めてー先日はそんなわけで空の

クーラーで帰る羽目になりましたが、それでもすぐ帰り道に

ほとんど卸し価格のfish魚屋さんがあったので救われました。

札幌から来るとホーマックへの信号の少し先、右側にある

裸電球がいっぱいついたこのお店、いつきても安くて新鮮な

お魚が山積みです。発泡スチロールの箱売りが主力なので

何種類も買えないのが玉にキズですが、何人かで買いにきて

山分けするというのが理想ですね。事実、○藤君もすっかり

病み付きになったようです。






で、今日の紹介ネタはー



Photo001
























こちらの本です。釣りの本じゃないと目くじらを立てないように。

100%北海道の浜、魚河岸、料理の話が満載です。先程の

魚屋さんも載っています。これを読むと一念発起して北海道

魚漁りツアーrvcarに出発したくなりますが、そうもいかないので

ならば釣りに出かけようと思うやみいでした。ただし、いつも

余市方面にいくわけではありませんのであしからずbleah




にほんブログ村 釣りブログ 釣魚料理へ ジャンルがずれておりますがポチッと押して

いただければと。

|

« ビギナーやみいの入門書 | トップページ | 冬の夜釣りはナンセンス »

釣りの本」カテゴリの記事

コメント

本当に今年に入ってあまり、
いい情報は入ってきませんね。
あそこの魚屋さんは、
ハゴトコも何回かお世話になりましたね。

中央公論社ですか、

至って真面目な本みたいですね。
今度本屋で探してみます。

投稿: ハゴトコ | 2009年1月25日 (日) 21時23分

魚屋さんは大好きです。
仕事の帰りに良く寄って覗きますよ~
スーパーの鮮魚コーナーですけど・・・

時々、安くて美味しい魚が売ってるのを
見つけると、嬉しくなって買っちゃいます。

投稿: ヒロボー | 2009年1月26日 (月) 00時00分

ハゴトコさん、紹介しておいてなんですが、
読むとメタボ度が上がるかもしれません。
食べたくなるし、呑みたくなります。
でもお魚の方が肥満防止にはいいんですよね。

投稿: やみい | 2009年1月26日 (月) 17時04分

ヒロボーさん、こんにちは。最近のスーパーは
けっこう尾頭付きでいろいろな魚を売っているので
ありがたいですよね。お肉はそうはいきません。
もっとも以前アメリカの田舎では牛の1頭売りなどという
豪快な売り方もされていたようですが(^o^)。

投稿: やみい | 2009年1月26日 (月) 17時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527971/43853999

この記事へのトラックバック一覧です: 困ったときの魚屋さん:

« ビギナーやみいの入門書 | トップページ | 冬の夜釣りはナンセンス »