« 家庭菜園も仕事納め? | トップページ | カジカ釣りにはゴツい竿 »

2009年12月15日 (火)

コマセのお話

先日めでたく退院した父ですが後遺症で歩行がちょっと不自由に

なったため、寝室を引っ越しました。それに伴いいらない本などを

処分するということで・・・つまりいらないものは全部やみいに

持たされますwobbly とりあえず比較的まともそうなものは捨て値で

オークションに出品したりしておりますが、その中にこんなものを

見つけました。









Photo001


























な、なんと昭和63年に水交社(「○海道の釣り」の出版元)

から刊行されたもので、表紙の人物(若い!)は今なお現役

バリバリですし、今は亡き捧名人も文を寄せられています。

いやー、懐かしいなあと思いつつしばし読んじゃいました。









ホッケのウキ釣りはほとんどやったことはないのですが、

それでも普段から「○海道の釣り」などを読んでいるので

基本的なことは既に知っていることがほとんどでした。

で、これもそうなのですが今日はコマセ(マキエ)に関する

お話をー









ホッケのウキ釣りでは当然コマセを使いますが、針にオキアミ

(エビの一種)をつけて釣る場合にはコマセにもケチって赤アミ

(これもエビです、安い)なんぞを使わずにオキアミを使いなさいと

書かれています。確かに蒲焼きのにおいにつられてウナギ屋さんに

入れば普通は蒲焼きを頼みますよねlovely








では針にマグロや甘エビをつけるときには・・・やっぱりマグロ

ブロックや甘エビのすり身でも使うのかな?経験がないので

そこまで行くとよく分かりません、あしからずcoldsweats01










で、ようやく本題のカジカ釣り。そもそも普段カジカ釣りでコマセを

使うというのは釣り会ならいざ知らず、プライベートの釣り人では

けっこう少ない気がします。イカゴロさえ使わない人もときどき

見かけますね。しかしやっぱり、匂いに敏感といわれるカジカを

釣るにはコマセがあるとないとではかなり差が出るはずです。

論より証拠、数年前友人と日高に行ったときのことですが、

コマセをばら撒きまくったやみいにはアタリがひっきりなしだった

のに対して、イカゴロのみの友人は隣であやうく1匹もカジカを

釣らずに終わるところでした。








なのでやっぱりコマセは持っていきましょう、ただし問題はその

中身(材料)です。最初のうちは袋で売られている粉状のものを

買ってみましたが、これは非常に保ちが良くありません。仮に

海水を入れて練ったりしたとしても海面に着水した直後には

そのほとんどがあっという間に溶けてなくなりますcoldsweats02








ならばと今度はやはりパックして売られているピンポン玉位の

コマセを試してみましたがこっちは逆に全然溶けてくれません。

岩場などでは適当にぶつかって砕けてくれるらしいのですが、

砂場だとひどいときにはそのまま戻ってきますgawk もっとも

最近は使っていないので今でもそうかはわかりませんけど。










かくのごとく遍歴した末に「コマセは自作が一番」という結論に

達したのがここ数年です。バケツに市販の粉コマセを1/3、

その上に赤アミのブロックをひとつ。そうすると赤アミから出た

水分が粉コマセにちょうどよく吸収されます。ただし時間に

充分余裕を持たないと赤アミが融けないので要注意です。










そして一番重要なのがソーダカツオのミンチです。これもカツオ

ブロックとして売られていますが、あれは骨やヒレ・エラといった

あまり意味のない部分が余計なので理想的にはこれも前もって

カツオを丸ごと買い、付けエサ用の切り身をとった中落ちから

残った身をこそげ落として細切れにするのがベストですね。









で、これを釣り場でよく混ぜてネットに入れてボチャン。

これだとあっというまに溶けてなくなることもありません、

あとは近くにカジカがいればめでたしめでたしhappy01








にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「そろそろ出撃?」と思ったら何卒ポチッと。
にほんブログ村

|

« 家庭菜園も仕事納め? | トップページ | カジカ釣りにはゴツい竿 »

釣りの本」カテゴリの記事

コメント

なるほどなるほどnote
配合が釣果アップの秘訣ですねsign03
ペーペーは最初のうちはコマセをちゃんと撒くのですが…
しばらくすると面倒くさくなっちゃいますdown
それじゃいけないんですよね…sweat02

投稿: 釣りキチペーペー | 2009年12月15日 (火) 22時36分

鯵子(あじご)釣りをしたとき、
赤アミを籠に入れて釣りましたけど
鯵をさばくと赤アミが・・・
これ結構食欲を無くしましたっ。
ポチッと。

投稿: ブルー・ブルー | 2009年12月15日 (火) 22時45分

ほほぉー
ご教授ありがとうございます。

しかし、我家は家の中でカツオを捌くと
臭いと嫌われます。
だから出来るだけ市販を利用してます。

行きたーいけど、、、腰痛が・・・。

健康の鏡のようなやみいさんはヨガでもやってらっしゃるのでしょうか?

投稿: key | 2009年12月15日 (火) 22時58分

こんにちは。

片付けとかしますと出てきますね、古い雑誌やら読み始めたら、はか行きませんbook

色々研究してますねfishwave

投稿: マルコポーロ | 2009年12月16日 (水) 15時20分

こんにちわ。
オキアミと配合餌を使う釣りは東京で黒鯛をやっていましたので馴染みがあったのですが、こちらの釣り人はコマセを打つ回数が少ないと感じております。
逆に投げ釣りでコマセネットにオキアミ入れて釣るというスタイルにびっくり。
さらに、イカゴロを寄せ餌にするなんざ、内地の釣り人はほとんど知らないでしょう。
ちなみに、ホッケの場合は餌がなんであれ、コマセはオキアミか配合餌でいいと思います。
ようは、魚を集めて足を止めさせるのが目的ですから。

投稿: 徳次郎 | 2009年12月16日 (水) 17時29分

お久しぶりです。

カジカにコマセ試してみますね。


先月から釣行しておらず、禁断症状が…。
カジカが食べたいです。

投稿: リオン | 2009年12月16日 (水) 17時57分

ペーペーさん、コマセには別の効果も。
ふるさと海岸なんかだと潮の動いていない時に
コマセを撒いて1時間も反応がなかったら
さっさと見切りをつけて移動してしまいます。
潮の動くときだとその限りではありませんが・・・。

投稿: やみい | 2009年12月16日 (水) 18時05分

ブルー・ブルーさん、そんなことがありましたか。
うーむ、それはまあ仕方がないかと(^_^;
なるべくなら見ないに越した事はないですが、
女性が往々にして魚を捌きたくないのは
そのへんにも起因しているのでしょうね。

投稿: やみい | 2009年12月16日 (水) 18時09分

keyさん、確かに家族に評判が・・・
やみいは深夜帰宅後に換気扇を回しっぱなしで
作業しています。健康ですか?なるべく歩いたり
自転車をこいだり家庭菜園くらいですが、
見た目はけっこうこれで不健康ですよ、
最初ハゴトコさんに肺病病みと思われました(爆)

投稿: やみい | 2009年12月16日 (水) 18時14分

マルコさん、本の整理は時間のあるときにやらないと
ドツボにはまりますね、
やっぱり年末年始にやろうかな(^_^)

投稿: やみい | 2009年12月16日 (水) 18時16分

徳次郎さん、確かにホッケ釣りでは釣れ始めると
コマセ撒きはそっちのけになりがちですね。
ご教示ありがとうございます(^_^)

カジカの場合はチョイ投げといっても
さすがに柄杓で届く距離ではないものですから
ネット仕掛けが効果的なのですが、それにしても
確かにイカゴロなんて誰が考えたのでしょうか。

投稿: やみい | 2009年12月16日 (水) 18時23分

リオンさん、こんにちは。
そろそろカジカの卵も完熟しているはずなので
これからがラストスパート、寒いですけれど
頑張って釣りましょう(^o^)/~

投稿: やみい | 2009年12月16日 (水) 18時25分

おませなお話???

あっ、コマセねー

あれは、メンドクサイから、勘弁だわ。

投稿: ハゴトコ | 2009年12月17日 (木) 00時38分

ハゴトコさん、お茶目なコメント
ありがとうございます(^_^;

投稿: やみい | 2009年12月17日 (木) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527971/47031083

この記事へのトラックバック一覧です: コマセのお話:

« 家庭菜園も仕事納め? | トップページ | カジカ釣りにはゴツい竿 »