« オークションの話 パート5 | トップページ | やみい取材を受け損ねる »

2009年2月 5日 (木)

オークションの話 パート6

さて、4日連続という本ブログ始まって以来の大河長編シリーズも

いよいよ大団円を迎えます(本当か?)。





まず昨日の補足ですが、現在使用しているプロサーフ425の

CXT、DXTとサーフリーダーの425CXTを使っての感想です。

CXTはいずれもキャストに関してはちょっと硬めに感じます。

DXTが一番―といっても、過去の経験からもうしばらくたつと

だんだん柔らかく感じるようになるのかもしれません。

魚の食い込み・釣り味は絶対DXTです。極端な話ですが、

先週の兜千畳敷で戦果を挙げたのはDXTのみでした。

また、過去の釣りでもカレイ類に関してはDXTが一番合って

いるというのが現時点での印象(結論ではない)ですね。





で、本題に戻ります。






2009_0204psslsc0006


















現在カジカ用の3本目となっているサーフキャストの425CXT

を忘れていましたcoldsweats01。古過ぎてカタログに載っておらず、定価は

不明ですが、S社独特のX構造とかSICガイド装備ということで

そこそこいいものかなと思い、元竿にキズは多かったのですが

6000円で落札。硬さは期待通りでもっぱらコマセネット攻撃に

重宝しています。しかし、ある時気づきましたがマリンサーフと

並べていて長さが一緒ですsign02 しかもよくよく見るとトップと2番の

ガイドの間隔が狭い・・・やられたァ!





そう、竿先が折れて425ならぬ420だったのです。買ってすぐ

ならクレームもつけられますが半年も経っていてはそれも無理。

まあいい勉強でした、とりあえず使うのに問題はないし。






そしていよいよ最後のお品です。これはもう手元にないのですが

確かパワーエアロの6000だったような・・・。未使用ということで

4000円少々で落札しました。しかし、手元に届いたのを見ると

紛れもない中古です。小キズ・ヨゴレもあり、どういうことかと

出品者に問い合わせると「私が使っていないという意味での

未使用であり、新品だとは一言も書いていない」とホザキます、

何じゃそれは。未使用なら普通新品がホコリをかぶっていたのを

想像するだろう―と思いました。

当時まだオークション初心者のやみいは呆れ果ててそれ以上

は何も言いませんでしたが、そのパワーエアロを見るたびに

不愉快になるので結局メンテを済ませて友人に理由は言わずに

譲ってしまいました。どうもこれ以来、大阪近辺の出品には腰が

引けるようになってしまいました、刷り込み恐るべし。






にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「やっと終わった」 ポチッとお願いします。

「くたびれてそれどころではありまへん」 そんなあ・・・
にほんブログ村

|

« オークションの話 パート5 | トップページ | やみい取材を受け損ねる »

釣具いろいろ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、
オークションでは実物が見えないから、
結構勇気要りますよね。
相手に悪意があると、このような事態が起きますよね。
やはり、品物に関する瑕疵は隠されると、
中々分かりませんよ。
でも、竿について分かるの半年も掛かるなんて・・・うーん、性善説に掛かると気が付かないかも。

投稿: ハゴトコ | 2009年2月 6日 (金) 00時03分

すみません、根っから善人でございます(表向き)。
今だったらそんな事は絶対ないと断言できます、
なんだかこころなしか年々性格が悪くなるので(爆)

投稿: やみい | 2009年2月 6日 (金) 00時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527971/43957086

この記事へのトラックバック一覧です: オークションの話 パート6:

« オークションの話 パート5 | トップページ | やみい取材を受け損ねる »