« 雷電岬へゴムボート | トップページ | 一番世話の焼けるのは? »

2010年6月29日 (火)

秘境といえども甘くない

2010_0627raiden0006











さて、苦労の末に何とか雷電岬の最先端にめでたく上陸した

ハゴトコさんとやみいですがまずは最初の一投です、えい。






あらら、浮かれ気分そのままに思いきりフライになってしまった。

ただし普通なら糸のフケを取るはずが全然フケていません。

これって異常にドン深ということですね、忍路の竜ヶ崎なども

足元から15メートルくらいの水深がありますがそれ以上です。

これなら大きなカレイもいるのでは?









しかしながら、あまりに深すぎて魚のアタリがわかりませんgawk

たしかに何か付いているような気がしますが、試しに仕掛けを

上げてみるとーありゃ、きれいさっぱりエサが取られています。

もう1本の竿には15センチくらいのミニマガレイのダブル。

しかしそのうち次第にサイズアップしてこんなのも釣れました。











2010_0627raiden0004











30センチには足りませんがまずまずの型ですねhappy01

しかしやはり全体的には小さいのが多く、大半が15センチから

いいところ25センチ以下。ハゴトコさんもミニマガレイの猛攻に

辟易しています。












2010_0627raiden0007












なんだかんだで数十匹をリリースしたところで時刻も7時をすぎ

帰りのことを考えると気が早いですがそろそろ片づけモードに。

雰囲気といい、もっと釣れても良さそうなものですがやっぱり

1ヶ月くらい遅かったのでしょうかね。











ということで8時前にはふたたびゴムボートに乗り込んでせっせと

オールを漕いでおりましたが中島公園の池とは違い、潮に流され

なかなかボートが進みません、ホントに進んでいるのでしょうかsweat02









それでも漕ぐこと30分あまり、出発地点まで戻ってきましたが

まだ朝なのに汗はダラダラ、ウェーダーのなかもジメジメして

不快指数は100%です。

結局この日のお持ち帰りは二人分をあわせてもひとケタと、

ちょっと寂しい結果に終わってしまいましたがまたいつの日か

リベンジに来たいものですね。










で、ここまで書いて肝心のゴムボートの写真を撮り忘れていたのに

気が付きましたのでオマケを一枚。











2010_0627raiden0008











ハゴトコさんボートを運ぶの図coldsweats01












にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「骨折り損の」と思ったら何とぞポチッと。
にほんブログ村

|

« 雷電岬へゴムボート | トップページ | 一番世話の焼けるのは? »

積丹」カテゴリの記事

コメント

(/ー\*)

投稿: ハゴトコ | 2010年6月29日 (火) 00時30分

上のコメント見て、吹き出したsweat01
ハゴトコさん、顔文字でイヤンって?それともアチャーですか?
やみいさん、キーボードを打つのも腕がプルプル?
応援☆

投稿: ブルー・ブルー | 2010年6月29日 (火) 00時53分

いや~、サバイバルしてますね!
釣果は別として、乗っているだけなら楽しそう。
漕ぐのは嫌ですけど(爆)
中学の時、昆布取りのバイトが終わった後、浮き輪を着けて沖まで泳いでいったら漁船に怒られ、戻ったら1km以上流されていた経験があります(笑)
潮の流れはバカに出来ないですよ。

投稿: ヨシゾー | 2010年6月29日 (火) 05時57分

そんなどん深なんですか!
シーズン中なら、どんだけ釣れるか楽しみですね。^^
是非、来年の春リベンジして下さい。
お疲れ様でした。^^v

投稿: カッチ | 2010年6月29日 (火) 12時30分

かなりの重労働でしたね~
沖の波消しブロック周りをロックでやった方が面白かったりして♪
やっぱり船外機が必要です!(しつこい?)

投稿: 釣りキチペーペー | 2010年6月29日 (火) 17時12分

こんばんは

中々笑えるショット、
撤収なら空気抜いたらcatface(・_・)エッ....?

投稿: マルコポーロ | 2010年6月29日 (火) 19時22分

ハゴトコさん、最後の最後にお疲れさまでした(^_^)

投稿: やみい | 2010年6月29日 (火) 21時02分

ブルー・ブルーさん、筋肉痛はどうやら収まりました。
今度はどこに出没しますことか(^_^;
さしあたってはまた家庭菜園に・・・。

投稿: やみい | 2010年6月29日 (火) 21時05分

ヨシゾー先生、全くおっしゃるとおりです。
漕いでも漕いでも進まない・・・
ハゴトコさんはマジメに漕いでいないと
思っていたみたいですが(^_^;
オールが頼りなだけに油断は禁物ですね。

投稿: やみい | 2010年6月29日 (火) 21時07分

カッチさん、来年といわず秋にでもチャンスがあれば
再チャレンジしてみたいところですが
実は他にも候補地が数え切れません、
はたして体力がもちますかどうか(笑)

投稿: やみい | 2010年6月29日 (火) 21時10分

ペーペーさん、その手もアリですよね。
ただ前にも書きましたがボートに針が刺さったらと
思うとちょっとおっかないかも(^_^;
次回はもう少し景気よく行きたいものです。

投稿: やみい | 2010年6月29日 (火) 21時13分

マルコさん、空気を抜くとそれはそれで
持ちにくくなります、港の船着き場から
出航できれば理想的なのですがなにせ
一番近い船着き場でも10キロ近く・・・
こんどはもう少し楽なところへ(^_^)

投稿: やみい | 2010年6月29日 (火) 21時16分

ホッホッホ
最後はハゴトコさんも仕事したんですね
次は無免許でOKの船外機付けませんか?
それよりはハゴトコさんに泳いで引かせる?(爆

投稿: key | 2010年6月30日 (水) 19時13分

keyさん、どうも船外機が人気高いですね(^_^;
漕ぐのはやみいでしたがハゴトコさんも
いろいろ他に仕事してました。
これだけ暑いと泳いで引っ張るというのも
いいかもしれません、やってみませんか?(笑)

投稿: やみい | 2010年6月30日 (水) 20時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527971/48745872

この記事へのトラックバック一覧です: 秘境といえども甘くない:

« 雷電岬へゴムボート | トップページ | 一番世話の焼けるのは? »