« 今年も無人島に挑戦! | トップページ | 6月最後の釣り(ヒトデ拾い) »

2014年6月26日 (木)

船渡しとはいえ甘くない

さて、時刻は午後5時過ぎ。この時間帯の明るさではまだソイは

期待薄です。となればここは投げ竿はしばらく三脚に待機させて

ジグヘッドの出番です。

去年の経験でウキ釣りは潮が速くてまず無理とわかっていたので

用意してきたスピンジョイ275HX-T。ちょっと邪道ですが

これが非常にワームを投げるのにおあつらえ向きです。もっとも

普通なら3.5gとか、もっと軽いジグヘッドがほとんどなので

使いにくいはずなのですが、なにせここの潮の流れの早さは

半端ではありません。それが証拠に10gのジグヘッドでも

いともあっさりラインが横に出ていきます。と思ったらグイッ。









Kamui_003 coldsweats01











一発目で釣れちゃいました、40センチ弱のアブラコです。

さらにそのあとも続々とー気がつくととなりの岩場との間の

幅2mほどの溝がやたらと深くアブラコの巣になっており、

魚がワームを追いかけるのが丸見えです。とりあえず

45センチクラスもキープしてお持ち帰りは確保。










Kamui_005










気がつくとそろそろ日も暮れてきたので今度はいよいよ投げ竿で

ソイ狙いタイムです。荒根のため根掛かり必至ということで

1本針、オモリ15号の仕掛けを足元にボチャン。

すかさずソイの入れ食いが始まりますがー























なぜか小型のオンパレードですsweat02 クロゾイ・マゾイにガヤ、

シマゾイまでことごとく20センチ前後とあってはリリースの

連続、エサが減って行くばかり。おまけに仕掛けも7号の

ハリスと10号の幹糸が切れまくり、道糸(フロロ5号)まで

高切れするというていたらく。

それでもなんとかクロゾイ35センチとマゾイ33センチは

釣れたものの、てきればもう少し大きいのが釣れて欲しい

ところです。

そこでメノコ岩との間の深みに見切りをつけて沖側を攻めますが

こちらはとんでもなく浅く、全然糸が入っていきません。しかし

突然竿先が刺さりこみ、あわせると強烈な手応えがー











さんざん綱引き状態の末、重くてとても抜き上げられないので

低くなったところまで岩場を半周しましたがなんとか手づかみ

にしたのはというと。










Kamui_004










またもやアブラコ、49センチ。ただし帰ってからの計測のため

釣れたときには50センチあったかもしれません。

結局これがMAXで、日付が変わってからは思い出した頃に

小物がポツポツ、うーん、眠くなってきた。








Kamui_007





5時過ぎに迎えの船が来て港に帰還です。この日の釣果、

微妙なところですね。ちなみに右上のマゾイはカズさんからの

おすそわけ、ありがとうございますcoldsweats01











Kamui_008









にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「これがマゾイだったら」と思ったら何とぞポチッと。
にほんブログ村

|

« 今年も無人島に挑戦! | トップページ | 6月最後の釣り(ヒトデ拾い) »

積丹」カテゴリの記事

コメント

アブラコの巣窟ですか~ぁ!(@_@) 40クラスのソイ・ガヤがザックザックじゃなかったのは残念でしたね!(^_^;) アブラコの50は流石に釣り応えがありますね!(^_^)v

投稿: リシャール | 2014年6月27日 (金) 02時07分

アブラコは煮付けに決定♪ あっ!まさか畑の肥料にはしないよね?

投稿: 釣りキチぺーぺー | 2014年6月27日 (金) 12時33分

あの磯はシマゾイ、マゾイの45センチ前後の物は釣れるんですがね~((T_T))
潮の流れかたで釣果が変わってくるポイントなので難しいですが来年こそ神威、リベンジして下さい。

投稿: カズ | 2014年6月27日 (金) 13時12分

リシャールさん、まあ自然相手の釣りですから
こんなこともありますね。
アブラコもこれだけ大きいと竿を立てるのも
容易ではありません、歯もすごかったし(^_^:

投稿: やみい | 2014年6月27日 (金) 21時10分

ペーペーさん、そりゃもちろん煮付けとお刺身です。
潮が早いだけあって身の締まり、脂の乗りも
ばっちりでした。肥やしにいったのはアラだけですが
けっこうたくさんありましたよ(^_^)

投稿: やみい | 2014年6月27日 (金) 21時15分

カズさん、45センチは喉から手が…まあでも
いつも釣れてしまったら釣り堀みたいだし(笑)
またの機会がありますから次回こそは
竿を並べたいですね、ぜひそのうちに(^_^)

投稿: やみい | 2014年6月27日 (金) 21時20分

楽しそうな磯ですな~
でも、一人ぼっちで磯で一夜は寂しすぎです
後ろから肩でも触られたらそのまま海中から浮かばれません

ところでこんなにアブをどのように処理したのですか
ブドウの追肥?

投稿: key | 2014年6月27日 (金) 22時25分

そうそう、keyさん、こんなところに一人でずっといると
人によってはいたたまれないでしようね。
全然苦にはなりませんでしたが(笑)
アブラコは刺し身と煮付け、あとムニエルにも
なるみたいです、我が家ではけっこう人気者で^_^

投稿: やみい | 2014年6月28日 (土) 22時16分

釣果報告! 7月1日午前3:20・自分的に実績のある幌武意漁港にヒラメ狙いで出撃しました。 外海は湖かと思う程の凪でした。外海を見ていると大きな魚が跳ねてますが何なのかは解りませんでしたが、先ずはメタルジグをキャストしてボトムをとってリフト&フォールで誘いをかけると数投目にガツンとルアーをひったくるアタリが、捕獲の手前でいきなり魚が走り始めてドラグが鳴りますがドラグを締め直して海面に獲物が姿を現せてビックリです!(@_@) ヒットのヌシはブリ(ワラサ)でした。 タモ入れ後に計測して見ると64㎝ありました!(^_^)v ヒラメは駄目でしたがブリ(ワラサ)を初Get出来て大満足の釣りでした!(^O^)/

投稿: リシャール | 2014年7月 1日 (火) 21時42分

リシャールさん、64センチのワラサとは
すごいですね、年々ショアジギングで
釣れるようになっているとは聞いて
いましたが・・・さぞたべごたえも
あったでしょう、うらやましい(^_^)

投稿: やみい | 2014年7月 2日 (水) 00時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527971/59877220

この記事へのトラックバック一覧です: 船渡しとはいえ甘くない:

« 今年も無人島に挑戦! | トップページ | 6月最後の釣り(ヒトデ拾い) »