« アワビはいかにして磨かれるか | トップページ | 6月最後の出撃は・・・ »

2009年6月26日 (金)

アワビはいかにして磨かれるか その2

さて、昨日削った貝殻をサンドペーパーでゴシゴシ、約3分。

粉だらけの貝殻を洗ってみるとaquarius









2009_0626awa30009






















光ってますねhappy01 今度は裏返していよいよ切り取りです。

まず縁が一部厚くなって切り難くなっているのでその部分を

ペンチで取り除きます。










2009_0626awa30010


















2009_0626awa30011





















あとは薄い貝殻なのでとりあえず、穴のあいているあたりを

ニッパーでバチバチ切るというか折って行きます。どんな形に

なるかはあなた任せcoldsweats01











2009_0626awa30012






















ものの5分とかからずに10個ばかり切り出し完了。

あとはニッパーとヤスリを使って角を落とし、縁に丸みをつけ

ついでに黒っぽいところも多少削り落として一層光るように

してやります。









2009_0626awa30013






















1個は小さすぎてものになりませんでしたが、これでめでたく9個の

アワビチップの出来上がり。1個削るのにかかる時間は1分~3分

くらいです。

ただし今回の貝殻は結構大きいので、あと20か30個くらいは

できそうです。そうするとあと1時間くらいはかかりそうですね。





にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「これで2時間突破」と思ったら何卒ポチッと。
にほんブログ村

|

« アワビはいかにして磨かれるか | トップページ | 6月最後の出撃は・・・ »

釣具いろいろ」カテゴリの記事

コメント

今日の工程は、そんなに時間がかからないんですね。
届いたアワビを全部チップにしたら、何時間sign02
でも、既製品を海の中に落としたらと考えると、ぜったいこっちがいいですね。
ポチっと。

投稿: ブルー・ブルー | 2009年6月27日 (土) 00時10分

ブルー・ブルーさん、要は前回の工程さえ
済ませておけばあとは必要に応じて
いくらでもすぐ生産できるわけです。
何時間かかるかは想像したくありませんけど(爆)

1個100円としても何万円分できることでしょう、
水に落とすならこっちの方が安上がりですね(^_^)

投稿: やみい | 2009年6月27日 (土) 00時41分

やっぱり、黒い所を削っても、後がまだまだかかりそうですね
( ̄○ ̄;)!
こんなに時間のかかった物、海の藻屑にしないように中止してくださいね

投稿: John.John | 2009年6月27日 (土) 01時43分

JohnJohnさん、中止といいますと?
所詮釣りの仕掛けというのはいつかは
大体海の藻屑になるもので、どうせなるなら
海のものを海に返すほうがエコかなと思います。
まあ買ったものだけはとにかく削らないと(^_^;

投稿: やみい | 2009年6月27日 (土) 17時37分

こんばんは

sweat02sweat02のアワビチップ造り…

アワビで鯛を釣る魂胆…dash

片側に蛍光塗料を塗ったら効果倍増かもcancer

投稿: マルコポーロ | 2009年6月27日 (土) 18時38分

マルコさん、ほんと、アワビで大きな魚がたくさん
釣れれば苦労も報われますが、蛍光塗料も
いいかもしれませんね、検討してみます(^_^)

投稿: やみい | 2009年6月27日 (土) 23時25分

手間暇が掛かった分、これを使って爆釣すると気分いいんでしょうね~shock
ペーペーも作ってみるかなぁ…sweat02

投稿: 釣りキチペーペー | 2009年6月28日 (日) 17時55分

ぺーぺーさん、手間暇といってもやみいのように
大量生産しなければ大した事はないですよ。
気分もいいけれど、なにより懐具合が助かります(笑)

投稿: やみい | 2009年6月28日 (日) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527971/45462206

この記事へのトラックバック一覧です: アワビはいかにして磨かれるか その2:

« アワビはいかにして磨かれるか | トップページ | 6月最後の出撃は・・・ »