« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月25日 (火)

久々の釣り会でもモンスター

久々と書きましたが前回、というか初めて釣り会に

参加したのが2013年秋の医釣会ですからじつに

約5年半ぶり。せいぜい3年くらいと思いましたが

月日のたつのは早いものです。








さて、4月にヨシゾー先生と初コラボしましたが、

このときはこちらが誘ったので今度はひとつ、

こちらがヨシゾー先生の金漁会へお邪魔します。

しかしけっこう早くから参加表明していたのに

肝心の日付けを1週間違え、ウェーダーが

入院中というちぐはぐさ。長靴で襟裳に挑戦

というのはちょっと無謀に過ぎますね。








おまけに日が近づくにつれて天気予報が

どんどん悪化し、当日朝の予報では波2m、

夜中の降水量は4mm、北東の風13m⤵

悪天候で中止に・・・なるわけありません。

というわけで出発1時間前に集合場所に

着いてみるとぎりぎりまで誰が来ないとか

荷物の積み込みですったもんだ。すでに

この時点で雨がしとしと降っております。








当初は襟裳岬の向こう側、岬漁港の周辺を

考えていたのですが、北東の風13mでは

釣りにならないのは目に見えています。

ない知恵を絞った結果、歌別漁港の左側に

ある船揚場のあたりに入ることに決めました。

東洋に入るというヨシゾー先生が一緒にと

いってくれましたがあちらはウェーダーに

スパイク、こちらが長靴ではどっちみち竿を

並べてというわけにはいかないのでここは

単独行動です。









とにかくバスは雨の中をひた走り、車中は宴会

たけなわです。ビールと日本酒、焼酎と一体

これで釣りになるのかと心配になりますが

そこはそれ、さすがに目的地が近くなると

皆さんけっこうシャキンとしております。

最初の停車地、冬島漁港で着替えタイムですが

いいあんばいに雨も降っていないし、防寒着を

着ただけで準備完了です。








バスは釣り人を降ろしつつ先へ進み、歌別まで

きた時には人数は半分に。目指す釣り場への

降り口を教えてもらい、いざ海岸へ。濡れて滑る

小道を下りていくとすぐに船揚場ーただし既に

他の釣り会の先客が二人、竿を出しています。









仕方ないのでバスの中でのアドバイスに従い

右手に歩いて砂浜から竿を出しましたが

あまり水深もないし、これは暗いうちが勝負?

