« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月19日 (日)

ようやくツ抜けの噴火湾

そろそろ日本海のマガレイはおしまいのようで
舞台を噴火湾に移してのこの週末。
久々にハゴトコさんとのコラボで虻田まで
やって来ました。ただしあちらは仕事で遅くなるので
一足早く先乗りです。

今回はかねてからの疑問に答えを出すべくー
1.地震の前に魚が釣れないのは実証済みですが
果たして地震の後はどうなのか。

2.大雨のあと(この日の降水量40mm)でも
果たしてカレイは釣れるのか。

3.今年はホントに数釣りできない年なのか。

ということで午後7時、竿を出しますが滑り出しは
さっぱりです。投げとワームの二刀流で臨みますが
投げは音なし、ワームはガヤかなにかにチョコチョコ
つつかれるだけ。おまけに霧雨とはいえ断続的に
降り続き何もかもびしょ濡れです。

9時を回った頃に2人連れの釣り人がやって来て
三脚を四つも置いていきました。明日の朝まで
場所取り?まあ雨も降っているし、仕方がない
気もしますがー
さて二刀流もくたびれてきたので一時小休止
していると向こうの方から鈴の音が。あわてて
竿のところに行ってみると片方の竿が今にも
三脚から落ちそうになっています。上がってきたのは
シマゾイ30センチジャスト、ようやく◯ボ解除です。

しかしそのあとはまたもやヒマな時間が続き、ようやく
ハゴトコさんの登場ーと思ったらハゴトコさん、仕事疲れで
竿をだし終えると車にUターンしちゃいました。
そのまま夜明けとなり、仕掛けとライン、エサを
変更してカレイ釣り体制に。二人組とハゴトコさんも
戻ってきましたが早速アタリが来ています。

リールを巻き巻き、久しぶりのマガレイゲットです。
このあとも順調にマガレイを釣り上げ、時には
ダブルで、しかもこの日のハイライトはー

Image


38センチと30センチのダブルです。去年までなら
大騒ぎなのですが今年はそんなこともなく、おまけに
タモも入れずにごぼう抜きしてしまいました(実は
防波堤が高くて小さく見えていたとも言うー笑)


その後もボチボチマガレイ、ソウハチ、砂ガレイと
釣り上げ、気がつけばそろそろ潮止まり。どうやら
目標のツ抜けも達成したので納竿です。噴火湾の
カレイもだいぶ産卵を終えているようですが
あと一回くらいはカレイ釣りに行けるでしょうか。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2016年6月12日 (日)

春後半戦はただの人

2戦連続してマガレイ40オーバーを釣り上げて
今年はいきなり絶好調と思ったのもつかの間、
二匹目のドジョウを狙った再びのビンノ岬では
しばらく見なかったトドが出現してまさかの
お持ち帰りなし。さらばとそろそろシーズンの
大天狗覆道に行けば今年は沼前でもマガレイの
寄りが遅いということであえなく◯ボ。

これではならじとかねてから竿を出してみたかった
茂津多海岸へ遠征したものの、これ以上ない
コンディションにもかかわらずまたもや◯ボshock
とどめはその帰り、千走漁港での朝まずめー
サメの猛攻とトドの出現にギブアップ。

もしや今年の運は使い果たしてしまったのではと
心配になってきましたがそうそう弱気になっては
いられません。ということでこの週末は近年
恒例となっている神威岬への船渡しに行って
きましたship

天気もいいし、竿さえ出せれはこっちのものと
張り切って戦闘開始、しかし思ったより風が強く
だんだん寒くなってきました。予報では3mですが
いくら岬の先端とはいえどうかすると10m近く
ありそうです。おかげで竿を出す場所も限られるし
加えて潮の流れの早いこと、30号のオモリでも
あっという間に流されます。これではワームも
お呼びではありません。

それでも暗くなる前にかろうじて初アタリ、
いきなりの重さに根掛かりしながらも何とか
抜き上げたのはマゾイ41センチと出だし好調と
思いましたがなぜかそのあとはさっぱり。
あとで聞くとこの日は潮の流れがいつにもまして
早かったこともあり、全体にパッとしなかった
のですがそれにしてもヒマなこと、たまにアタリが
あってもチビガヤとますます寒くなってきました。

まさか今日はマゾイ一匹でおしまい?などとつい
縁起でもないことを考えているとようやくまともな
アタリがきてまたまた根掛かり+綱引きの末に
45センチのメタボクロゾイゲットscissors
しかしそのあとはまたまたヒマな時間が続き、
途中タコに竿を持って行かれそうになったりと
いう出来事もあったのですが結局スカリの中は
ソイ2匹のまま。

あとは何事もなく夜が明けてしまい、アブラコ二匹を
無理やりワームでゲットしたところで終戦です。

Image

まあ型ものをゲットしたので文句は言えませんが
どうも今年は数より型、それもホントに少数という
年のようですね。まあ捌く手間が少なくてそれは
楽なのですが(負け惜しみ)、たまには数釣りも
してみたいものですcoldsweats01

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »