« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月30日 (土)

骨折り損のアスパラ

今日で6月も終わり、一年の折り返しですがどうも

今年は天候不順です。6月というのに4月並みの

冷え込みが続いたり、まるで梅雨のような雨続き

だったりで畑仕事もぜんぜんはかどりません。

おかげで釣りに行くどころではなかったしー











2018_06296300004











それでも寒いのが逆にさいわいしてえんどう豆は

絶好調、食べきれないほど実がなりますが

やはり7月はもうちょっと普通に暑くなってほしい

ものです。といっても寒い日が続いたあとで急に

暑くなられると体がついていかないのですが

作物の成長も例年に比べて半月は遅い感じだし

ぜいたくは言っていられません。











2018_06296300005











で、こちらに山ほど掘ってきたのは雑草ーではなく

アスパラの苗です。あちこちに種を落として生えた

苗を去年まとめて定植したのですがなんということ、

半分以上が雌株でした。

アスパラには雄雌があり、雄株のほうがたくさん

収穫できます。雌株はというと代わりに種をどっさり

つけるのでその始末がえらい手間です。べつに

両方ないと収穫が減ったりはしないので今のうちに

雌株は処分してしまいます。なにか申し訳ない気も

しますがこんなに種を落とされてはあたり一面、

アスパラだらけになってしまうのでいたしかた

ありません。












2018_06296300007












さらには現在、一番大変なのがこちら。5月の連休に

ジャンボさんに頼んで持ってきてもらったのですが

目下ヒマさえあればこれにかかりきりです。

いったい何に使うのかといいますとー













2018_06296300006











こんな感じcoldsweats01









にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 「なんだこりゃ」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月23日 (土)

そろそろ春.シーズン終了?

先週からこちら、家庭菜園ではひたすらブドウに

かかりきりです。まもなく開花とあって多すぎる房を

落としたり、大きすぎて熟しないような房もやっぱり

切り縮め、余分な枝も落として仕上げは脇芽と

巻きひげを落として枝を針金に結びつけ。










仕事がそればかりだと飽きてくるので合間には

枝豆の種まきをしたり長ネギの植え付けなんかも

やっておりますが中にはこんなものも。









2018_06186170005












せんだって姪のところにブドウの柱直しに行ったとき

もらってきたジャガイモです。食べるのを忘れていたら

芽を出しまくってこんなになってしまったそうでー

このままではとてもこのお化けもやし状態の芽が

成長するとは思えないので一回芽を取ってから

何個か植えてみましたが、今のところぜんぜん

生えてくる様子がありません。もうしばらく様子を

みてダメなら掘り返して堆肥行きですね。












2018_06186170021











こちらは畑の一番奥に生えていたのを数年前に

除草剤で立ち枯らした桑の木です。ようやく

地面から抜けたのでこれもぶった切って薪に。

はたしてちゃんと燃えてくれるやら。









そんなこんなで畑もようやく一段落つきそうだし

そろそろまたどこか釣りにー

しかしこの時期いったいどこに行けばいいのやら

考えてしまいますなthink




にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 「コヤシ釣り」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年6月22日 (金)

神威岬-12時間耐久戦後編

さて、幸先よくマゾイとシマゾイをダブルゲットして

始まった夜ですが、この日はいきなり時合いに

ぶつかったのかまたまた大きなアタリが。

またこれが重いのなんの、久しぶりに大物の

手ごたえを満喫します。獲物はと見ると

40オーバーのマゾイ・・・じゃなくクロゾイ

でした。










まあこのさい贅沢は言わずに針をはずしに

かかっていると頭に何かがゴツン。

なにかと思ったらもう1本の竿の竿尻が

持ち上がってシーソー状態です。あわてて

竿をつかむとこれまたズッシリ。










こちらは先ほどとほぼ同じサイズのシマゾイ

でしたが小一時間でソイ4匹ゲット、すでに

お疲れモードに入ってしまいましたsweat01

魚はスカリにいれて海にうかべていましたが

ここ神威岬でははじめて来たときにロープが

切れてスカリをなくしているし、最近も瀬棚で

同じような光景を見ているので安全第一、

近くのエンカマにスカリを移します。











ところでカズさんはというと、こちらも順調に

釣果を伸ばしていましたがたまたまこちらに

きていたときに竿が1本逆立ち状態に。

あわてて戻るカズさんのあとについていくと

魚に引っ張られた竿はかろうじてリールの

ところで三脚に引っかかっています。魚が

それほど大きくなかったので大事には

いたりませんでしたが、ひとつ間違えば

三脚と他の竿ごと海に持っていかれる

ところでした、くわばらくわばら。











そのあとアタリも一服状態になったので

夜食タイムーとおもったらこころなしか

波が高くなり、時々三脚が洗われるように

なってきました。予報では一晩中、波高は

1mになっていたのでおかしいなと思って

いたら突然風向きが変わり、あっというまに

向かい風が吹きまくりますtyphoon










まあ風向きの変化するのは覚悟していたので

即座に移動することにして、風裏になる島の

反対側にーそんなこともあろうかとあらかじめ

下見しておいたので釣り座もすぐに決定です。










こちらはあまり水深がないのですが、それでも

あちこち仕掛けを投げて深みを探していると

またまたグイッ。

やけにじたばた走り回ると思ったら案の定、

50近いアブラコです。太くて重さもはんぱなく

抜き上げるのも一苦労。このぶんだと正直

ソイは厳しいかと思ったのですがそのあと

またまた40近いシマゾイが。さらに今度は

また大きなアブラコが竿尻を持ち上げます。












このへんでもうスカリも水没寸前となってしまい

引き上げるのも大変になってきたのでそのあと

釣れた魚はすべてカズさんに。カズさんは

あちこちにおすそ分けするのでどれだけ

持って帰ってもいいらしいのですが、最後に

クーラーを持ったら重いのなんの、船渡しで

なければとても持ち帰れませんねcoldsweats01











2018_06186170013










2018_06186170014












2018_06186170015












かくして夜が明けソイのアタリもなくなったので

カズさんは仮眠していますが、せっかくなので

投げ竿1本を持ってあちこち投げては海の中を

リサーチーといってもいつのまにかまた潮が

流れ始めて25号のオモリではラインが横に

流れていたのであまり詳しくはわかりません

でしたがそれでも小さいながらハチガラや

さらにアブラコもゲット。









それはそうと前半は石をオモリのかわりにしていた

のですが何回目かに巻き上げるとこんな状態に。











2018_06186170012











小さいながらもウニが石にくっついてきました。

海草の茂りかたもはんぱないし、きっとウニも

うじゃうじゃいるのでしょうね。予定の6時より

早いですが迎えの船に乗り込み神威岬を

後にします。










2018_06186170018











それではこの日のお持ち帰り。











2018_06186170019











クロゾイ42センチ、あとは40センチ弱のマゾイと

シマゾイ各2匹、アブラコが49センチ以下3匹。

カズさんにもらっていただいたのも含めると

ようやくのことでツ抜けとなりました。これでも

他の人に比べるとたいしたことないのですが

やっぱりなかなか行けない場所だけのことは

ありますね、疲れたけれど楽しみましたhappy01










にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「おすそ分け希望」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2018年6月20日 (水)

神威岬-12時間耐久戦前編

気がつくと6月もあとわずか、家族旅行に行っていた

とはいえ、そろそろカレイシーズンも終わりです。

考えてみるとこの春は竜ヶ崎の崖下りと瀬棚の

沖堤くらいしか行っていません。いくらなんでも

あと1回くらいはマガレイ釣りにー










と思いつつ、なぜか先週末は神威岬に船渡しで

行ってきました。カズさんが去年は悪天候のため

一度も渡れなかったということで、毎週のように

予約をしては荒天のためにキャンセルの連続

でしたが、土曜の午後になってようやくのことで

ゴーサインが。










2018_06186170006











5時出航の予定が15分前に着くとすでに皆さん

スタンバイしております。急いで着替えをすると

荷物を積み込みいざ出発。












2018_06186170007












この日は総勢6人といつもに比べて小人数です。

しかも3人は灯台下の岩場に下り、一人がほぼ

最先端の岩場に、ということでカズさんと二人で

一番大きな千畳敷(大岩がある島)を貸切です。










2018_06186170008












2018_06186170016













ここでは一昨年、40オーバーのクロゾイとマゾイを

釣っているのでその時と同じ場所に釣り座を

かまえます。まだしばらくは明るいし、まずは

ワームでアブラコでもー

いつも川のように潮が早いので持っている中で

一番重い21gのジグヘッドをキャストしましたが

案に相違してラインはまっすぐ沈みます。

珍しくも潮がほとんど流れていません、これは

釣りやすいかもしれない、ラッキーscissors











と思いきやそのせいかどうか、アタリのほうが

さっぱりです。たまに釣れてもチビガヤだし、

根掛かり連発であっというまにジグヘッドを

何個かロストしてしまいましたbearing

あまりの魚っ気のなさに1時間足らずで

はやくも移動することに。












ここではいつも潮がむちゃ早いので、今回は

対策として40号相当のオモリ(ただの石ころ)

を用意してきたのですが、こんなことなら

もっと軽いのでよかったですね。なにせ

仕掛けを上げるとき、魚がついていなくても

けっこうな重さです。










そろそろ暗くなってきたのでイカゴロとカツオを

エサにそれぞれ1本針仕掛けを投入します。

さて大物ソイは釣れるでしょうかー

と思ったらいきなり竿尻が持ち上がります。

竿をあおるとけっこうな手ごたえですが、

巻いている最中にもう1本の竿のほうも

グイグイ引っ張られていますeye











ほうっておくと竿をもっていかれそうなので

そっちの竿は竿尻を踏みつけてとりあえずは

最初の竿を巻き上げると魚はそのへんに

ほうりだし、もう1本の竿を巻き上げます。

40号のオモリだけでも重いのに、それに

魚の抵抗が加わって重いのなんの、たった

2回巻き上げただけで腕がパンパンです。










魚はと見るといずれも40近いマゾイとシマゾイ

です、まずはよかった。時刻はまだ午後8時を

まわったばかり、これは忙しい夜になりそう

ですが続きはまた明日ということで。










にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「ついに大漁?」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年6月18日 (月)

家族旅行 18 その5

ようやく5泊6日の家族旅行も今回で最後ですが

新幹線で2時間半、駅弁などたべつつ北海道に

もどってくるとこの日は函館観光です。ここでも

姉の友人の家にお邪魔し、ついでに子供のころ

住んでいたあたりを通りましたが当然ながら

当時の雰囲気はまったくナシcoldsweats01










2018_05262018tohoku0146









2018_05262018tohoku0147













さらに五稜郭やらガンガン寺、立待岬と

観光していきますがさすがに一息入れねば

ということでこれもお勧めの喫茶店に。

しかしこれがわかりにくいのなんのー











2018_05262018tohoku0149











たどりついたお店はなんと外人墓地の中にsweat02

眺めは確かにいいのですがちょっとびっくり。













2018_05262018tohoku0148











のんびりティータイムのあとはいよいよ最後の

お宿へrvcar

これまた地元民一押しの宿を目指します。しかし

これがまたけっこうな距離です。おまけに途中、

道を間違えてしまい着いたのは夕暮れ時。












2018_05262018tohoku0150












ここも料理と温泉が売りですが、さすがに連日の

美食にちょっと胃袋もお疲れ気味。さすがに

キンキの唐揚げ尾頭付きにはびっくりしましたが

山盛りのデザートまでは食べきれず、おすすめに

甘えて部屋にお持ち帰りです。ただしこれも

売り物の露天風呂はたいそう好評でしたspa










あけて最終日、この日は札幌に帰るだけー

とは当然いかず、南茅部の道の駅で国宝の

中空土偶の展示をみたり、鹿部では

道内唯一の間欠泉をー










2018_05262018tohoku0151









2018_05262018tohoku0153










2018_05262018tohoku0156










2018_05262018tohoku0158











久々の大沼公園、いつもは素通りですが

この日はゆっくり散策してお昼は名物の

ジュンサイそば。











2018_05262018tohoku0164












2018_05262018tohoku0166











2018_05262018tohoku0167










2018_05262018tohoku0169












この日もお天気に恵まれバックの駒ケ岳も

見事でしたhappy01 さらに途中の道の駅からの

噴火湾の眺めもバッチリ。












2018_05262018tohoku0170












というわけで今年の家族旅行、例によっていささか

駆け足ではありましたが家族4人で満喫して

帰ってまいりました。次回は果たしてどこに

いくことになりますやら。




にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「忙しすぎ」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月15日 (金)

家族旅行 18 その4

さて仙台二日目。この日は平泉まで足を伸ばして

中尊寺の金色堂を見てくる予定です。姉と交代で

レンタカーを運転して東北道をひた走りー











2018_05262018tohoku0117












やってきました中尊寺。しかしこういったところは

どこもたいていそうですが建物内は撮影禁止、

なかなかこれといった写真が撮れません、

お目当ての金色堂も雨風よけの覆堂の中。











2018_05262018tohoku0115










2018_05262018tohoku0116











2018_05262018tohoku0114











まあ一度は見ておきたかった金色堂、ようやく生で

見られたのでよしとして、こんどはすぐそばにある

毛越寺(もうつうじ)へ。ここは浄土庭園が見事だと

いうのでのんびり境内を散策します。










2018_05262018tohoku0119










2018_05262018tohoku0120












2018_05262018tohoku0122












2018_05262018tohoku0124











2018_05262018tohoku0127











途中、好奇心のかたまりの姉が鐘を撞いたりという

場面もありましたが、やはり歴史のある建物や庭園

というのは実際この目で見てこそですね、本でしか

知らなかったところを歩いてしみじみthink














さてさすがに半日ずっと歩いてくたびれたし、

この日は早めに宿へーと思ったら姉が姪に

頼まれた名産のお酒を買うのを思い出して

ふたたび仙台駅前に。目指すお店はすぐそこ

なのですが、車ではなかなか近寄れずに

仙台駅の周りを3周もする羽目にsweat01

高速を走るよりよっぽど疲れました。










なんとか目的を果たすとあとは宿へ一目散。

この日は秋保温泉にて温泉三昧です。ここには

露天はもちろん、立湯(やけに深くて立って入る)

だの打たせ湯などもあって退屈しません。ただし

翌朝もたまには朝湯でゆっくりーとはいかず、

またまた早起きしてこれも名所の秋保大滝に。











2018_05262018tohoku0132













2018_05262018tohoku0144











なにやら道なき道を踏み越えてーという感じで

森の中を歩いていくと彼方のほうから滝音が。












2018_05262018tohoku0143











途中にはこんな看板もありますがさいわい

イノシシに遭遇することもなくー











2018_05262018tohoku0134_2













滝が見えてきましたが滝の近くまで降りていく道の

けわしいこと、最初は一応階段もありますが

それがどんどん急になり、しまいには釣りの岩場

歩きをしているような感じにsweat01 それでも手ぶら

なのが救いですがようやく滝つぼに到達です。











2018_05262018tohoku0133










2018_05262018tohoku0136












2018_05262018tohoku0138











当然そのあと来た道を戻るわけですが、帰りは

上りだしみんな半分グロッギー、ここまで来て

はじめてわかりましたが滝の近くまで道路が

走っていたので約一名が駐車場に戻って

滝まで車で迎えに来ることに。歩くのは釣りで

慣れているとはいえ、朝から大汗でしたsweat02










そんなわけでそのあとふたたび新幹線へ、

北海道での残り一泊は次の最終回で。





にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「結局何泊?」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月12日 (火)

家族旅行 18 その3

先週末からこちら、北海道は急に寒くなり朝晩など

火が恋しい有様。最高気温が12度ではまるで

4月に逆戻りです、時ならぬ気の早い台風のせいで

天気もぱっとしないしー










一昨日はのびのびになっていた姪の家のブドウの

手入れをしてきました。なにせ半年振りに見たら

雪のおかげで柱は傾いているし、張った針金も

切れたりたわんだりで見るも悲惨な有様wobbly

芽かきと結び付けまでやるのに半日かかって

しまいました。

ちょうど幼稚園の運動会で来合わせていた

姉を札幌まで乗せて帰ってきましたが、こちらも

久々に家の周りを見たらなにやら見覚えのある

木が生えていますeye 家庭菜園で散々苦労した

桑の木、まだ細いのですぐ切ってしまいましたが

早く気づいてよかったよかった。










では引き続き旅行3日目です。

奥入瀬といえばその源流は十和田湖、子供の

ころに修学旅行で来たものですがいい機会

なのでひとっ走りすることにしましたrvcar

前日シャトルバスの運転手さんに所要時間を

聞いておいたので余裕を持って出発、細い

山道ですが早朝とあって車も少なく、快適な

ドライブで一時間あまりー

一番手近でおすすめの瞰湖台(かんこだい)

までやってくると天気もよく、最高の眺めです。











2018_05262018tohoku0084









2018_05262018tohoku0085










2018_05262018tohoku0086












2018_05262018tohoku0087












さらに湖畔まで足を伸ばして十和田湖最大の島、

鎧島までやってきましたが、その近くにあるはずの

乙女の像が見つかりませんsweat02 うっかりしたのか

未だもってミステリー。












2018_05262018tohoku0091








これで十和田湖も充分と宿へ戻るとやはり

リンゴが活躍する朝のバイキングをいただき

ふたたび新幹線の乗客に。こんどはものの

一時間で今回2泊する仙台に到着です。

まずはホテルに荷物を預けてまたまた

レンタカーで松島を目指します。残念ながら

このへんで天気が怪しくなり、せっかくの

松島がくすんでしまいましたがまあこれは

仕方ありません。











2018_05262018tohoku0093











遊覧船の出航時間まで、まずは近くの国宝にも

なっている伊達家の菩提寺、瑞厳寺を見学です。

さすがになんとも見事で、ちょっと先年行った

京都のお寺を連想いたしました。

それが終わるといよいよ出航ですship











2018_05262018tohoku0108











2018_05262018tohoku0095











2018_05262018tohoku0098










2018_05262018tohoku0103












これが晴れていれば空も海も青くてもっと絵に

なるのでしょうがまあぜいたくはいえません。

しかししぶきがあがると窓もびしょぬれに、

うっかりするとこんな写真がsweat01











2018_05262018tohoku0097











これじゃなにがなんだかわかりません、おまけに

船が外洋に出るとけっこうなシケ模様。











2018_05262018tohoku0100












まあ時間も短かったので船酔いなんてことには

なりませんでしたが、これにて松島観光も終了、

駆け足過ぎて名所の五大堂も素通りです。












2018_05262018tohoku0109












そんなわけでホテルに戻るとはや夕食どき、

この日は仙台お勧めの居酒屋さん、瑠璃座なる

お店を予約しております。画像はありませんが

何を食べたっけ。あ、レシートがあったー








牛タン定食

カキフライ

甘鯛と豆腐の揚げ出し

殻付き牡蠣

厚切り牛タン炭焼き

牛タンつくね

ホヤ酢

焼き空豆

厚焼き玉子の明石焼き風

二種ダイコンの梅しそサラダ

生そば













とまあ、さすが仙台だけあって牛タンと牡蠣を

はじめとする海の幸のオンパレードです。

お勧めだけあって味のほうも満足、最後には

マン腸串焼きなんて珍品もいただきました

(マンボウの腸、ゴツいホルモン?)。












これであとはホテルに戻ってたまたま仙台に

転勤中の甥に久々の再会の予定なのですが

とその前にー










2018_05262018tohoku0110











呑み助としては仙台ではぜひ訪れたい居酒屋が

何軒かあったのですがそのうちのひとつ、

「炉ばた」。ほろ酔い気分で姉と探し回った末に

たどりつきました。ビルの一階にありますが

店内はレトロのひとこと、なんでも創業は昭和

25年、女将は4代目とか (かなり酔っていた

のでいまいち自信ナシcoldsweats01)。





ここでは瑠璃座で一杯しか飲まなかった

日本酒をどっさりいただきましたが(ちなみに

「天賞」というお酒) 野菜の煮物や酢の物、

むきそばになんといっても岩牡蠣が絶品

だったとはあとから姉の弁。










さすがにおなかも満足したのでこの日は

ホテルで一杯はやらずにsleepy 甥に会ったのは

覚えてるけど何を話したものやらcoldsweats01












にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「結局のみすぎ」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月10日 (日)

家族旅行 18 その2

あけて二日目、宿を出立して目指すは新幹線。

新函館北斗駅に車をおいていざ乗車いたしますbullettrain











2018_05262018tohoku0024









2018_05262018tohoku0023










2018_05262018tohoku0025











たちまち八戸到着、話には聞いていましたが

青函トンネルはいうにおよばず、それ以外も

トンネルの連続であまり景色も見えないしー

まあ確かに早いし乗り心地もよかったので

とりあえずは目的達成です。お昼時とあって

駅で昼食、名物はいかめしにせんべい汁。

北海道にもあるいかめしはともかくとして、

専用の南部せんべいを使ったせんべい汁が

意外といけました(失礼)。










さて、八戸でおりたのは姉がぜひ行きたいという

奥入瀬が目当てです。予約していたレンタカーを

走らせ、とりあえずこの日のお宿へ着くなり

さっそくシャトルバスに乗って奥入瀬観光です。

下手に何か書いてもぴんとこないので

つたないながらも写真をー










2018_05262018tohoku0029










2018_05262018tohoku0027











2018_05262018tohoku0030












2018_05262018tohoku0034










このへんまでは普通にきれいな渓流といった

感じですが、さらに進むとカレンダーなどで

おなじみのあの景色がー

少々写真が続きます。









2018_05262018tohoku0073







2018_05262018tohoku0040






2018_05262018tohoku0062












2018_05262018tohoku0065












2018_05262018tohoku0067












2018_05262018tohoku0068











2018_05262018tohoku0071











2018_05262018tohoku0079













2018_05262018tohoku0081












2018_05262018tohoku0082











まあプロの撮ったようなわけには行きませんが

こんな感じということでー

ただやっぱり、当たり前ですが生で見るのと

写真では全然違いますね、ただしあのボカシが

かかったような流れの見え方は写真ならでは

ですけど。










とにもかくにも奥入瀬を満喫してホテルに戻ると

特産のリンゴなども使った夕食が。翌朝には

渓流釣り体験コースなんていうのもありましたが

他に目当てがあったのでパス、川のせせらぎが

聞こえる露天風呂に入って地酒を一杯やると

あっというまにこの日もsleepy





にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「一杯やりすぎ」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 8日 (金)

家族旅行 '18 その1

さて。

毎年恒例の家族旅行、今年も行ってきましたbullettrain

今年のテーマはいまいちベタな気もしますが

「北海道新幹線に乗る」でございます。

理想は札幌からなのですがそれではまだ10年は

かかるしそんなに待っていられない。ということで

道南まではマイカー利用です。










かくして第1日、朝に札幌を出発してまずは

家庭菜園に立ち寄り、約1週間ほっておかれる

アスパラを収穫します。なにせこの時期、そんなに

伸びたらアスパラが全部伸びまくりあっというまに

食べられなくなってしまいます。留守の間は

近所の人に採ってもらうとしてー












さらに走ること2時間、途中おりしも好天下の

羊蹄山を記念撮影したりしてまずは長万部に。

ちょうど昼時ということで昔懐かしい「かにめし

バイキング」で昼食です。平日とあってほかに

お客もほとんどいませんでしたが、かにめしも

どうもバイキングより普通のお弁当のほうが

ぴったりきますね、食べすぎたしcoldsweats01











そのあと今度は今金国道を走って日本海へ。

今年二度もきてしまった瀬棚にやってきました。

ここでは展望台からの眺めを満喫してもらい、

そのあと三本杉岩を見てついでにちょっと

お土産物も購入いたします。











さらに南下して江差まできましたが、時間が

あればと思っていた鴎島は残念ながらパスして

この日の目的地、上ノ国へ。ここでは姉の友人が

民宿を営んでいるのでそこに宿泊です。












2018_05262018tohoku0016








2018_05262018tohoku0017












もともとは札幌のお寿司屋さんだったのですが

それがはるばる移転してきたということで

夕食は握り寿司にくわえてアワビやら

カジカ汁、山菜になぜかアメマスの南蛮漬け、

さらに今朝収穫したアスパラなど盛りだくさん。

海に面した部屋の窓からは先ほど素通りした

鴎島も見えるし眼下の岩場には翌朝ですが

釣り人の姿もありました。












2018_05262018tohoku0014










2018_05262018tohoku0013










ちなみに下は翌朝の上ノ国漁港防波堤です。

竿はいっぱい並んでいますが皆さんヒマを

もてあまし気味despair












2018_05262018tohoku0012













姉は友人と積もる話に花を咲かせているので

ちょっと港までひとっ走り、ソイと遊んだのは

前回書きましたがいや寒いこと、すっかり

凍えて宿に戻り、持参の日本酒を寝酒に一杯

ひっかけてこの日は早寝ですsleepy






にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「アメマス!?」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »