« 届いた!お宝のもとが | トップページ | アワビはいかにして磨かれるか その2 »

2009年6月25日 (木)

アワビはいかにして磨かれるか

今日は久々に100円ショップへ行ってきました。

目的はアワビ削り用のヤスリです。










2009_0625awa20009






















今まで使っていたのは義務教育で使っていた骨董品です。

まだまだ使えるけれど平らにしか削れないので不便ですね。

そこで今日は丸ヤスリを―










2009_0625awa20010





















ついでに最近品薄だったビーズが入荷していたのであわせて

購入しますmoneybag









2009_0625awa20011





















ではいよいよ、アワビを削ってみましょうcatface









2009_0625awa20012

















2009_0625awa20013





















今回削るのは9センチくらいのアワビです。まずは骨董品を使って

外側をざっとゴシゴシやり、余計な海草やフジツボを落とします。

そのあと満遍なくヤスリをかけ、穴が開いている出っ張った部分も

凸凹はないほうが扱いやすいのですり落としてしまいます。

それでも貝殻自体が凸凹なのでどうしても厚さがムラになりますが

この時点ではあまり気にしません。大体40分くらいで―










2009_0625awa20014






















もうこれくらいになりました。すでにところどころ、薄い部分では

ピカピカ光っているのがわかりますねshine

ここからは丸ヤスリの出番です。凹んだ不要な部分を細かく削って

いきますが、光る部分は硬いので削っていてわかりやすいです。

もちろん全部は削れませんが光に透かしながら黒い不要な部分を

削っていきます。実はこの光る部分は半透明なのです。かくして

削ること約一時間。









2009_0625awa20016





















透けている部分はもう外側も光っています。だいたいこの時点では

これぐらいが限度で、これ以上無理に削ると穴が開いてしまうので

今度はサンドペーパーで仮仕上げをします。いいところなのですが

今日は時間切れなのでここまでということでcoldsweats01



にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「既に1時間と40分」と思ったら何卒ポチッと。
にほんブログ村

|

« 届いた!お宝のもとが | トップページ | アワビはいかにして磨かれるか その2 »

釣具いろいろ」カテゴリの記事

コメント

1時間も削って綺麗になるんですね。
これは、高価な価値のあるアワビチップ。
外側って、結構いろいろくっついているんですねぇ。
ビーズ、うちにいっぱいありますよscissors
釣りに賭ける意気込みにポチッと。

投稿: ブルー・ブルー | 2009年6月26日 (金) 00時12分

ブルー・ブルーさん、手芸コーナーというのは
長居すると怪しく見えそうで気が引けます(^_^;

アワビチップ、もし買えば福沢諭吉が何枚
飛んでいく事か・・・まあお金をかけるか
手間ヒマをかけるかの違いなんですけど。

投稿: やみい | 2009年6月26日 (金) 00時37分

一体、どんだけ時間がかかるんでしょう?
これから磨いて加工して・・・・。
ヨシゾーには無理そうです(笑)
それにしても、本当の貝殻から作ってしまうと言う発想が凄い!

投稿: ヨシゾー | 2009年6月26日 (金) 05時20分

いや~凄い事になっていますね!最終出来上がりにどんだけ~掛かるのでしょうか?
できあがりも、楽しみですね!

投稿: ロッキー | 2009年6月26日 (金) 07時45分

ここまでで1時間近くですか!?
すごい労力ですね
見てるだけで、手が痛くなります
ここからの行程も細かそうですし
売ったら、すごい値がつきそうですね

投稿: John.John | 2009年6月26日 (金) 09時42分

ヨシゾー先生、一番大変なのは丸ヤスリの工程です。
ここまでくればあとはもう・・・

とにもかくにも湯泊岬に貝殻が落ちていたのが
運の尽きでしたね(笑)

投稿: やみい | 2009年6月26日 (金) 20時55分

ロッキーさん、オフシーズンにやっておくべきでした。
とにかく時間がかかってかないません。
アワビが出来上がったころにはカレイシーズンが
終わってしまう(爆)

投稿: やみい | 2009年6月26日 (金) 20時59分

JohnJohnさん、確かに手が痛いです(>_<)
でもここまでくれば力仕事は終わりなので
あとは細かい加工です。

売ったら・・・どうなんでしょうかね(^_^;
でも値段のつけようがないでしょう、きっと。

投稿: やみい | 2009年6月26日 (金) 21時07分

こんなにも手間が掛かるとは知りませんでした。
でもこうやって作った仕掛けで魚が釣れると、
嬉しさ2倍、2倍(ブイ!)でしょうね。

早くしないと本当にカレイシーズン終わっちゃうよ~(笑)

投稿: ヒロボー | 2009年6月26日 (金) 23時05分

ヒロボーさん、次回ごいっしょするときまでには
売るほど持っていきますのであせらないように(笑)
ところで次回の出撃はいつですか?

投稿: やみい | 2009年6月26日 (金) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527971/45453009

この記事へのトラックバック一覧です: アワビはいかにして磨かれるか:

« 届いた!お宝のもとが | トップページ | アワビはいかにして磨かれるか その2 »