« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月29日 (水)

本棚からぼたもち

2020_01281280002








これは部屋の本棚です。

ごらんのとおり本以外にもらいもののお酒なども

並んでいますが時々寝酒を切らしたときなど、

このへんに手が伸びることもー








それでたしかあれは年末の寒い日、本棚のお酒の

封を切ってお湯割りに。何度かのんだあげくに

すっかり忘れておりました。

それが数日前のこと、イトコたちが食事に来たとき

なにやらチーズとワインを持参していたのですが

「このチーズにはワインよりもウイスキーが合う」

という話になり、思い出したのがお湯割りの残り。









さっそく持ってきて呑んでもらおうと思ったら

なにやら場は異様な空気に。

「竹鶴12年? これって今、とんでもない値段に

なってるのにいいのでしょうか」

え? (`・ω・´) そうなの?









ハイボール人気と原酒不足で国産の高級な

ウイスキーが品薄というのは聞いていましたが

これもなの? とのんきな事を言っていたら

何でもこのお酒、ネット上では2万円近くで

取引されているのだとか、うそー ((((;゚Д゚))))







2020_01281280006










ま、それはさておき呑むだけは呑みましたが

そういえば他にも高級そうなのが手付かずで

あったような気がしてまた本棚へ。









2020_01281280003










横のマッカランはミニチュアなので箱入りは

せいぜい180mlなのですがアルコール度は

実に55%です。たしか余市でしか買えないと

聞いた覚えがありますがこれもリサーチすると

やっぱり2万円くらいで売られています😵








あまりのことに最初はいいから呑んでしまおうと

思いましたが、冷静になって考えるとこれ1本で

日本酒の純米吟醸が5本は買えるとなるとー










くれた方(誰だか忘れた)、

ごめんなさい(爆)

 

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「猫に小判」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (4)

2020年1月26日 (日)

超大型のボーダーライン

前回の記事で「超大型マガレイ狙い」と書きましたが

後になって考えてみると超大型って具体的には

何センチ以上かというところが定かでありません。

そこで今回は投げ釣りの主な対象魚に関しての

小型/中型/大型/超大型のボーダーラインに

関しての個人的な見解を。








まずは当然マガレイからですが、たしか18センチ

以下は資源保護のため放流してくださいという

ことになっているのでこのサイズが小型ですね。

正直これ位だと測りもせずにリリースしますけど。

中型と大型の境目は・・・やっぱり30センチ?

そして超大型はやっぱり40オーバーでしょうか。








クロガシラはどうかというと、逆に超大型から

考えると50センチオーバーでいいと思いますが

そうすると中型と大型の境目は40センチ、小型は

25センチ以下といったところかな。








これがタカノハになるとやはり資源保護のため

35センチ以下はリリースと定められているので

かなり大きいけれどこれが小型、中型と大型は

45/50センチあたりで分かれ、超大型は

60オーバーとなります。とてもじゃないけれど

釣れる気がいたしません(^^;







カレイはこれくらいにして根魚となるとー

まずソイですが、ソイの中で比較的大きくなる

クロゾイだと25/35/45センチを境目に

サイズ分けしていいのではないでしょうか。

(マゾイ・シマゾイはこれより5センチダウン)








これがアブラコとカジカになるともうすこし

ラインが上がって30/40/50センチ、

ただしウサギアイナメは個人的にほとんど

なじみがないし、ギスカジカ(ツマグロカジカ)は

ぜんぜん別物なのでこの限りではありません。

 

 

 

 

などと書いておりますが正直、超大型どころか

大型も釣ったことがない事実にいまさらー

今年はタカノハ狙いの年?












にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「不戦敗」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (2)

2020年1月23日 (木)

取らぬ狸の皮算用

本当は2020年の年間予定といきたいのですが

どうも近年、秋になると家庭菜園疲れなのか、

急激に釣りに対する意欲が衰えてしまいます⤵

なのでとりあえずは前半6月までの釣行予定と

いうことで。








1月は前回の美国で魚の顔も見たことだし

週末もあと1回、出撃はちょっと微妙ですね。

さらに2月3月もあくまで天気しだいですが

ここ数年、○ボを逃れるのがやっとという釣りが

ほとんどなのでせいぜい忍路で山越えするか

遠出しても西積丹までが限界でしょう。








4月ーバイトも終盤戦、週休2日になりますが

家庭菜園でブドウの枝を燃やさないとならないし

釣りに時間はかけられません。なのでここ数年、

マークし続けている4月限定の近場ポイントで

シーズン初めの超大型マガレイ狙い一本やり。








5月からはバイトがなくなるかわり、家庭菜園が

本格的にスタートします。マガレイシーズンも

最盛期になりますが、GWなんかは特にどこの

釣り場も激込みだし、あいにく家庭菜園の方も

やることがいっぱいあるので少ない出撃回数で

確実に結果を出したいところです。ーとなると

やっぱり瀬棚の沖堤とか? (過去あまり結果が

でていませんが(^^; ) あとできれば今年も

また釣り会にも参戦したいなあと思っています、

それも過去経験のない日本海の磯場で。








6月は今年もカズさんと神威岬の船渡しで

メタボソイとデカアブラコ捕獲、それに白老の

沖堤で夢よもう一度のババガレイ狙い👊

この月後半にはアメリカから姉が帰国するし、

加えて毎年恒例の家族旅行もありそうなので

噴火湾のマガレイと苫小牧・室蘭での大クロは

行けますかどうか。








しかしこうしてみると最近は新しい釣り場を

あまり開拓していません。家庭菜園と同じで

いつも決まった釣り場ばかりだとそのうちに

だれてくるので、4月と5月には新規開拓も

出来れば何箇所かしたいものですね。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「たとえばどこへ」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (4)

2020年1月21日 (火)

オモリ1号1円也

ようやくバイトも1/3を消化して、週末は歯槽膿漏の

猫をまたまた車に乗せて動物病院へ。診察の結果

体重も少しながら増えているし、健康状態のほうは

まったく心配ナシとお墨付きをいただきました。








そのあと猫を連れ帰り、今度はちょっとお買い物。

久しぶりにやってきたのは○ガフイッシュです。

宮の沢の○り具センターの閉店3割引セールも

行ってみたかったのですが、この日はそれより

不用品を買取してもらったついでに中古オモリを

買い込みます。なにせ先日もアップしましたが

新品なんて高くて買う気になれません。








そういえば先日の記事で「小田原の30号、

3個入りがなんと145円!消費税を入れると

1個50円以上します」と書きましたがあとで

何か違うような気がして今日、○狗屋に

行ったら六角オモリ30号が1個111円。

弾丸30号が3個で404円ということで

145円というのは記憶違いですね、大変

失礼しました、よって記事も訂正。










2020_01181180001 
(クリックすると拡大されます)








形もばらばらな上に傷だらけ、あんまりきれい

でもありませんが25号くらい(すり減って号数も

よく見えない(^^; ) が18個で430円也。

おかげで買う予定のないハリス用のラインまで

買っちゃいました。








ちなみにこのオモリたち、いずれも中通しです。

小田原30号ならいくらでも自作できるのですが

さすがに中通しタイプは作りようがありません。

なぜ中通しかといいますとー








2020_011811820002
(あまりクリックしないように(^^; )






白老沖堤のババガレイ用に作ったネット仕掛け、

これには中通しオモリを使った自作テンビンが

必要なのですが、先日の美国でもなかなか

役に立ったのでこのさいまとめて作りおきして

おこうということで大人買いです。









それにしても買ってきたオモリを見ていると

三角や亀甲、ナツメ型はよく見るのですが

ロケット型や弾丸まであっていったいどこで

売っていたんだろうと不思議です。それは

ともかくとしてさっそく仕掛け作りを・・・









しようと思ったけど、寒すぎるやみい'sルーム、

0度じゃ指が凍えて何も出来ません(笑)

 

 

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「家の中でやれば」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (2)

2020年1月16日 (木)

釣り車が欲しい

いきなりとんでもないタイトルですが(^^;

ここ10年ほどは○ンバーディアスに2台続けて

乗っておりました。1台目がお亡くなりになった

顛末はいつぞやアップした覚えがありますが

2台めも残念ながら昨年お亡くなりに💔









この車、難点といえば

1.貨物車なので乗り心地がいまひとつなのと

  フロアが高くて小柄な人は乗り降りに苦労する。

2.背が高い車の宿命で風に弱い (かつて冬の

  中山峠で突風のためガードレールに接触💦)

3.立体駐車場に入らない。

4.ボンネットがないので正面衝突した場合が

  非常に不安。

などなどですが、その反面長所としてはー

1.座高が高いので運転中の見通しがいい。

2.なにより荷物の積める量がはんぱない。

  人間3人とその釣り道具も楽に積めるし

  畳サイズのコンパネもノープロブレム。








というわけで、この荷物の積載量が釣り及び

家庭菜園にはたいそう好都合だったのですが

その点今乗っている車はしごく普通の軽なので

乗り心地こそいいものの、荷物はぜんぜん

積めません⤵ まあ後部座席をフルフラットに

してしまえばいいのですが、それでもやはり

限界があるしめんどくさい。常時釣り道具を

満載したままで4人が乗れたサンバーが

いまさらのようになつかしい。








しかも今年は久々にゴムボートなんかにも

乗ろうかと思っているのですが、これがまた

ボートを積むと釣り道具が積めません(>_<)

去年の秋には収穫したブドウやダイコンを

積むのにもけっこう苦労したしー








そんなわけで最近、バイト先での昼休み中

ネットで中古車情報をチェックする毎日です。

釣りと家庭菜園の荷物を運ぶだけなら別に

たいしてきれいでなくてもいいし、家庭菜園に

置いておけば駐車場の心配もありません。

釣り専用車ならそれこそ車中泊もできるように

車内をキャンピング仕様に改造したりしてー












などと妄想はふくらむいっぽうなのですが、

あまり安い車を買ってあとあとメンテ費用が

かさむのも困るし、冬場に乗る予定はないので

一年のほぼ半分はほったらかし?

それくらいならいっそその都度軽トラックでも

レンタルしたほうがいいような気もするしー

とあーでもないこーでもない今日この頃。









ま、とりあえず春まで考えようっと🎵


 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「お財布大丈夫?」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (2)

2020年1月13日 (月)

2020 初釣りは東積丹で

先日バイト先でのこと、カジカ釣りの相棒、○山氏に

(彼も現在同じ会社で夜勤のバイトをしています)

「いやー、やみいさんも年のせいか釣りに関する

バイタリティーが落ちてきたよね」といわれました。







失礼な!

とはいえうーむ、否定できない(汗)

ここ数年、秋は特に家庭菜園の燃え尽き症候群で

ろくにカジカ釣りにも行けてません。これはひとつ、

気合を入れなおして今年はがんばらねば。

(しかし毎年同じことを書いている気がする(^^; )









