« 家庭菜園も中休み | トップページ | 花火とヒマワリ »

2011年8月 9日 (火)

ブドウの世話と余計もの

さて、本日はいよいよ家庭菜園のメイン、ブドウ作りのご紹介。

まずブドウの木につきものなのはー









2011_0806grape0008











葉っぱ。










2011_0806grape0009










実。怒ってはいけません、ここまでは誰でもご存知でしょう。

ただしさらに続きがありましてー









2011_0806grape0010










脇芽。葉っぱの根元からピンと突っ立っているのがそうです。

この脇芽、それぞれの葉から出てくるのですが放っておくと

どんどん成長して全体がジャングルになってしまいます。











2011_0806grape0012









2011_0806grape0013










さらにこれがどんどん伸びるとかんじんの養分が脇芽にとられて

ブドウの実がおいしくならないので生えるそばからあらいざらい

摘み取らないといけません、ただしこれが何度も生えてくるので

6月から8月の間はヒマさえあれば脇芽とりですsweat01










2011_0806grape0011











さらにこれがいちばんの厄介者、巻きひげ(ツル)です。

もとはといえば葉の変形した物で、枝の先の方に生えてきて

何かにからみついて枝を支えるのですけれどこれもやっぱり

養分を吸い取ってしまうので切り落としてしまいます。すると

枝が風に吹かれて折れたりするので、今度は枝先を棚の

針金に1本1本結わえつけます。そのさい、なるべく枝が

重なり合わないように(日当たりをよくするため)扇状に

枝を広げてやります。これをしないとー










2011_0806grape0014





こうしてただ伸びているうちはいいのですが・・・










2011_0806grape0015











針金にからみつきー











2011_0806grape0016











せっかくなったブドウの房にもからみつきー










2011_0806grape0017











あげくのはてには自分の葉っぱにさえもからみつきます。これを

ほうっておくとしまいにはー











2011_0806grape0018











葉っぱに穴をうがって見るもむざんな有様にcoldsweats02

なのでこれも片っ端からとりますが、これまた枝が伸びる間は

次々とはえてくるのできりがありません。以前のこと、姉が

手伝いをしていたときにあまりにも至る所に脇芽が伸びていて

夢にまで出てくるといって笑い話にしていましたが今年は一人で

世話していると、この巻きひげがだんだん凶悪に見えてきて

そのうち悪夢にうなされそうですbearing










さて、明日からはまたまたこの脇芽・巻きひげとりの続きです。

さらに「枝止め」という作業もあるのですがそれは次の機会に。



にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 「きりがないね」と思ったら何とぞポチッと。
にほんブログ村

|

« 家庭菜園も中休み | トップページ | 花火とヒマワリ »

ブドウの育て方」カテゴリの記事

コメント

何もしなかったから、実家のブドウは見るも無残な状態だったのですね
でも、読んでるとブドウ一房にもありがたみを感じますね

投稿: John.John | 2011年8月 9日 (火) 10時26分

JohnJohnさん、初めて全部自分でやると
大変さが身に染みます、
もっと少なければいいのですけれど…
それでも今月中には何とか一段落の予定
(希望)です(^^)

投稿: やみい | 2011年8月 9日 (火) 11時15分

ひょえ~
こんなにもブドウ作りが大変だなんて・・・
脇芽に巻きひげ、簡単に駆除出来れば楽なんでしょうが、それだけ収穫にありがたみを感じれますね
今年も家族揃って、秋のブドウ狩りに行く時は、
農家様に、感謝・感謝・感謝して頂きます

投稿: はるき | 2011年8月 9日 (火) 12時35分

蔓が伸びたら、来年また葡萄がいっぱい生ると思っていました。
増やせばいいってもんじゃないんですね。
脇芽を取るのもたいへんですね。
応援☆

投稿: ブルー・ブルー | 2011年8月 9日 (火) 14時12分

なるへそ…葡萄って手間隙掛けて作ってるんだね~(他の農作物もそうだろうけど…)
それがワインになるには更に苦労しないといけないんだよね…(いつの間にかアルコールの話しに)
しかし…家庭菜園の横では…海水浴場の客で大賑わいじゃない?

投稿: 釣りキチぺーぺー | 2011年8月 9日 (火) 22時12分

はるきさん、ホントに今年までは
ここまで大変とは思いませんでした。
慣れればもっと手際よくなるのでしょうが
まったく農家の方には頭が下がります(^^)

投稿: やみい | 2011年8月 9日 (火) 23時17分

ブルー・ブルーさん、野菜も果樹も
なにかといろいろ難しいですけれど、
手間隙がかかるのは間違いなく果樹ですね。
しっかり世話をしないとしまいには
枯れてしまったり…
まだまだ勉強が必要ですねf^_^;

投稿: やみい | 2011年8月 9日 (火) 23時26分

ぺーぺーさん、機会があればワイン作りも
やってみたいとは思いますがまずは
ブドウがちゃんとできないと(笑)
さっきまで海岸の花火がなかなか見事でした。

投稿: やみい | 2011年8月 9日 (火) 23時31分

こんにちは

ご苦労様です、
この手間が甘いぶどうになるんですね。

カラスも知ってたんだ(ノ∀`) アチャー

投稿: マルコポーロ | 2011年8月10日 (水) 11時10分

マルコさん、ここさえしのげばあとは
いよいよ本格的な収穫シーズンです。
それにしてもブドウ、なんでこんなに
脇芽だらけなんだろう(-.-;)

投稿: やみい | 2011年8月10日 (水) 20時18分

葡萄の蔓にも一分の魂ですね
必死に生きようとする姿なんでしょうね
美しい!
しかし切られるのも又、運命
悲しいなぁー
・・・え?何にも無いっすよ(笑
ただ運命なんだなって

投稿: key | 2011年8月10日 (水) 22時13分

keyさん、とはいえ蔓ももとをただすと
葉っぱですからこれって植物版共食い
みたいな気がします。
そのままにしておいてもいいのですが
とんでもない状態になってしまうし(笑)

投稿: やみい | 2011年8月11日 (木) 00時53分

けっこう手間が掛かるんだー

今度手伝いに行こうか?

トウキビの収穫時期に(爆)

投稿: ヒロボー | 2011年8月15日 (月) 08時51分

ヒロボーさん、トウキビというと
今度の週末あたり第一陣がとれそうです。
今のところカラスも来ないし(爆)

投稿: やみい | 2011年8月15日 (月) 23時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527971/52428856

この記事へのトラックバック一覧です: ブドウの世話と余計もの:

« 家庭菜園も中休み | トップページ | 花火とヒマワリ »