« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

2020年8月28日 (金)

ハモ祭りも一服?

2020_082608260003 








いやまあ毎日暑いこと。こう暑くては家庭菜園も

中々仕事がはかどりません。来週になれば

かなり気温も落ち着くようだしとりあえずー








またまたやってきてしまいました、噴火湾。

冷凍庫のストックもかなりたまったとはいえ

食べ始めたらあっというまになくなるのは

目に見えているのでここはさらにハモ捕獲。

神がかりののりぞーさんはサケを釣るべく

遠征中なので今回は釣り場を貸切です🎶









2020_082608260002 








陸のほうを見ると旧クリヤトンネルが見えて

おります。カジカの好ポイントなのですが

ここ数年はすっかりご無沙汰しています、

今年の秋も来られますかどうか。







2020_082608260001 








5、6人いたロックの若者も日没前にはみな

帰ってしまい、夕日を見ながら竿だし完了、

さて今日は何匹つれるかなー






・・・









・・・・・










うんともすんともいいません。正確に言えば

ドンコやチビガヤは釣れてくるのですが肝心の

ハモがさっぱり。4本出ししているのをいいことに

あっちに投げこっちに投げ、遠近探ってみますが

いっこうにハモの気配なし、








結局12時近くまで粘って釣れたのは50センチ

にも届かないのが1匹だけ⤵

つい10日ばかり前には3人がかりとはいえ

10匹以上つれたのにどうしたことでしょう。

もしかしたら全部釣ってしまったとか(^_^:

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「んなバカな」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (8)

2020年8月24日 (月)

夏の味覚を収穫

2020_0823081722230010







相も変わらず暑いさなか、真昼間から特大の

ナベを持ち出しぐつぐつーといっても魚の

アラを煮ているわけではありません。








2020_0823081722230011









そう、この日は待ちに待ったトウモロコシの

収穫日です。トウモロコシは種まきから収穫

までの日数が決まっているので3ヶ月前から

計算してこの日がちょうど食べごろなのです。

皮とヒゲも一緒にゆでたほうがおいしいので

皮付きのままゆでて冷めてから皮をむきー








2020_0823081722230012









今年のできもまずまずですね(ちなみにこの1本、

反対側はカラスにつつかれてひどい状態です)










2020_0823081722230013









かくして今年の第1陣は2ダースを収穫して

終了、あとはまた2週間後に収穫です。









2020_0823081722230007










日付は前後しますが今季のハモ釣り第7戦は

のりぞーさんと大岸漁港にやってきました。

本当なら他にも人が来る予定だったのですが

ドタキャンになり、場所のほうも予定変更です。

前々から外海側で竿を出してみたかったので

波消しブロックのなるべく平らなところを探して

店開きー









2020_0823081722230008









防波堤の先端ではのりぞーさんが暗くなる

前から早くもハモを釣り上げておりますが

こちらのほうにもー








2020_0823081722230009 







なんじゃこりゃ💢

久々に見ましたがチカと変わらないサイズの

チビメゴチ。こんなのがダブルで釣れては

いきなりテンションも急降下⤵

それでも気を取り直して仕掛けを打ち返しますが

釣り場ガイドの情報と違って水深がありません。

何度かアタリはあるもののハモではないのか

針掛かりせず、気がつけば3時間経過。








結局のりぞーさんの隣に移動して仕切りなおし

ですがやる気のほうはこの時点でほとんど

プッツンしています。60センチオーバーが

1匹釣れかろうじて連続○ボは回避したものの

翌日の予定があったので日付の変わる前には

竿仕舞いしました。ここにきて調子も下降気味、

次回は気合を入れなおしてがんばらなきゃ👊









え、のりぞーさん?

相も変わらず好調で80オーバーを頭に

ムニャムニャ(笑)、相も変わらず

神がかっております(^^;

 

 

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「ツキも品切れ」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (8)

2020年8月19日 (水)

ハモ釣りあれこれ

今年の夏は久々に当たり年となった(らしい)

ハモ釣りで忙しくしておりますが、他のブログを

見ていてもあまりハモ釣りの記事というのは

でてきません。やはりあの見た目が災いして

いるのでしょうか、おいしいのですけれども。









しかしハモというのは投げ釣りの中でもけっこう

敷居が高いのかもしれません。というのは

カレイやホッケならエサをつけて魚のいそうな

場所に投げればある程度は釣れるものですが

ハモの場合はそうは問屋がおろしません。

そこで今回は自分なりのハモ釣りのTPOー







1.タックルについて

まず竿ですが、やわらかいほうがいいです。

カレイ釣りなら硬い竿でもラインを張らないという

手がありますが、ハモでそれをやるとアタリが

とりずらくなってアワセのタイミングを逸します。

ただしあまり腰のない竿だと大物が来たときに

苦労するので27号がおすすめです。

そのためラインもPEよりナイロンかフロロが

食い込みはいいです。ちなみに自分は最近

フロロの2号を使っています。リールに関しては

ある程度遠投できるものならなんでもOK。









2.エサは何を使うか

一般的にサンマ・イソメ・イカが使われますが

最近気づいたのですがその日によってハモの

好みが変わるようで、イソメにばかり来たと

思ったら次の時にはサンマばかり食われたり

するのでできれば3種類とも用意しましょう。

個人的には2:2:1くらいな感じですがイカに

大物が食いつくこともあります。あと、パワー

イソメなんかも使えるみたいですね。








3.仕掛けはこんなのですー






2020_081608160001








ごく普通の2本針なのですが幹糸は最低でも

12号。細いとハモが絡みついたときに

1発でぐしゃぐしゃにされてしまいます。

ハリスの出し方はなんでもいいのですが

ハリスは細いほうが断然食いがいいです。

といっても5号が限度でよじれ防止のため

ハリスにはビニールパイプをかぶせます。

よじれるだけなら仕掛けを交換すれば

いいのですがハリスが切れたらそれまで。

またその日の当たりエサを早く知るために

それぞれの針には別なエサをつけます。

面倒なら相掛けという手もありますけどね。







ハリスに夜光玉を数珠繋ぎにして通す人も

いますが、正直光物はあってもなくても

大差ない気がしてきました。のりぞーさん、

○内さん共に仕掛けは光ってなかったし。

ただ仕掛けにケミホタルをつけておくと

どこへ飛んで行ったかが見えるのと、

仕掛けを上げるときに位置がわかるという

利点はあります。








などなど、柄にもなく偉そうなことを書いて

しまいましたが(汗)、今週はついに地雷を

踏んでしまいました、今年初のハモ○ボ⤵

 

 

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「それだけ?」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (12)

2020年8月14日 (金)

ハモー自己記録更新の第5戦

お盆の時期となって釣りも夏休みー

いえいえ、ハモに関する限り夏枯れの文字は

ありません。すっかりハモの白焼きにはまった

のりぞーさんとハモ釣りは初めての○内さんの

3人で今シーズン5回目となる出撃です。







当初は前2回、そこそこ好結果の出た大岸を

予定していましたが一足先に先発していた

のりぞーさんから先行者がいるということで

急遽大磯漁港に目的地を変更しました。

正直ここではまともにハモを釣ったことがないし

地元の釣り人にも「つれ始めるのはお盆過ぎ」

と聞いたことがあるのですが、今年ばかりは

例外でしょう。








2020_0813080120003






2020_0813080120002







6時半に到着するとすでにのりぞーさんは

スタンバイ完了、我々も竿を出します。

この日はハモの食い込みの悪さに備えて

持っている中では1,2を争う軟竿を使用。

しばらくはドンコやチビガヤが竿先を揺らす

だけでしたが8時近くなって初アタリ。







2020_0813080120004








いきなり60センチ半ばの良型ゲット、これで

他の二人も俄然やる気になっています。

このあと順調に数を重ねてハモ初挑戦の

○内さんもドンコやガヤの合間に初ハモを

釣り上げましたが一人のりぞーさんだけが

蚊帳の外。そこで遠投を試してもらうと

いきなり大きなアタリー釣れてきたのは

今年最大、80センチぴったりのビール瓶。

晩秋ならともかく、この時期にこれだけの

大物は珍しい、やはり今年は当たり年と

いって間違いないですね。







その後も各人釣果を伸ばし、自分が5匹、

のりぞーさんが2匹、初挑戦の○内さんが

4匹(!)となって日付けも変わったし、そろそろ

撤収にかかります。







2020_0813080120005 







5匹とはいってもごらんの通り45センチと

鉛筆ぎりぎりのサイズも混じってあんまり

大漁という感じではないのですが、これでも

数に関しては自己最高、文句は言えません。

しかし片付けにかかっていると最後の竿に

またまたアタリがー








2020_0813080120006








最後の最後にこの日のMaxとなる68センチ

ゲットでもう一枚写真を取り直す羽目に

なりました。これで前回までの1回当たり

平均3匹という数字もアップしたし白焼きの

材料も大量確保、しばらくは家庭菜園に

専念できそうですね(^_^)

 

 

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「プチ神がかり」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (14)

2020年8月11日 (火)

掟破りのクーラーインプレ

2020_081108090001 







ようやく。

数年ぶりで。

こころゆくまで白焼きにありつきました、もちろん

自分で釣ったハモ。やっぱりワサビしょうゆが

一番合いますな、姉やいとこにも大好評(^^)









もちろんこれだけいっぺんに消費すると在庫も

心細くなるので近いうちにまたハモ釣りに

行って来ないとなりません。それはさておきー









個人的には釣りに行ってもせいぜい次の日には

帰ってくるので、クーラーなんぞなんでもOKと

思っているのですがこれがのりぞーさんとなると

サケやタカノハ狙いで2泊3日なんていうのが

当たり前になるらしい。行った先にコンビニが

近くにあれば困りませんがどこでもそううまくは

いかないので食料も3日分用意するとか。








そこでいきおい、真空パネル入りの高価な

クーラーを使っているのですが保冷性能が

メーカーによって測定方法がまちまちなため

単純に比較できません。そこで手始めに

のりぞーさんの6面真空、クーラー容量の

2割の氷が65時間もつというクーラーと

冬にネットで購入したプロターゲットなる

1面真空のクーラーを比較してみることに。










2020_081108090004 








こちらはのりぞーさんの6面真空35リットル。

現行品なのでメーカーと機種名は伏せておきます。









2020_081108090005 










こちらは「や」シールがかっこ悪いプロターゲット。

http://yammys-diary.cocolog-nifty.com/blog/2020/02/post-37055b.html

底だけの1面真空で気になる保冷時間に関しては

何時間とは書かれていませんが当社比2.5倍と

あります。どれと比べればいいのだろう(^^;

ちなみに容量はどちらも35Lと全く一緒です。。

このふたつに2Lの氷を二つずつ入れて

放置すること42時間ー









2020_081108090002









室温は20度台で車の中よりは涼しそうですが

まあそこまでこだわらずともいいでしょう。

42時間が経過してふたを開けるとさすがに

どちらも氷は残っています。ではそれぞれ、

溶けた水をバケツにあけて比べてみます。









2020_081108090003










・・・。

なんと水の量は全く一緒。ちなみに残っていた

氷は約3割。下手をするとプロターゲットの

ほうが優秀かもしれません。2.5倍でこれなら

4.5倍とか6.5倍となっている上級機種は

いったいどれだけすごいのやら。ちなみにこの

シリーズ、ネットでは探せば今でもけっこう

出品されていますが(かなり前に生産終了)、

当時の定価以上で現在取引されているものも

あるようです、いやリョービ恐るべし。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「プレミア品?」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (4)

2020年8月 9日 (日)

神がかりへは道遠し

中々好調な今年のハモ、ここ数年はたまに行っても

釣れれば上出来という感じでしたがここまでの3回で

いずれも3匹、2匹、4匹と釣れた上に一緒に行った

のりぞーさんが一度に8匹も釣るのを見てしまうと

人間だんだん欲が出てきます。







前回の大岸ではマジメに釣ったのは3、4時間にも

かかわらず4匹つれたことだし、日暮れ頃から

びっしりやれば8匹くらい釣れるかもー

ということでまたまた行ってきました🚙💨









2020_080708070003










2020_080708070001 









日暮れ時に着いてみると金曜日ということもあって

港は全くの無人、貸切状態です。さっそく外防の

先端で竿を出しますが心配した台風の影響も

さしてなく、海もナギだし風もそこそこ。これは

いけるかもしれません。







しばらくは音沙汰がありませんでしたが8時を

過ぎたあたりからハモのアタリが出始めます。

ただしアタリは来るのですがどうしたものやら

さっぱり針掛かりしてくれません。ハモの場合、

最初にチョンとか小さいアタリがあってそのあと

大きく引き込む本アタリがあるのですかさず

アワセを入れるのですがそれが連続スカ⤵









それが4、5回も続いて一度などはアワセて

「よし乗った」と思った瞬間にすっぽ抜け💔

気がつくとすでに9時、1時間半が過ぎています。

これはまさか、○ボで帰る羽目にー








さいわいそのあとようやく50オーバーが釣れて

持ち帰りは確保したものの、その後もスカシ続出で

2匹目が釣れたのは11時近くです。いずれも

針が口先に刺さっている状態だったのでこの日は

あまり魚の食い気が立っていなかったようですね。







そんなこんなで最終的に釣れたのは53センチが

2匹と45センチが1匹。みごとに今までの平均

通りの釣果となってしまいました、自分がここまで

へたくそだったとはああ情けなや(>_<)

 

 

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「ぜいたくな」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

 

| | コメント (2)

2020年8月 5日 (水)

やっぱり今年はハモ豊漁?

2020_080308020005









家庭菜園への行き帰りには必ず小樽を通りますが

平日の夕方にもかかわらずごらんの状態です。

先々週のイカ爆釣の余波は続いているようですね。

そのせいか石狩新港は週末も例年に比べると

がら空きといってもいいような状態でしたがー








さて、今週は連日の雨模様ですがその前に

もう一度、今年のハモ模様を調査すべく、前回と

場所を変えて大岸漁港まで行ってきました。

外防先端までテクテク歩いていくと既に先客が

竿を4本出してスタンバイ中です。








挨拶して内海側で竿を出しますが予報と違い

けっこうな風が吹いています🌀

それでも竿を出してすぐにいきなりアタリがきて

45センチくらいと小さめではありますが本命の

ハモゲット、これは幸先よし😖








2020_080308020001 








しかしそのあとが続かずしばらくはエサを

つけては投げなおす時間が続きます。

先客もカニとヒトデに苦労している様子ですが

そのうちに風も止んできたので外海側に

プチ移動。









2020_080308020002 










するとほどなくチョンという前アタリに続いて

ハモ特有の振り回すようなアタリが。アワセも

ばっちり、釣れたのは50半ばの食べごろサイズ。

さらにそのあと、今度は62センチとまずまずの

サイズがつれました。








2020_080308020003 








しかしその間、先客のほうは相変わらず

ぱっとしない様子で話を聞くとどうもエサの

違いが怪しい。こちらはサンマとイソメで

ほとんどサンマに来ているのですが

あちらのエサはイカとイソメ。せっかくなので

サンマを試してみませんかといってみましたが

そろそろ時間なのでと帰ってしまいました。








一応この日は潮の上げ止まりの1時半までと

思っていたのですが12時過ぎに4匹目が

釣れたまではよかったのですが、その後雲が

きれてこうこうと満月が照り始めました。









2020_080308020004 








夜釣りで夜行性のハモやソイを釣っているときに

こうなっては期待できないので予定通り、1時半に

竿仕舞いとしましたがここでこれだけまとまった

数がつれたのも久しぶり、いよいよ今年は

久々のハモの当たり年といえそうですね(^^)

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「自分も行く!」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (8)

2020年8月 3日 (月)

夏真っ盛りの家庭菜園

2020_073007310004







毎年おなじみのブドウ棚。いつもの年だとせっせと

脇芽やら巻きヒゲなんかをとってまわるのですが

きりがないし、釣りに行くヒマもなくなってしまうので

今年は当分放置して、お盆すぎに枝止めするときに

まとめてやっつけることにしました。








2020_073007310001









こちらはさんざん種まきに苦戦した落花生。

ごらんの通り、ようやく花が咲き始めたので

マルチのビニールを外して追肥しました。

順調に行けば9月の末か10月くらいには

収穫なのですが果たしてどうなりますやら。









2020_073007310003 








暑くなってスイカも急に伸びまくり、そろそろ小さな

実をつけているのでカラスにつつかれないよう

これまたネットがけ。お盆すぎには初物が収穫

出来そうな感じです。なんたかんだいって今年の

家庭菜園は全体的に順調です。









2020_073007310002









しかし順調すぎるのがこちらのミニカボチャ、

カボチャというのは地面を這うはずなのですが

生育がよすぎてだんだん盛り上がってきました。

このままいったらカボチャの葉と茎のかたまりが

背丈近くになりそうでちょっと恐怖(^^:

 

 

 

 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 「今年も豊作」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

 

| | コメント (4)

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »