« ○マノ フィクセルライト | トップページ | 2020 初釣りは東積丹で »

2020年1月11日 (土)

2020お神酒インプレッション

新年は2日が仕事始め、4日も出番で月曜からは

平常勤務と、正月休みも正直あまり休んだ気が

しませんがまあガス屋なんてこんなもの。

とりあえず雪が降らないのが大助かりですが

逆に雪祭りやスキー場のように雪が降らなくて

困るところもあって世の中いろいろですね。

だからといって大雪になるのも考えものですがー









さて、これでもかと買い込んだお神酒6升ですが

今年は例年ほどは呑めませんでした。

というのも、12月にはいっての入院中の断酒と

ふだんも平日の寝酒をやめたらあっというまに

お酒に弱くなってしまいました😞








おかげで今の時点でも半分がようやくやっと、

3升まで呑んだかどうか (もちろん一人で

呑んだわけではありません)、この調子では全部

なくなるのは来月という感じですが、とりあえず

味見だけはしたことだしー








2019_122712270004 








ということでまずは子供時代の思い出深き(?)

大関多聞からいってみましょう。昔していたように

元旦、熱燗にしてまずは一献・・・。

おや、意外といけるような。燗付けしたせいもあって

記憶にあるほど呑み難さは感じません、いたって

普通の燗酒です。これはこれでありかも。








と思ったのもつかの間、燗が冷めてくると急に

甘ったるさと不自然な酸味が。好みもありますが

正直、ぬる燗では今でも無理。やはり熱燗にして

舌をごまかさないと厳しいものがありました。

よって料理酒決定。










2019_122712270001









続いては怒涛の景虎三つ巴、純米酒に加えて

超辛口の紫と青ラベルですが何が違うかと

いいますと原料のお米の精白度合いでした。

青ラベルのほうがお米をより削っており、

結果お値段もやや高いのですが、たしかに

呑み比べるとこちらのほうが雑味のない感じ

がします。ただしどちらもかなり似た呑み口では

あるのでばらばらに呑んだら区別ができるか

どうか自信はありません、おはずかしい。








純米酒のほうはというと、これはこれで

おいしいのですが最近すっかり切れのある

青ラベルになじんだせいか、もっさりとした

感じといいましょうか、それこそ燗付けしたら

合いそうです。というか純米酒自体が本来

そうしたものと言われてますけどね。









2019_122712270002










さらに2年ぶりとなる李白の純米吟醸ですが、

記憶にたがわずやや甘口ぽい気はしますが

すっきりした味わいで実に飲みやすいお酒です。

呑み続けても最初の印象がぜんぜん変わらず、

やはり自分的には文句なしの高評価でした。

そういえばこの李白と景虎、いずれもかなりの

軟水仕込みだそうで、もしかすると軟水仕込みの

お酒が好みに合うのかもしれません。









2019_123112310001 









さらに今回初めてとなる越乃寒梅 灑ですが

これは意見が分かれました。ここまでためした

他のお酒とは明らかに味わいが別物です。

別なお酒なので当たり前ではありますがー

母の好みは淡麗辛口タイプで、それなら

これも一般的な評価では淡麗辛口とあって

気に入っても良さそうなものですが、なぜか

このお酒に関してはお気に召しません。







「穏やかな香りと、体の中にスッと流れ落ちて

いくような飲み心地。それでいて確かな米の

旨味を感じる。灑が目指したのは、そんな、

控えめな中に芯のある、ライトで飽きの来ない

日本酒です」

これは酒蔵のコメントですが、別に淡麗とか

辛口というふうには書かれておりません。

個人的には昨今の淡麗辛口だらけの中に

あってはややもすると逆に濃醇旨口では

ないかと感じました。これが昭和の50年代で

砂糖や添加物だらけの三増酒全盛の頃なら

淡麗辛口というのも納得できますがー







ただそれはそれとしておいしいのは確かだし

アメリカの姉のところでも好評だったようで、

そのうちまた買ってきたいお酒ですね。









2019_122712270003








さて、最後になりましたがブロ友の萩さん推奨

島根一押しの「月山」です。左が純米辛口、

右が純米でかなり辛さがちがうのですが

ずばり右の純米に軍配があがりました。

多聞を除くと今回の中では一番の甘口ですが

まったくしつこさを感じさせないすっきりした

飲み口でどこか李白に通じる気がしました。

辛口を呑むなら景虎のほうがいいかなあ。

しかしこうしてみるとまだまだ知らないお酒が

世の中たくさんー












来年のお正月が楽しみですな😃

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「えらく先」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

|

« ○マノ フィクセルライト | トップページ | 2020 初釣りは東積丹で »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

色々飲み比べ、楽しそうですね〜
新潟に行くとぽんしゆ館というお酒を試し飲みできるところがあるそうで、そこも行ってみたいね

投稿: Rei | 2020年1月16日 (木) 06時02分

REIさん、ぽんしゅ館ですか、
それは耳寄りな・・・
さっそくリサーチしてみます、そこだけは
行くならタクシー利用ですね。でないと
行っただけで終わってしまう(笑)

投稿: やみい | 2020年1月16日 (木) 20時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ○マノ フィクセルライト | トップページ | 2020 初釣りは東積丹で »