2020_01121120001 








とにもかくにも早速2020年の開幕戦です😃

西積丹でソウハチ狙いの夜釣りも考えたのですが

事情があって前日からの出撃は無理だったため

日曜の早朝、美国の導流堤にやってきました。

サーフにはサクラ狙いとおぼしき釣り人も数人

おりましたがコンクリートは完全貸切状態です。

コマセネットにロケットカゴ、さらに遠投仕様で

竿を3本出しましたが早速すぐにアタリがー









2020_01121120002









30をちょっと切るくらいのアサバカレイです。

この日は40クラスのカワガレイを釣ってお刺身に

という予定でしたが、これはこれで煮付け用に

キープします。まずは○ボも逃れて一安心。







しばらくはヒマな時間が続きましたがそれでも

コマセをつめかえては打ち返すうちにボチボチ

アタリが出始めました。









2020_01121120003 








魚体は細いものの、一昨年あたりに比べると格段に

ホッケの型も良くなっています。この日は35を頭に

すべて30センチオーバーでした。

しかしそのうち予期せぬハプニングが発生です。

ラインが変なほうに流されると思ったら足元に

いつ来たのか、ウニ採りの磯舟が💧

せっせと箱メガネをのぞきこんでこちらの糸を

まとめて引っ掛けているのにも気がつきません。








そのうちにウニ採りも終了して相手が事態に気づき

糸は無事解放されましたがここでこんなことは

初めてです。しかもそのあとまたしても別な舟が

やってきたので、あわてて仕掛けを回収に

かかりましたが、一番引っ掛けられそうな竿を

上げている間に舟はプカプカ流されて他の2本が

引っ掛けられてしまいました(>_<)







今度もそのうちに気がついて糸は事なきを

得ましたが、これではどうしようもないので

漁の邪魔をしないよう、仕掛けを上げてしばし

エサ替え+休憩タイム。しばらくすると舟も

港に戻っていったのでいざ仕切り直しです。








ここでコマセを使ったのは初めてなのですが

その効果なのか、けっこうアタリはあって全部が

針がかりしていれば軽く二桁はクリアしていた

かもー実際は食いが浅くて6匹止まりですが。

とにかく12時の時報がなる頃にはだんだん

風が強まって寒くなってきました。








2020_01121120004








最後にようやくお目当てのカワガレイが釣れるも

サイズはどうみても30センチ以下、ためしに

はかってみると28センチと、とてもお刺身に

造るには10センチは不足なのでリリースして

この日はアサバ1枚とホッケ4匹で終了です。








2020_01121120005 







帰る途中、家庭菜園に立ち寄りましたが

相も変わらずごらんのとおり、まったく雪が

ありません。ホントに今年はこのまま春に

なってしまうのでしょうかね。


 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「そうは問屋が」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (4)

2020年1月11日 (土)

2020お神酒インプレッション

新年は2日が仕事始め、4日も出番で月曜からは

平常勤務と、正月休みも正直あまり休んだ気が

しませんがまあガス屋なんてこんなもの。

とりあえず雪が降らないのが大助かりですが

逆に雪祭りやスキー場のように雪が降らなくて

困るところもあって世の中いろいろですね。

だからといって大雪になるのも考えものですがー









さて、これでもかと買い込んだお神酒6升ですが

今年は例年ほどは呑めませんでした。

というのも、12月にはいっての入院中の断酒と

ふだんも平日の寝酒をやめたらあっというまに

お酒に弱くなってしまいました😞








おかげで今の時点でも半分がようやくやっと、

3升まで呑んだかどうか (もちろん一人で

呑んだわけではありません)、この調子では全部

なくなるのは来月という感じですが、とりあえず

味見だけはしたことだしー








2019_122712270004 








ということでまずは子供時代の思い出深き(?)

大関多聞からいってみましょう。昔していたように

元旦、熱燗にしてまずは一献・・・。

おや、意外といけるような。燗付けしたせいもあって

記憶にあるほど呑み難さは感じません、いたって

普通の燗酒です。これはこれでありかも。








と思ったのもつかの間、燗が冷めてくると急に

甘ったるさと不自然な酸味が。好みもありますが

正直、ぬる燗では今でも無理。やはり熱燗にして

舌をごまかさないと厳しいものがありました。

よって料理酒決定。










2019_122712270001









続いては怒涛の景虎三つ巴、純米酒に加えて

超辛口の紫と青ラベルですが何が違うかと

いいますと原料のお米の精白度合いでした。

青ラベルのほうがお米をより削っており、

結果お値段もやや高いのですが、たしかに

呑み比べるとこちらのほうが雑味のない感じ

がします。ただしどちらもかなり似た呑み口では

あるのでばらばらに呑んだら区別ができるか

どうか自信はありません、おはずかしい。








純米酒のほうはというと、これはこれで

おいしいのですが最近すっかり切れのある

青ラベルになじんだせいか、もっさりとした

感じといいましょうか、それこそ燗付けしたら

合いそうです。というか純米酒自体が本来

そうしたものと言われてますけどね。









2019_122712270002










さらに2年ぶりとなる李白の純米吟醸ですが、

記憶にたがわずやや甘口ぽい気はしますが

すっきりした味わいで実に飲みやすいお酒です。

呑み続けても最初の印象がぜんぜん変わらず、

やはり自分的には文句なしの高評価でした。

そういえばこの李白と景虎、いずれもかなりの

軟水仕込みだそうで、もしかすると軟水仕込みの

お酒が好みに合うのかもしれません。









2019_123112310001 









さらに今回初めてとなる越乃寒梅 灑ですが

これは意見が分かれました。ここまでためした

他のお酒とは明らかに味わいが別物です。

別なお酒なので当たり前ではありますがー

母の好みは淡麗辛口タイプで、それなら

これも一般的な評価では淡麗辛口とあって

気に入っても良さそうなものですが、なぜか

このお酒に関してはお気に召しません。







「穏やかな香りと、体の中にスッと流れ落ちて

いくような飲み心地。それでいて確かな米の

旨味を感じる。灑が目指したのは、そんな、

控えめな中に芯のある、ライトで飽きの来ない

日本酒です」

これは酒蔵のコメントですが、別に淡麗とか

辛口というふうには書かれておりません。

個人的には昨今の淡麗辛口だらけの中に

あってはややもすると逆に濃醇旨口では

ないかと感じました。これが昭和の50年代で

砂糖や添加物だらけの三増酒全盛の頃なら

淡麗辛口というのも納得できますがー







ただそれはそれとしておいしいのは確かだし

アメリカの姉のところでも好評だったようで、

そのうちまた買ってきたいお酒ですね。









2019_122712270003








さて、最後になりましたがブロ友の萩さん推奨

島根一押しの「月山」です。左が純米辛口、

右が純米でかなり辛さがちがうのですが

ずばり右の純米に軍配があがりました。

多聞を除くと今回の中では一番の甘口ですが

まったくしつこさを感じさせないすっきりした

飲み口でどこか李白に通じる気がしました。

辛口を呑むなら景虎のほうがいいかなあ。

しかしこうしてみるとまだまだ知らないお酒が

世の中たくさんー












来年のお正月が楽しみですな😃

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「えらく先」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (2)

2020年1月 4日 (土)

○マノ フィクセルライト

遅まきながら新年おめでとうございます、今年も

当ブログをよろしくおねがいいたします(^^)

とごあいさつはそこそこにしてー









ここ10年近く、投げ釣りにはもっぱら○イワの

クーラーボックスを愛用しておりました。

13リッターと小さめですが磯歩きが多いので

これくらいがちょうどいいかなと思っていたの

ですがここにきてちょっと事情に変化が。







同じ磯歩きするならクーラーよりもバッカンに

スカリを入れたほうが持ち運びも楽だし

車に保冷剤入りのクーラーを積んでおけば

魚の入ったスカリを移せるので魚の鮮度も

落とさずにすみます。だいたいが釣り場に

クーラーが必要なのは真夏くらいですが

真夏に磯歩きなんてまずしないしー







釣り会のときはもっと大きなクーラーに

それこそバッカンごと詰め込んでしまうし、

船渡しには昨年から大型の磯クール

(セミハードタイプのクーラーバッカン)を

導入したので問題は歩く釣りのときです。








おまけに今まで使っていたクーラーですが

たまたま上ブタのロックが片方壊れてしまい

きちんと閉まっているのか限りなく微妙ー








2019_122212220003 








しかたがないので適当なのをネットでポチ。

今度のは17リッターとちょっと大きめですが

重さのほうはほぼ一緒。これくらいなら

釣り場に持っていけないこともないしフタが

両開きで開閉もワンタッチでスムーズです。

さしあたって使い初めはいつになるかなあ。

 

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「また中古?」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (2)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »