« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月23日 (土)

ゴマメの取り越し苦労

冬の間のアルバイトもそろそろ2/3を消化いたしました。

先日昼休みで一服しているところに職場の所長が登場です。









「やみいさん、今年は雪解けが遅そうだけどバイトはいつまで

できます?」

「ええ、これならGW明けくらいまでは大丈夫かと」

「それから来年もお願いしていいのかな?」

「あ、こちらからお願いします」








めでたく来冬の就職も決定ですnote

もっとも話によるとゆくゆくは通年での採用も視野にあるとかで

それはそれでありがたいのですが、ここにきてちょっと待てと

いう気がしてきましたthink

正直このブログの柄ではないのですが巷では今、TPPとか

いうもので賛否両論やかましい状態です。









まあそんなに詳しいわけではないし難しいこともわかりませんが

ただひとつ確実なのはこれが現実になった暁には九分九厘、

「北海道の、ひいては日本の農業が衰退する」

ということです。

先日の新聞にもありましたがただでさえ日本の食糧自給率は

4割そこそこなのにそれがさらに低下してしまうといいます。

お米はもちろん、小麦・ジャガイモ・砂糖に牛肉豚肉鶏肉も、

はては魚からコンブにいたるまでほとんどアウト。









推進する側は「日本の農業を守る」だの「強い農業で輸出を

増やす」などといっているみたいですが、裏返すとそれは現在

日本の農業には保護が必要であり、何を輸出するのかというと

生産規模で比較にならない外国産の農産物に価格では太刀打ち

できない以上、付加価値の高い高級食材を増やすのでしょう。

ただしそれでは生き残れるのはほんの一部の農家で大部分の

我々が普段お世話になっている一般の農家の大半は廃業です。









いくら足りない食料は輸入するといっても近い将来、世界的に

食糧不足が予想されるというのにこれではあまりに不安です。

一応農家のまねごとを3年やった経験からいうと、畑というのは

いったん荒れてしまったら明日から野菜を作ろうと思っても

そうそう簡単にはまいりません。もうかなり前のことですが

不作による米不足で大変な年がありましたー下手をすると

10年後はあれが当たり前になったりしてshock

だいたいほとんど輸入に頼るとなると石油と同じで市場次第、

価格が倍になっても文句は言えないわけで、高いからといって

買わないわけにもいきません。









こう考えると将来的に普段食べるのは外米に遺伝子操作された

農産物、野菜はあらかた中国産のうえ牛乳はすべて輸入LLー

オマケに気がつけば昨今はやりの道産○○を使ったおいしい○○

なんていうのは高級品になって我々には手の届かない存在に。

たとえばの話、アスパラだって鮮度が命なのにはるばるメキシコ

あたりから空輸される代物オンリー(これは今時期だと現実の

話ですが正直ただでも買う気がおきません)、豆腐や納豆・味噌

醤油に日本酒だってどうなるかわかったもんじゃありません。









さらに畜産がダメになると有機栽培に欠かせない鶏フンや堆肥

といった肥料のたぐいも国内では供給されなくなってしまいます。

ようやく野菜の自給率が半分くらいになった家庭菜園も大ピンチ。

ブドウは自給率300%といってもあれでは主食にならないしー

やたらと悲観的なことばかりですが、単に農業だけでもこれだけ

不安材料があるのにTPPに賛成の人々はそこまでいったい

ちゃんと考えているのでしょうか、どうも心もとない気がします。









で、文頭の「ちょっと待て」ですが、しばらくは季節アルバイト

のままでことの成り行きを見ていようかというのが心境です、

もちろん必ずそうなるわけではありませんがせめて当分は

野菜自給率50%をキープしていたほうが安心かもthink











にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 「これは深刻」と思ったら何とぞポチッと。
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年3月20日 (水)

相も変わらずの雪景色

先日雪かきをしていた時のことですが、通りがかりの子供の話が

耳に入って来ました。

「ねえ、三寒四温って知ってる?気温が3度以下だと寒く感じる

けど4℃を越えると暖かく感じるんだって。今日は5度だから

あったかいよね♪」「へーえ、○○ちゃん物知りー」










違うってsweat02 一体どこで習ったのやら。よっぽど呼び止めようかと

思いましたが、不審者と間違われては困るのでそのままに。

まあそれはご愛敬ですが、確かにこのところ気温も日毎に上向き

ことのほか多かった真冬日もどうやら明日で最後となりそうです。










317_001








317_002








先日の日曜日には2ヶ月ぶりで家庭菜園に行って来ましたrvcar

毎年のこととはいえ、今年の雪の量はやはりすごいものがー

カンジキのおかげで歩き回るのは楽々でしたが、ごらんの通り

小屋の窓も戸口も見事に雪に埋もれています。ウッドデッキに

回ってみると。










317_004









このウッドデッキの高さが約1メートルくらいなので現在の

積雪は約1メートル30センチというところでしょうか、

もちろんもっと少ないところもありますがやはり昨年よりも

多めみたいですね。ただし自作の雪囲いのおかげで窓の方は

何事もありません、よしよし。










317_003








317_005










しかしこのまま帰ったのでは何をしに来たのか分かりません。

持参のスコップで物置の入り口の雪をどけ、冬の間たまっていた

割り箸や紙屑のたぐいを片っ端から燃やしてはその灰を畑に

撒いていきます。










317_006








317_007










こうしておけば天気が続くと雪の融けかたがぐんと早まります。

あいにく今日明日はまた雪なので今度の日曜にでも再度

灰撒きに行かねばー

というわけで釣りの方はもう少しお預けです、もう4月も間近

だというのにストレスがー(笑)







にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 「ホントに融けるの?」と思ったら何とぞポチッと。
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年3月13日 (水)

天災は忘れた頃に

やってくると申しますが、母屋のスガモリと雪下ろしでの

ギックリ腰の記憶もまだ新たな先週末のことです。

オークションで売れた品物を発送すべく、やみい’sルームへ

まいりますとー

べちゃ。

床がびしょ濡れです、なんだこれはcoldsweats02









原因はすぐにわかりました、買った当初から美観をそこねていた

天井の雨漏り跡から水がポタポタと落ちています、まぎれもなく

スガモリ。買った時に「天井は修理済みです」と言われ事実、

雨降り程度では何事もなかったのですが雪がつもりその重みで

発生したのでしょうか。









Melt_003


Melt_001









とにかくそのままにしておけないので洗面器やバケツを動員して

水を受け、ビニールと新聞紙をしいて急場をしのぎます。幸い

売り主に連絡したところ、週明けに人をよこしてはくれましたが

見るには見たものの「これは雪の積もりすぎですね」ですとsweat02







そんなことを言われても1月に一度、雪を下ろして積もっていた

のは3~40センチだし、そもそも買うときに『雪下ろしは不要

です』と先方が言っていたはずなのですが、あれはいったい

何だったのでしょう。とにかく放っておくと天井のスガモリが

どんどん拡大しそうなのでまたもや屋根に上がって雪下ろし。

さいわい腰痛は再発しませんでしたが、半月のあいだに二度も

スガモリに見舞われるとは、なんだか今年も水難の予感が-









にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「やっぱりお祓い」と思ったら何とぞポチッと。
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年3月 5日 (火)

さんざんな1週間

早いものであっという間に3月も2週目に突入していますが、

ということは冬季限定のアルバイトも半分を消化いたしました。

あと一月もするといよいよ家庭菜園に融雪剤がわりの灰を

まいたりと春に向けての準備が始まります。

4月半ばにはブドウの木の移植がありますし、5月になれば

バイトも終了、本格的な畑仕事の始まりー

のはずでしたが、ここにきて雲行きが怪しくなってきました。

予報では3月になっても大雪の恐れアリなどといっているし、

そもそもこう寒いままでは雪がとけません。なんとかはやく

暖かくなって欲しいものですがどうなりますかthink











それはさておき、先日ひょんなことから我が家の屋根にスガモリが

発生していることが判明しました。そのまま放っておくと天井が

浸水して崩落しかねないということで一大事。早速雪下ろしをと

ベランダから屋根へー

と思ったら雪の重みで窓が開きませんcoldsweats02 別な窓からなんとか

出ることはできましたが、問題の場所に行ってみるとゆうに

1メートル以上も雪が積もっています。




Snow_004









とりあえず屋根の上で雪かきをはじめますがカチカチに固まった

雪の重いこと、ちょっとやそっとではらちがあきません。










Snow_002









1時間かかって玄関前におろした(落とした)雪を片づけるのに

さらに2時間かかります。結局次の日が土曜日だったので

近くに住むイトコにSOS。

土曜日の夜、ふたりでせっせと雪を下ろしては運びますが

4時間かかってようやく半分ですsweat01

仕方ないので翌日残りの雪をまるまる半日かかって下ろし

ましたが当然玄関前は通行不能。










Snow_005 gawk









またまた応援に来てくれたイトコと雪運びー結局3日がかりで

屋根の雪は片づいたものの、おかげで記憶にないほどの

筋肉痛です。しかも翌日からの仕事でそれをかばううちに

今度は激烈なぎっくり腰を誘発ー

結局先週は半ば身体障害者と化して寝返りもままならず、

ついに昨日は仕事を初欠勤shock









ようやく回復はしたのですがその間、ネットの通信の切り替えの

手続きに不備があり数日間ブログが見られなくなるトラブルも。

さんざんな1週間でしたがなんとかこのへんで災い転じてー

といきたいものです、やれやれ。








にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 「お祓いしたら?」と思ったら何とぞポチッと。
にほんブログ村

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »