« GW中盤戦 その1 | トップページ | 背水の陣―GW千秋楽 »

2009年5月 8日 (金)

GW中盤戦 その2

さて、釣れない雷電海岸に見切りをつけたハゴトコさんとやみい。

月並みですがすぐ近くと言う事もあり、岩内港にやって来ました。

まあいくらなんでもここなら何ぼかは釣れるでしょうと東防波堤を

テクテク。既に釣り人は多数おりますがさすがに長いだけあって

空いたスペースをすぐに発見。早速戦闘再開ですwink





2009_0506double0004















2009_0506double0005


乾いた

地面に

heart04













さっきまでの波ザッパーンが嘘のように静かな海、風もなく

仕掛けも調子よく飛んでいきますnote これなら出遅れもすぐに

取り戻せるでしょう・・・と思ったのも束の間。





竿を出して30分と経たないうちに風が吹き始めたなと思ったら

あっという間に強風に!

さっきまでのポカポカ陽気はどこへやら。

おまけにここにも魚の気配がないsweat02 正確に言えばエサは何回か

取られたようですが、風が強すぎてアタリも何もわかりません。

周りの釣り人も次々と撤収に掛かり、我々も―

すごすごと車に戻る道がやけに長く感じられました、うーんbearing

それでも帰途、けっこう何人もの釣り人とすれちがいました。

この状況下でこれからなんて、ホントにご苦労様ですshock

しかし、人の事を言っていられる立場ではありませんでした。







これで今日はおしまい―と思いましたが、とことん釣れない

釣行記もいいかということでさらに続きを。とりあえず車に戻った

二人ですが、まだ9時にもならないとあってはさらに3回戦へpunch

しかしさすがに少々くたびれてきたので今度は余市漁港へ。

現地に着いてみると南防、中防、北防とそれぞれ繁盛していますが

相談の末、我々が向かったのは一番外側の北防波堤です。




日もずいぶん高くなっている中、最初はカーブ付近でというつもり

でいたのですが空いた場所を物色するうち、気がつくと先端に。

船道と内側に竿を出している二人連れのかたにあいさつすると

さすがにそろそろアタリは遠くなってきたそうです。

しかし後のない(?)二人はその情報にもめげず、早速外側に

2本ずつ竿を出しました。






2009_0506double0007


















ここは消波ブロックの上に三脚を立てますが、ブロックが平ら

なのでそんなに大変ではありません。天気もいいし今度こそ―

だがしかし、他人の不幸は蜜の味と申しますがまたしてもsweat02

竿を出してややしばし、なんだか風が吹いてきたと思ったら

あっという間に又しても強風が!

さすがに寒いとまでは言いませんが、これではさっきと同じです。

気がつくとハゴトコさんは近くの釣り人のところに遊びに行って

しまいました。






2009_0506double0008


















しかも気のせいか、だんだん背後の山もけぶってきますcoldsweats01

もしかして今日の我々はどこに行ってもダメ?






2009_0506double0009


















そのうちますます風は強くなるし、相も変わらず音沙汰ナシ。

しかも突然ガラガラと音がしたと思ったら、ハゴトコさんの三脚が

吹き倒されています。あわてたやみいが竿を起こしましたが

本人は相変わらず向うにおります、ハゴトコさーんsad

風で声が届きそうもないので挙句のはてはケータイでSOS。

変事に気がついたハゴトコさんがやっと戻ってきたのでやみいも

ここまでと竿を撤収にかかりました。と、1本の竿が重たいと

思ったら巻き上げてみると透けて見えそうな砂ガレイのダブル。

写真もとらずにリリースです、まったく。





さて、ガックリしつつ道具を片付けていた二人ですが、そこへ

すぐそばから歓声が―ちょっと前にやってきた若者グループが

なんと、30センチ近いマガレイをダブルで釣り上げているでは

ありませんか!恐れ入りました、トホホdespair






さすがに精根尽き果てて車に戻った二人ですが、最後にもうひとつ

とどめの一撃が・・・帰途の車中でブログチェックをしていた

ハゴトコさんが最初に入った雷電海岸で良型マガレイetcゲット

の記事を発見。画像にはついさっき見てきたばかりの岩場が。





・・・まあこんな日もありますわな(すっかり老け込みました)




にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「4連敗、大丈夫?」と思われたら何卒ポチッと。
にほんブログ村

|

« GW中盤戦 その1 | トップページ | 背水の陣―GW千秋楽 »

積丹」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!

岩内に行ったときにとなりにサーフリーダー使ってた中学生いませんでしたか?

それは私です(笑)

話かければよかった・・・

投稿: 釣り少年 | 2009年5月 8日 (金) 22時22分

こんにちは、青い425のEVCXかな?とハゴトコさんが
言っておりました。私は風にへこたれていたので(>_<)
それにしてもひどい風でしたね、今度は話し掛けてください。

投稿: やみい | 2009年5月 9日 (土) 00時06分

お初です。ご苦労様です。二人連れで動くと、意外に、どんどんと場所移動しがちになりますね。一人なら、少し頑張るか、が二人なら、すぐに楽につくようになってしまう。しかし、運転が交代できるのはいいですね、羨ましい。今週も、日本海沿岸に低気圧の谷が来る、人のいないところに行きたいけれど、天気が邪魔をする。釣りバスで瀬棚で降ろされて彷徨ってきます。

投稿: ボナ | 2009年5月 9日 (土) 00時19分

ボナさん、始めまして。ヨシゾー先生のところで何度か
拝見しましたがようこそおいでくださいました(^o^)
今後ともよろしくお願いいたします。
瀬棚は未だ行ったことがありませんが天気予報もなかなか
あてになりませんし、爆釣お祈りしています。

投稿: やみい | 2009年5月 9日 (土) 00時36分

こんばんは。

釣り師の仲間内ではこれをボウズと…punch

または、踏んだり蹴ったりかぁ~wobbly

投稿: マルコポーロ | 2009年5月 9日 (土) 18時47分

どこまで続く連敗街道。正確には手の平砂ガレイが
2匹ですが、踏んだりけったりは一緒ですね。
ボウズもあまりつづくとだんだん慣れっこです(笑)

投稿: やみい | 2009年5月 9日 (土) 19時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527971/44936996

この記事へのトラックバック一覧です: GW中盤戦 その2:

« GW中盤戦 その1 | トップページ | 背水の陣―GW千秋楽 »