さいわい風は背後の高台でさえぎられて

ほとんど気にならないし雨も大丈夫そうです。









2019_06236230001 








しかし潮のほうは竿を出したときが下げ止まり、

朝方5時過ぎに満潮と夜中は期待薄ですが

そんなことをいっても始まらないのでひたすら

コマセとイカゴロをばらまきます。もっとも竿も

2本しか出していませんが(カレイ釣りと違い

3本使いこなす自信がない)ー








しばらくはぜんぜん音沙汰がありませんが

そのうちアタリが出始め、ハゴトコゲット。

1匹身長+5匹重量なのでハゴトコといえど

貴重品です、なにせ初めての釣り会では

その5匹すら揃えられなかったし、本日は

とにかく5匹揃えることが最低目標です。








しかしそのあと、またつつくようなアタリが

きてまたハゴトコ?と思いつつ竿をあおると

ズッシリとした手ごたえです。これが海草なら

お笑いですが一応魚が暴れる感触もあるし

リールを巻き巻きー

上がってきたのは40センチクラスのカジカ、

これならハゴトコ5匹分の重さはありますね。









2019_06236230002








しかしその後はハゴトコを1匹追加しただけで

あっというまに明るくなってしまいました。

先ほどの二人もさっぱりだとぼやいています。

これだけやってダメなら移動あるのみ。









2019_06236230003





2019_06236230004









あまり期待はできないと言われていましたが、

さらに右手に歩いて潮の変化のある場所で

竿を出してみます。あわよくば迷いアブラコの

1匹くらいー

と思いましたがこのへんから風向きが変わり、

横から強風が吹いて釣りづらいこと。やっとの

思いで5匹目を釣り上げたときにはすでに

7時近くなっていました。









2019_06236230005









この期に及んでは漁港に移動してコマイか

アカハラでも狙うしかないと半ばやけくそで

2度目の移動ーしかし防波堤の先端には

完全○ボの釣り人がふたり。外防波堤では

明け方カレイが釣れていたけれど、それも

終わったみたいだと聞いてはギブアップ。

結局残り時間はコマセバケツを洗ったり、

日向ぼっこで終わってしまいました。









10時過ぎ、迎えのバスに乗り込み、審査会場に

着くと早速計量開始です。どうもこの日は全般に

魚が薄かったようでアブラコは小さいのばかり、

40オーバーのカジカも数えるほどでしたがー

そこへ出てきたのが巨大なカレイ。バッカンに

入りきらずに折れ曲がっていましたがじつに

66センチ、3.4キロのタカノハです。これ1匹で

ジャスト1000点なのですが、他の魚をたすと

1500点超え・・・あくまで1+5なんですけど。








それにしてもいる所にはいるんですね。

詳しくは後日、ヨシゾー先生がアップすると

思いますのでそちらでごらんください。

ちなみに自分の審査結果はというとー








2019_06236230006








まぐれあたりというか、鬼のいぬ間に火事場

泥棒したような気分ですがハゴトコ4匹の

おかげもあり3位入賞させていただきました。

ささやかながらビギナーズラックですかね。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「どこがビギナー」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (6)

2019年6月22日 (土)

何年ぶりかの苫小牧

といっても竿を出したわけではないのですが

○ボに終わった白老沖堤の帰り道、まっすぐ

帰るのもなんなのでちょっと偵察にー

4、5年前までは菱中防波堤でのクロガシラや

南埠頭でハモを狙ってよく来ていたのですが

菱中は最近足場が撤去されて普通の危ない

防波堤になってしまったし、ハモも釣れ方が

今ひとつということですっかりご無沙汰して

いたのですがー








2019_06186180005









そんなわけで久しぶりにやってくるとおやおや、

撤去されたはずの階段やら竿をたてかける

角材が以前と変わらず設置されています。

胸壁の上に上がってみるとこんな状態です。










2019_06186180006










以前と変わらず、魚の取り込み時に前のほうへ

出て行けるようになっています。これだけ見ると

以前と何も変わっていませんね。まあ昼過ぎと

いうこともあってまったくの無人でしたがー








2019_06186180007









それではと南埠頭に行って見るとこちらは

なにやら大々的に工事の真っ最中です。

西埠頭とフェンスで仕切られていたところが

かなりの広さで封鎖され、11番のビットより

西埠頭側は立ち入り禁止+釣り不可状態に。

これだとしばらくは狭くて混雑しそうですね、

まあ1番から10番までは普通に釣り人が

ヒマそうにしていましたが。








そのあとフェリー埠頭ものぞいてみましたが

こちらは全然変わりなし、そんな時間帯でも

30センチくらいのクロガシラが釣れていた

・・・みたいですが目当てのヒトデはナシ⤵

これだとやはり、まだご無沙汰は続くかな。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「ハモはどこで?」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年6月21日 (金)

癖になった? 船渡し

今年はカレイシーズンが早かった上に5月は

イベントの準備で忙しく、日本海の磯場には

すっかり行きそびれてしまいました。そのため

4月の末からこちら、行ったところといえば

湯内沖堤、瀬棚沖堤、白老沖堤に神威岬ー

みごとに船渡しオンリーです。まあこの時期、

投げ釣り道具をかついで磯場を歩くのは

けっこう暑いのでこんな年があってもいいか

(けっしてさぼっているわけではない)。









というわけでまたもや船渡しで白老へー

今回はだっぴさんとそのお仲間の△内さんの

3人です。夜中からの長期戦は疲れるので

早朝5時から正午までの短期決戦です。








2019_06186180001










2019_06186180002










この日は久しぶりに並継ぎ竿、しかも船渡しを

いいことに4本出しーと思ったらだっぴさんは

6本出しの上、短竿で足元釣りまでしています。

これだけ竿数を出せばババカレイの何枚かは

つれるでしょう。









2019_06186180003









と思ったらいきなり釣れたのは30オーバー

のイシモチです。隣りの△内さんはガヤの

猛攻撃を受けているしー

とにかくこの日はシケ後のせいかカレイが

さっぱり釣れず、そのあと手のひらよりは

大きなクロガシラとマガレイ(まだ子持ち)

が釣れたくらいでしまいにはフグまで⤵








2019_06186180004









おまけに9時頃から急に横風が強くなり、

魚のアタリもよくわかりません。おかげで

怪しいアタリがあってもあわせるタイミング

を間違えるし・・・まさかまさかのお持ち帰り

ゼロという結果に終わってしまいました、

まあこんな日もありますねーと、やけに

あきらめがいい一日でした。さて、次回は

久々に遠征しての磯歩きかな。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「やはり運も品切れ」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (2)

2019年6月15日 (土)

家庭菜園には恵みの雨

この週末はかなりの荒れ模様で釣りもお休み、

家庭菜園でブドウの枝が折れたりしないよう

せっせと枝を針金に結び付けておりました。









2019_06116110001









もちろんそればかりではなくトマトやナスビ、

その他諸々の苗物の植え付けー










2019_06116110002










夏ダイコンもそろそろ最初の間引きをしないと

いけませんね。










2019_06116110003










こちらは以前もらったのを去年定植したギョウジャ

ニンニクですが植え替えたとたんに花を咲かせまくり

もう種が芽吹いてきています。この調子なら何年か

すればギョウジャニンニクもどっさり収穫できる

ようになるかもしれませんね。定植といえばー











2019_06116110004











4月にまいた長ネギもだいぶん大きくなったので

畑に植え付けましたが何せごらんの通りの量で

推定700本、ほとんど1日がかりでした、疲れた。

さて、明日も雨降りだし久々に釣りの仕掛けでも

作りましょうかね。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 「今度は何釣り?」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (2)

2019年6月11日 (火)

となりの島ではモンスター?

今年は開幕以来、磯歩きでも○ボ続きでしたが

4月の末から船渡しの釣りになってからはそこそこの

釣果が出ています。だからというわけではないですが

先週末は船渡し第4弾、いまや恒例となった神威岬、

くしくも前回の更新で岬の上から見下ろした岩場に

上陸です。とここでアクシデント、最近沖堤にばかり

乗って岩場にご無沙汰していたせいか、つまづいて

バッタリ、手のひらを岩についていた貝でざっくり

切ってしまいました。いつもなら絶対軍手をしている

はず(リュックの一番上に入っていた)なのに不覚。









2019_0609608090001 









今回は初めての場所も考えましたが一人離れるのも

あぶないし、知らない人と二人というのも気詰まり

なので結局、最近定番の千畳敷(一番大きい島)に

カズさんと他2名で乗りました。









2019_0609608090002









2019_0609608090003









両隣の島にもそれぞれ釣り人が展開しておりますが

明るいうちはソイもあまり釣れないのでワームで

あちこち探って見ますが潮回りのせいかアブラコも

あまり釣れません。カズさんたちもヒマをもてあまし

おしゃべりタイムの真っ最中です。








2019_0609608090004









そうこうするうちにだいぶ日も暮れてきましたが

沖合いをフェリーが2隻、行きかっております。

夕日をバックに汽笛を鳴らしあっていますが

中々見られない光景ですね。









2019_0609608090005










そして日が落ちるといよいよ本格的に戦闘開始、

足元に落とし込んだ竿にソイがつれ始めます。










2019_0609608090006











いきなり40弱のシマゾイ、マゾイが連発して

出だしは好調でしたが、意外と潮が動いておらず

そのせいなのか2時間くらいでアタリがぴたりと

止まってしまいました、こんなはずではー








はじめて来たという二人が去年入ったあたりに

竿を出しており、そちらは魚もボチボチ釣れて

いるようですが型のほうは今ひとつのようです。

仕方がないのでふたたびルアーロッド片手に

ワーム再開、こちらのほうが散発ながらまだ

魚の反応がありますが、去年来たときに途中で

移動したポイントまで来ると突然大きなアタリが。









結構な重さで足元まで引っ張ってきたのを見ると

40半ばと思しきマゾイです。これはラッキーと

魚をつかもうとしたら針が外れてオートリリース⤵

結局これを超えるサイズは朝まで来ることなく、

30ちょっとのマゾイや40オーバーのアブラコで

タイムアップとなってしまいました。この日は

波も風も今までで一番というほどおだやかで

潮も夜明けまではそれほど流れていなかった

のですが、それが災いしてしまったようです。








2019_0609608090007









まあ個人的にはこれだけ釣れれば文句はない

ところですが50オーバーとまではいかなくても

45クラスが釣れてほしかった気がしますね。

と思ったら他の島の人たちの釣果を見ると

50オーバーが出るわ出るわ、危うくショック死

するところでした。たまたま「○り新聞」の取材が

入っていたので明後日の号に載るようですが

興味のある方は買ってみてください。とにかく

58センチのマゾイにはびっくりでした。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「運も品切れ?」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (6)

2019年6月 7日 (金)

洞爺湖花火観賞ツアー

さてさて。

母の米寿のお祝いも無事終了し、翌日はレンタルの

ハイエースに母と長姉、次姉とその夫、さらに息子と

その彼女、娘とその夫と総勢9名を載せていざ出発。








まずは家庭菜園に立ち寄りアスパラの収穫体験、

それからブドウの世話の仕方をレクチャーします。

それが終わると古平のおすし屋さんで昼食タイム。

ここでは刺身定食についてきた活きたエビが

大うけでした。

それからさらに先に進んでやってきたのは神威岬。

次姉の希望ですが皆で岬の先端へ歩きます。








2019_0522519220027








2019_0522519220023










2019_0522519220022 









かんかん照りのなか、汗をかきつつ岬の灯台を

目指します。それでも初めてきた頃にくらべると

遊歩道も整備されて歩きやすくなりました。

途中もみごとな積丹ブルーですがたどりついた

先端部はまさに格別。









2019_0522519220016








2019_0522519220017









2019_0522519220018










記念撮影を終えるとあとは冷房のきいた車に

もどり、あとは洞爺湖めざして一目散。

もちろんお目当てはホテルの窓からの眺めと

夜の花火大会です。








2019_0522519220029










2019_0522519220035










それが終わるとこれでもかと買いこんできた

おつまみとビール、日本酒で酒盛りです。

ちょっと買いすぎたかと思いましたが見事に

全部なくなってしまいました、よくぞこれだけ。









2019_0522519220041 









そして翌々日、新千歳までお見送りです。

次姉は毎年帰って来るのでともかく、他の皆と

今度会えるのはいつになるでしょうか。









2019_0522519220042








 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 「忙しすぎ」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年6月 5日 (水)

座布団キター!! (゚∀゚)ノ

3回連続で母の米寿のお祝い記事が続きましたがそれも

一段落したので久々の釣りネタにいってみましょう。

結局5月は瀬棚の沖堤に行ったきりでしたが、6月は

もうちょっとまともに釣りをーということで第1弾。

リシャールさんのお誘いに乗っかり、一昨年以来

2年ぶりとなる白老沖堤に行ってきました。









今回はリシャールさんとそのお仲間が3人、それに

やみいと○内さんの総勢6人ということで沖堤の両端、

前回乗った東側(赤灯)と西側(白灯)に分かれます。

日曜の夜11時、出港した船はリシャールさんたちを

西側に下ろし、ついでやみいと○内さんを東側へ。

暗いうちはソイなど丸物を狙いますがー









2019_06036020001 










ウキ釣りで探っていきますがあまりぱっとしません。

かろうじて25センチくらいのシマゾイが釣れたものの

それ以外は小ガヤやドンコばかりで○内さんも

五十歩百歩です。まああくまで本命は朝になっての

平物なので夜明けを前に小休止。









2019_06036020002









この日は大潮で午前2時が上げどまり、9時が

下げ止まりということでカレイ狙いには今ひとつな

感じですがまあ潮が動かないよりはいいだろうと

前向きにいってみましょう。

しかし明るくなってカレイ狙いの竿を出したものの

魚の反応はさっぱりです。前回来たときには

それなりにカレイが釣れたはずなのですがー








2019_06036020009










それでも今回は瀬棚で一緒だっただっぴさんの

作戦を見よう見真似でパクってみましたが

それがさいわいしたのか5時近くに初アタリ。

やけに激しく抵抗しながら上がってきたのを

みると手ごたえの割には小ぶりと思ったら。









2019_06036020003










いきなり本命ババガレイの登場です。サイズは

31センチとはいえこれは幸先いいスタート、

隣の○内さんにもボチボチ型のいいマガレイが

つれておりますがこちらの竿にも35センチの

クロガシラと31センチのマガレイが連発です。









2019_06036020004










ようやく時合いが来たかと期待しますがさほど

ペースも上がらずまったりモードに逆戻り。

しかし潮の下げ止まりを前に1本の竿が

モゾモゾあたっており、ガヤかなにかが

いたずらしているくらいに思って放置して

いたらいきなり竿尻が持ち上がります。

あわてて合わせをいれるとやたら重い上に

ものすごい暴れ方、てっきり大物アブラコ

かと思いましたがそれにしては刺さります。

ようやく釣り上げたのは本日2枚目の

ババガレイ35センチ、ラッキー🎶










ただしその後はまたまた相も変わらずの

まったりムードに逆戻り。隣では○内さんが

根掛かりに苦戦しつつも良型のマガレイを

コンスタントに上げているのですがー

しかし7時頃、ついにこの日のハイライトが。

またもや竿がいたずらされていると思ったら

今度も竿尻が持ち上がります。








これが重いのなんの、竿を立てるのも一苦労。

大して投げてもいないのに足元まで寄せるのも

しばらくかかり、竿はほとんど満月状態です。

ようやく海面に魚が浮いてきましたがそれを

見た瞬間、○内さんに

「すみません、ちょっと竿を持っていてもらえます?」

というなり大至急でタモを組み立てます。








2019_06036020006 








いつもはきちんと魚にスケールを当てないのですが

(べたべたになったスケールを洗うのが面倒なので)

今回ばかりは例外、自己記録を大きく更新する

ババガレイ52センチです。50オーバーなんて

タカノハかクロガシラしかないと思っていましたが

まさかババガレイとはうれしい誤算です。









しかもこれで終わったわけではなく、潮が動き始めた

10時頃、またもや大物が。いつ以来になることやら、

本日2度目、しかもどちらも自分の竿についた魚に

タモ入れです。








2019_06036020007









ここまでくるとミラクルとしかいいようがない、

本日4枚目のババガレイ42センチ。

普通は釣れても1枚か2枚だというのに

なにがどうしたというのでしょう。やはり

特製アワビチップ効果、それともパクリの

だっぴさん作戦のご利益でしょうか。

しかもその頃、反対側ではリシャールさんも

51センチのババガレイを釣っていたという

まさにババガレイデー。これだけ釣れると

もう1回くらい・・・いやあと2回かな(笑)

 

 

 

 

2019_06036020010 









予定より早く、正午前には終了となりましたが

明け方の寒さはどこへやら、最後は半そででも

暑いくらい、これからの時期は釣り場で日傘が

必要かもしれませんな☀

 




 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「全部たべた?」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (4)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »