« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月29日 (金)

家庭菜園の仕事納め

さて、本日はいよいよブドウの後かたづけ。まあ収穫のすんだ

ところから肥料をやったり剪定したりしてはいたのですがー









1125_001









Farm_008









まずはカラスよけのネットを外し、その後枝にぶらさがっている

ブドウを残らず収穫します。黒(キャンベル)はそんなでも

ないのですが、緑(ナイアガラ)のほうは雪がやたらと早く

降ったせいか、房によっては茶色になって傷みかかった粒が

けっこうあります。もっとも黒は変色してもわからないという

話もありますけどcoldsweats01

来年は雪が降りそうになったらブドウの房に紙袋をかけると

いうのも試したらいいかもしれませんね、もしくは木全体に

ビニールをかぶせるとか。

※今年のブドウの収穫高:累計420キロで終了!











1125_005










というわけで枝だけになったところで枝を片っ端から剪定します。

姪のところは全部終わっても枝は一抱えとありませんでしたが

絶対量が桁違いなのでこの通り。










1125_004










ちなみに向こうに見える堆肥入れ、高さも横もほぼ1m。

しかもこのあと、こちらも不要な枝をかなり整理したので

さらに枝が積み上がりました、来春燃やすのが大変です。

最後の仕上げは枝おろしです。太い枝を長く伸ばしている

木を棚から外すわけですが、これって結局雪の重みで

枝が折れるのを防ぐというより棚の柱が傾いたり針金が

切れたりしないようにという意味合いのようですね。










1125_007










かくして無事作業も終わり、あとは物置に一輪車をしまったり

家の中を片づけ、水落とし、残った食料を持ち帰りetc。

秋に貯まった堆肥も積み替え、さらに家のコンポストから

運んできた堆肥の材料も全て堆肥入れに。ついでに魚屋で

買い出しした魚のアラもごみ燃やしついでに煮て入れます。

これであとは来年の2月くらいに窓の雪囲いに来るくらいで

しばらくのさようならーのはずでしたが。


















つい数日前、ジャンボさんから電話があり、何かと思ったら

「やみいさん、また魚のアラが貯まってきましたよ」

「・・・coldsweats01

どうも年内にもう1回行くことになりそうです、ちゃんちゃん。







にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 「雪に埋めとけば」と思ったら何とぞポチッと。
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年11月27日 (水)

姪’s ファームの仕事納め

先週のことですが、姪のうちのブドウを剪定してきました。

ここの家は姪夫婦が引っ越すまでしばらく空き家だったようで

そのためブドウもいらない枝を伸ばし放題にしていたのですが

剪定ついでにそうした枝もバチバチ整理してしまいますhairsalon









Iwa_001










遠くて今ひとつわかりずらいですが柱を4本立ててそれに針金を

渡し、両端にはクイを打って柱が真ん中に曲がらないように

引っ張っています。ただしこれでは正直ブドウが枝を伸ばすと

窮屈なので来年はできれば右側に太い柱をもう1本追加して

やらないとなりません。










Iwa_002











さらにこのクイですが、柱の真ん中くらいにゆわえたら柱自体が

細いせいもあって曲がりかけているので来年は柱の上の方も

クイにゆわえないといけないようです。









Iwa_005










近寄ってもやはりわかりずらいですがとにかく剪定を完了、

来年からは枝も減って世話がしやすそうです。畑のほうも

枝豆やトウモロコシを鋤き込んだし、1回たがやしたので

粘土質の固い地面が少しはおこしやすくなりますね。










Iwa_004










今年は50平米ほどのスペースに大根・ニンジン・ジャガイモ・

枝豆とトウモロコシを植えたのですが、根菜類は掘るのが

大変だし、ニンジンなどはこの時期になって何本か雨続きで

腐ってダメになってしまいました。そのため来年は枝豆と

トウモロコシを主体にあと周りにヒマワリを植える予定です。

そうすると全て緑肥として鋤きこめるので土質の改良にも

役立ちますし、あと肥料はバーク堆肥をやることとー

1にも2にも草取りかな(笑)

さて、次回はいよいよ我が家庭菜園のほうも仕事納めとなる

・・・

予定です、いやいや半年間長かったsweat01






にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 「ホントにわからん」と思ったら何とぞポチッと。
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年11月26日 (火)

久々の日本海は不発

1126_001_2









この週末も家庭菜園に泊まり込みでしたがさすがに寒いこと、

朝起きると写真でもわかるようにウッドデッキの手すりに霜が

うっすらおりており、バケツの水は表面が凍結していました。










1125_002









だからというわけではありませんが、まずはブルーベリーの

雪囲いを片づけます。ブルーベリーは本来寒さに強いので

囲う必要はないのですが、見ての通り煙突の真下に植えて

あるため、冬の間煙突を付け外しするときどうしても踏んづけて

しまいます。おかげでいつまでたっても地面にべったりなので

今年からはがっちり保護してやります。











1125_003










支柱の上から麻ムシロでぐるぐるまきにして、風でめくれたり

しないように裾もしっかり結びます。これで一安心ですねwink

さて、この日は日曜で天気も良かったため、久々に日本海へ

出撃してみることにしましたrvcar









例年この時期、裏積丹では夜釣りでソウハチカレイが釣れるので

それを期待して兜千畳敷へー

来てみたらなんと、岩場はイカをねらう釣り人で超満員down

もっとも釣れている様子は全然ないのですが、この状態では

とても入れる余地がありません。端の方にいた投げ釣りの先客に

模様を訊くと、夕方からの3時間ほどでホッケが3匹とカレイの

小さいのが2匹(しかもソウハチにあらず)だそうです。











仕方ないのでせっかく来たのだからと千畳敷の基部左側で

竿を出してみますがアタリはさっぱり。ときどき小さいアタリは

ありますが、エサがなくなるのみで針がかりしません。

どうやら先ほどの人が明るいうちにやたら針を取られたという

フグの仕業みたいです。潮止まりの9時近くまで粘りましたが

どうやらソウハチの到来はまだのようです、残念でしたsad









にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「やっぱりカジカ」と思ったら何とぞポチッと。
にほんブログ村

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2013年11月25日 (月)

収穫の秋も大詰め

ようやくのことで家庭菜園も終わりが見えてきましたwobbly

ダイコン・ニンジンも収穫を済ませ冬中食いつなぐのに充分な

量を確保しましたがニンジンは豊作すぎてとりきれず、一部は

来春まで畑に植わりっぱなしとなりました。









Farm_006











一方長ネギは天気のいい日に残らず掘りあげて風干しします。










Farm_009









Farm_011











去年は種まきが厚すぎて細いネギが多かったのですが、今年は

植えるスペースを5割増しにしたところ、ほとんどがスーパーで

売られているのと変わりない太さになりました。これなら春まで

充分保存がききますhappy01

せんだっての大雪の時は今年も長ネギと添い寝するのかと

心配しましたが一安心(去年は根雪になってから収穫したため

乾燥させるため一晩長ネギに囲まれて寝る羽目になった)










Farm_003










その合間には来年に向けてヒマワリとマリーゴールドの種を

とって乾燥させます。スペースがあるだけ蒔いてしまうので

とても種を毎年買ってはいられません。










Farm_010











さて、それではいよいよ次回はブドウの後かたづけですね。









にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 「長ネギとれすぎ」と思ったら何とぞポチッと。
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年11月21日 (木)

2年ぶりの食材ゲット

116_001









毎年のことですが今年もせっせとブドウに肥料をやっております。

ブドウの根元の周囲に溝を掘っては枯れ葉と鶏フン、自家製の

堆肥をどっさり入れては埋め戻し。さらにそれと平行して

枝の剪定も。









116_003










右側が剪定まえ、左側が剪定後です。剪定前はまだ枯れた

葉っぱもついていますが、剪定と一緒に葉っぱも全部取って

しまうので見違えるようになります。











116_005 ビフォー










116_004 アフター










116_006











かくして中央の棚は剪定を完了しましたが、肥料はまだ途中だし

周囲の垣根にはブドウもぶらさがっています。タイムリミットも

間近だし、急げやいそげsweat01










しかしこれだけではつまらないので仕事の合間に車でひとっ走り、

余市の魚屋さんに行ってみましたrvcar この時期はソイやヒラメ

といったお魚が俄然おいしくなるのですがこの日の目当ては別。

(そういえばはるきさん、先週はヒラメご馳走様でしたnote

お店に着くとこの日はいつにもまして色々な魚がどっさり、

発泡スチロールの箱に入って並べられています。ソイ・ガヤ・

イカ・ホッケ・ヒラメ・カニ・カワハギ・フクラギetc。うーん、

今年もないかなあと思ったらー













箱売りの横で巨大なカレイを発見、「余市産マツカワカレイ

6千円」の札がついていますeye 最近は日本海でもとれるように

なったのでしょうか。それにしても60センチはあるとはいえ、

この値段にはちょっと手が出ません。そもそもこれが目当て

ではないしと思っていたらおっと、その隣にー









メダイ発見!

だいたいこの時期限定で売られているお魚ですが札幌では

いまだかつて一度もお目にかかったことがございません。

ここでのみ、たまに売っているのですが去年はあまり入荷

しなかったようでとうとう一度も出くわしませんでした。










Farm_013










ぱっと見にはあまりおいしそうには見えないのですがこれが

刺身にしたら天下一品、ついでに潮汁もバツグンです。

実はいまさっき食べたばかりだったりしてhappy01 さて明日は

この前釣ってきたカジカの味噌汁かな。







にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 「見た目がねえ」と思ったら何とぞポチッと。
にほんブログ村

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年11月20日 (水)

うらやましすぎる50オーバー

先の日曜日、いつもコメントや情報を下さるカズさんから

メールが届きましたmailto いつも船渡しで大物を釣っている

カズさん、今回は究極の船渡しともいうべき奥尻遠征で

なんと52+51センチのカジカを釣られたとか。

カジカはふたりで約20本、その他にも30オーバーの

ハチガラなんかも釣れてうらやましいの一言につきます。

写真も送られてきましたが両手に50オーバーをぶらさげ

なんとも重そうです。










いっぽう先日釣り会でご一緒したボナさんは2週連続の

噴火湾で先日を上回る大漁、見事に優勝されたそうで

これは負けてはいられないといいたいところですが、

12月からはバイトが始まってしまうのでそうなるとなかなか

釣りにも行けそうにありません。今月も残すところ10日、

果たしてあと何回チャンスがありますことかthink









ちなみに今日も家庭菜園でブドウの柱を取り替えたり肥料やりを

してきましたが、ついでにブドウもいくらか収穫してきました。

雪にあたって粒が茶色くなったりもしておりますが甘さのほうは

折り紙付き。この週末にはいよいよ採り入れも完了ですかね。









Grape_004











※ここまでブドウの収穫:累計410キロ











にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「まだあるの」と思ったら何とぞポチッと。
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年11月19日 (火)

釣り会恐るべし

先週アップしたとおり、ようやく念願かなって釣り会デビュー

したわけですがその感想を少々。









1.頭の下がる研究熱心

お医者さんの集まりというのもあるのかもしれませんけれど

とにかく仕掛け、エサ、装備とどれをとってもみなさんあれこれ

工夫を凝らし、勉強されています。好きこそものの上手なれ

とはいえ、ぜんぜんこちらの足元にも寄れないレベルです。









2.怒濤の物量攻撃

以前釣り場で隣り合った釣り会の人がバッカンに一杯コマセを

持ってきているのを見てびっくりしましたが別にこれは珍しい

例ではなく、今回ご一緒したボナさんも実にイカゴロ100本を

持参されたとかcoldsweats02 用意しているエサの種類もさまざまだし、

スタートラインでおいていかれているようなー










3.歩く釣り場ガイドブック

行き帰りのバスの中、寝ていないときはやはり釣り場の話題が

ほとんどなのですが、「あそこの釣り場は満潮ならいいけど

干潮ならこっちの水産加工場のうらがetc」地名を言われた

だけでは日本海か太平洋なのか見当もつかないような場所も

皆さん微に入り細に入り詳しいこと、やはりああでなくては

釣りバスを下りてから迷子になりかねません。










4.年は取っても体力勝負

釣り会というと近年はだいたい平均年齢もかなり高いのですが

見かけにだまされてはいけません。大荷物を抱えて夜通し

あちこち釣り歩くこと数万歩sweat01 それで今回の最年長の方は

90代というのだから恐れ入ります、なんであんなにお元気

なのだろうか。






5.見習うべきはマナーの良さ

すべての釣り会がそうなのかはわかりませんがゴミを捨てない

なんていうのは当然、我々も含めて釣り場に不案内な人には

会員がガイドを兼ねて同行したりするあたり、競争あるのみ

という釣り会のイメージが一変してしまいました。








もちろん釣り会によってはあくまで釣果にこだわるような

ところもあるのでしょうけれど、我々が普段やっている釣りとは

ぜんぜん違っていて刺激になるし、来年ももし機会があれば

リベンジをかねて参加したいものですねconfident








にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「大変そう」と思ったら何とぞポチッと。
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年11月18日 (月)

カジカはどこへいった

ことしももうすぐ、12月にはいると昨冬したのと同じバイトが

始まります。家庭菜園もまだ片づいていないので本来なら

それどころではないのですがー










なかなか釣りに行く機会のないカジカ釣り師、○山氏からの

リクエストによりまたもや太平洋に出撃ですrvcar 天気はまあ

いいようですが、波の方が予報によってナギだったり他では

2mとなんだかよくわかりません。まあ行けばなんとかなると

札幌を出発です。










○山氏はカジカといえば大狩部と相場が決まっているので

迷うことなく直行すると日曜の夜とあって当然貸しきりです。

さっそくいつものポイントまで15分、歩いていきましたが

海の様子がやはりいまひとつです。潮が下げ止まった直後で

海が浅いのはいいとして、一定の間隔を置いて大きなウネリが

うち寄せてきます。つまり1分ごとにナギと波2mが繰り返す

わけで予報はどちらもあたっていますがどうしたものかcoldsweats01










竿を出して2時間あまりたっても魚はさっぱり、やたらと糸が

からまるだけでエサもそのまま帰ってきます。潮はだんだん

上がってきますがこのままでは久々の○ボ?

と思っていたらようやく小さなアタリがあってなにかついている

ようですがー










1118









うむむ、25センチほどのカジカとドンコがセットであがって

まいりました。そういえば去年も大狩部ではカジカの型が

良くなかったような記憶があります。どうもこれ以上粘っても

あまり期待できそうもない気がしてきました。

そこで急遽前回好調だった節婦へ移動することにしましたが

大狩部好きの○山氏はそのままここでがんばるというので

二手に分かれます。










というわけで移動してきましたが波の状態はいくらかましな

ものの、ここでも魚の気配があまり感じられません。エサの

カツオもそのままだし、いくらコマセとイカゴロをばらまいても

さっぱり音沙汰ナシsweat02










それでもそろそろ明るくなる5時過ぎ、ようやく30オーバーの

カジカが一匹釣れましたが結局それだけでおしまいです。

○山氏のほうも小さいのだけでエサ切れとなったそうで

彼の2年ぶりのカジカ釣りは不発に終わってしまいました。

まあいつでも釣れると限らないのが釣りとはいえ、ちょっと

残念な結果ですね。





にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「そろそろ運も種切れ?」と思ったら何とぞポチッと。
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年11月15日 (金)

太平洋はカジカ岸寄り中

ようやく雪が融けて11月に戻ってきましたが家庭菜園のほうは

まだ雪が融けきらないので△藤君と日高へ行って来ましたrvcar

タイヤ交換がまだだというので夕方彼の会社まで迎えに行き、

それから自宅のある岩見沢へ。そして荷物を積み込み今度は

一路日高まで走ること2時間です。









平日とあって釣り人の姿もほとんどなく釣り場は選び放題ですが

ここは彼がまだ入ったことのない節婦海岸に決定です。風は

多少吹いていますが海はベタナギ、潮もこれから上げてくるので

なかなか期待できそうですね。さっそくそれぞれ2本ずつ竿を

出しますが、さほど待つこともなくカジカとおぼしきアタリがー










数回アタッたところで頃はよしとあわせてみますが見事にスカ。

そのあと別な竿にもつつくようなアタリが来ますが食いが浅いのか

針がかりしてくれません。それでもコマセをばらまき、イカゴロを

打ち込んでいると待望の手応えが。









1114_002










40センチには足りませんが37、8センチのカジカ鍋サイズ。

さらにそのあと、今度はイカゴロに食いついた41センチを

ゲットですscissors 

一方潮下にはいった△藤君ですが使っているエサがサンマ

オンリーのせいかどうもぱっとしません。おまけに仕掛けを

いくつか根掛かりさせて苦戦しています。それでもなんとか

良型カジカとおぼしきアタリがきましたが、合わせた瞬間に

糸の結びがほどけてしまいまたもやロストsweat02









こんな調子でまあそのうちに彼にも釣れるでしょうとのんびり

構えていましたが食いの浅さは相変わらずでこちらもなかなか

後が続きません。ラインをゆるめにして少しでも食い込みを

良くしようとやっているとようやく久しぶりに魚の手応えが。

しかしこれがなかなか重くて足元までは引っ張ってきたものの

どうにも抜き上げられません。下手をすると30号の竿なのに

ポッキリいってしまいそうです。

結局△藤君が消波ブロックの上から引っ張り上げてみると。












1114_003










40センチと38センチのダブルです。カレイならいざ知らず、

このサイズのカジカWではゴボウ抜きは無理ですねcoldsweats01

このへんから△藤君の方にもカジカが釣れ始めましたが

生サンマとニンニクカツオの差なのか、イカゴロとコマセを

使わなかったのがいけなかったのか型がいまひとつです。









結局潮止まりの2時に終了しましたが釣果は41センチから

36センチのカジカ5本、△藤君はカジカ4本(うち1本は

サイズ不足でリリース)ということでお持ち帰りはどっさり。

写真を見てもわかるとおり、岸よりしたばかりの赤いカジカが

多かったのでこの週末は期待できそうですね。はたして

年内はあと何回釣りに行けますことか。





にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「気が早」と思ったら何とぞポチッと。
にほんブログ村

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2013年11月11日 (月)

ついに釣り会デビューも・・・

日に日に季節も冬めいてまいりましたがそんな中、この週末は

かねてより興味のあった釣り会の大会に参加してきました。

リンクさせていただいているボナさんにこれまで再三、お誘いを

受けていたのですがなかなか都合が合わず、ようやくのこと

今回参加することができました。










1110_001










土曜の夕方6時、札幌を出発したバスは一路今回の目的地、

噴火湾に向けてひた走ります。途中何度もトイレタイムを

とったもののさすがに高速道路、9時半には八雲町に到着

してしまいました。

今回はまったく初めての釣り場ということで、釣り場の選定は

ボナさんにお任せしましたが石倉駅の前でバスを下車します。








海岸はすぐ目の前、あちこちに堰堤や船揚げ場がありますが

べた凪ということもあり海の様子がさっぱりわかりませんwobbly

とりあえず先に釣り人が入っているところを避けて適当な間隔で

ボナさん、ハゴトコさん、やみいの順で竿を出します。まずは

潮の動きをチェックするため電気ウキだけを投げてみましたが

ありゃ、ピクリともウキが動きませんsweat02









どうやらこの時間、潮は全然動いていないようなのでそれではと

あたり一面にコマセをばらまきます。竿を出して2時間あまりは

魚の気配もぜんぜんありませんでしたがー










1110_002










やけに弱々しいアタリで上がってきたのは30センチちょっとの

カジカです。ふだんならリリースするか迷うサイズなのですが

この日は大会、2匹身長+5匹重量という審査システムなので

(ただし20センチ以上)キープしないわけにはまいりません。

とにかく5匹揃えないことには始まらないのでせっせとコマセや

イカゴロを打ち込みますが、干潮どきとあって海も遠浅だし

なかなか思うようにいきません。なにせ長靴でも30mくらいは

簡単に海に入って行けちゃうしー










それでもしばらくしてようやく2匹目のカジカが釣れ、サイズも

微妙にアップしましたがここからが大苦戦の始まりです。

エサや獲物を狙って近所のネコが入れ替わり立ち替わりで

やってくるし、夜明け近くなって心配していた雨が降り出し、

何もかもずぶぬれです。ようやく潮が満ちはじめてきたものの

相変わらず魚の気配はさっぱりだしー









明るくなった頃には土砂降り状態で、もはやこれまでという

感じでしたがさすがホストの大ベテラン、ボナさんはしっかり

5匹を揃えて後かたづけにかかっています。「こちらのほうが

魚がいるから」とすすめられてそちらに移動してみたところ、

ようやくのことでチビアブラコを2匹追加できました。そのあと

5匹目も釣れたのはいいのですがなんと18センチ、これでは

審査対象になりませんdown








9時には迎えのバスが来るので早めに片づけをすませると

国道脇でバスを待ちますが相も変わらずの雨降り、こんなに

駅の屋根をありがたく感じたことはありませんでした。












1110_003









1110_004











バスが来るとあとは全員揃ったところで魚のサイズ計測に検量、

皆さんぱっとしないと言いつつもちゃんと5匹揃えているし、

タカノハや40オーバーのカジカも出てきてさすがの一言。









1110_005








あとは長万部の温泉に直行し、なんとか体も暖まったところで

審査発表をかねての昼食です。露天風呂もよかったし料理も

おいしくいただいて帰りのバスでは夢心地。

成績の方は・・・まア言わぬが花ですねcoldsweats01










1110












にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「さてはどん尻」と思ったら何とぞポチッと。
にほんブログ村

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2013年11月 1日 (金)

畑の片づけも急ピッチ

ブドウも全部収穫したのでブドウ棚の上に張っていた防鳥網を

撤去しました。去年まではあっちにひっかかり、こっちでは

こんがらかりとさんざんな目に遭っていましたが、今年は

張るとき同様、釣り竿をマジックハンド代わりにしてみたら

あっというまに片づきましたwink









111_001










ついでに果菜類のネットも片づけます、すでにキュウリは

片づけてあったしズッキーニも刻んで埋め、トマトは・・・

刻んで燃やしてしまいました。どうもナス科の作物はそのまま

すきこむと病気の原因になるので燃やして灰にしたほうが

いいとは参考書の受け売りです。









ブドウの周りの溝掘りも何とかあと一日で終わりそうだし、

あとはブドウの剪定と肥料やりですが果たしてこれが何日

かかるかわかりません。今月何回釣りに行けるかはそれ次第

なのですがどうなることやらthink








にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 「休日返上」と思ったら何とぞポチッと。
にほんブログ村

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »