日記・コラム・つぶやき

2020年1月26日 (日)

超大型のボーダーライン

前回の記事で「超大型マガレイ狙い」と書きましたが

後になって考えてみると超大型って具体的には

何センチ以上かというところが定かでありません。

そこで今回は投げ釣りの主な対象魚に関しての

小型/中型/大型/超大型のボーダーラインに

関しての個人的な見解を。








まずは当然マガレイからですが、たしか18センチ

以下は資源保護のため放流してくださいという

ことになっているのでこのサイズが小型ですね。

正直これ位だと測りもせずにリリースしますけど。

中型と大型の境目は・・・やっぱり30センチ?

そして超大型はやっぱり40オーバーでしょうか。








クロガシラはどうかというと、逆に超大型から

考えると50センチオーバーでいいと思いますが

そうすると中型と大型の境目は40センチ、小型は

25センチ以下といったところかな。








これがタカノハになるとやはり資源保護のため

35センチ以下はリリースと定められているので

かなり大きいけれどこれが小型、中型と大型は

45/50センチあたりで分かれ、超大型は

60オーバーとなります。とてもじゃないけれど

釣れる気がいたしません(^^;







カレイはこれくらいにして根魚となるとー

まずソイですが、ソイの中で比較的大きくなる

クロゾイだと25/35/45センチを境目に

サイズ分けしていいのではないでしょうか。

(マゾイ・シマゾイはこれより5センチダウン)








これがアブラコとカジカになるともうすこし

ラインが上がって30/40/50センチ、

ただしウサギアイナメは個人的にほとんど

なじみがないし、ギスカジカ(ツマグロカジカ)は

ぜんぜん別物なのでこの限りではありません。

 

 

 

 

などと書いておりますが正直、超大型どころか

大型も釣ったことがない事実にいまさらー

今年はタカノハ狙いの年?












にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「不戦敗」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (2)

2020年1月23日 (木)

取らぬ狸の皮算用

本当は2020年の年間予定といきたいのですが

どうも近年、秋になると家庭菜園疲れなのか、

急激に釣りに対する意欲が衰えてしまいます⤵

なのでとりあえずは前半6月までの釣行予定と

いうことで。








1月は前回の美国で魚の顔も見たことだし

週末もあと1回、出撃はちょっと微妙ですね。

さらに2月3月もあくまで天気しだいですが

ここ数年、○ボを逃れるのがやっとという釣りが

ほとんどなのでせいぜい忍路で山越えするか

遠出しても西積丹までが限界でしょう。








4月ーバイトも終盤戦、週休2日になりますが

家庭菜園でブドウの枝を燃やさないとならないし

釣りに時間はかけられません。なのでここ数年、

マークし続けている4月限定の近場ポイントで

シーズン初めの超大型マガレイ狙い一本やり。








5月からはバイトがなくなるかわり、家庭菜園が

本格的にスタートします。マガレイシーズンも

最盛期になりますが、GWなんかは特にどこの

釣り場も激込みだし、あいにく家庭菜園の方も

やることがいっぱいあるので少ない出撃回数で

確実に結果を出したいところです。ーとなると

やっぱり瀬棚の沖堤とか? (過去あまり結果が

でていませんが(^^; ) あとできれば今年も

また釣り会にも参戦したいなあと思っています、

それも過去経験のない日本海の磯場で。








6月は今年もカズさんと神威岬の船渡しで

メタボソイとデカアブラコ捕獲、それに白老の

沖堤で夢よもう一度のババガレイ狙い👊

この月後半にはアメリカから姉が帰国するし、

加えて毎年恒例の家族旅行もありそうなので

噴火湾のマガレイと苫小牧・室蘭での大クロは

行けますかどうか。








しかしこうしてみると最近は新しい釣り場を

あまり開拓していません。家庭菜園と同じで

いつも決まった釣り場ばかりだとそのうちに

だれてくるので、4月と5月には新規開拓も

出来れば何箇所かしたいものですね。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「たとえばどこへ」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (4)

2020年1月16日 (木)

釣り車が欲しい

いきなりとんでもないタイトルですが(^^;

ここ10年ほどは○ンバーディアスに2台続けて

乗っておりました。1台目がお亡くなりになった

顛末はいつぞやアップした覚えがありますが

2台めも残念ながら昨年お亡くなりに💔









この車、難点といえば

1.貨物車なので乗り心地がいまひとつなのと

  フロアが高くて小柄な人は乗り降りに苦労する。

2.背が高い車の宿命で風に弱い (かつて冬の

  中山峠で突風のためガードレールに接触💦)

3.立体駐車場に入らない。

4.ボンネットがないので正面衝突した場合が

  非常に不安。

などなどですが、その反面長所としてはー

1.座高が高いので運転中の見通しがいい。

2.なにより荷物の積める量がはんぱない。

  人間3人とその釣り道具も楽に積めるし

  畳サイズのコンパネもノープロブレム。








というわけで、この荷物の積載量が釣り及び

家庭菜園にはたいそう好都合だったのですが

その点今乗っている車はしごく普通の軽なので

乗り心地こそいいものの、荷物はぜんぜん

積めません⤵ まあ後部座席をフルフラットに

してしまえばいいのですが、それでもやはり

限界があるしめんどくさい。常時釣り道具を

満載したままで4人が乗れたサンバーが

いまさらのようになつかしい。








しかも今年は久々にゴムボートなんかにも

乗ろうかと思っているのですが、これがまた

ボートを積むと釣り道具が積めません(>_<)

去年の秋には収穫したブドウやダイコンを

積むのにもけっこう苦労したしー








そんなわけで最近、バイト先での昼休み中

ネットで中古車情報をチェックする毎日です。

釣りと家庭菜園の荷物を運ぶだけなら別に

たいしてきれいでなくてもいいし、家庭菜園に

置いておけば駐車場の心配もありません。

釣り専用車ならそれこそ車中泊もできるように

車内をキャンピング仕様に改造したりしてー












などと妄想はふくらむいっぽうなのですが、

あまり安い車を買ってあとあとメンテ費用が

かさむのも困るし、冬場に乗る予定はないので

一年のほぼ半分はほったらかし?

それくらいならいっそその都度軽トラックでも

レンタルしたほうがいいような気もするしー

とあーでもないこーでもない今日この頃。









ま、とりあえず春まで考えようっと🎵


 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「お財布大丈夫?」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (2)

2020年1月11日 (土)

2020お神酒インプレッション

新年は2日が仕事始め、4日も出番で月曜からは

平常勤務と、正月休みも正直あまり休んだ気が

しませんがまあガス屋なんてこんなもの。

とりあえず雪が降らないのが大助かりですが

逆に雪祭りやスキー場のように雪が降らなくて

困るところもあって世の中いろいろですね。

だからといって大雪になるのも考えものですがー









さて、これでもかと買い込んだお神酒6升ですが

今年は例年ほどは呑めませんでした。

というのも、12月にはいっての入院中の断酒と

ふだんも平日の寝酒をやめたらあっというまに

お酒に弱くなってしまいました😞








おかげで今の時点でも半分がようやくやっと、

3升まで呑んだかどうか (もちろん一人で

呑んだわけではありません)、この調子では全部

なくなるのは来月という感じですが、とりあえず

味見だけはしたことだしー








2019_122712270004 








ということでまずは子供時代の思い出深き(?)

大関多聞からいってみましょう。昔していたように

元旦、熱燗にしてまずは一献・・・。

おや、意外といけるような。燗付けしたせいもあって

記憶にあるほど呑み難さは感じません、いたって

普通の燗酒です。これはこれでありかも。








と思ったのもつかの間、燗が冷めてくると急に

甘ったるさと不自然な酸味が。好みもありますが

正直、ぬる燗では今でも無理。やはり熱燗にして

舌をごまかさないと厳しいものがありました。

よって料理酒決定。










2019_122712270001









続いては怒涛の景虎三つ巴、純米酒に加えて

超辛口の紫と青ラベルですが何が違うかと

いいますと原料のお米の精白度合いでした。

青ラベルのほうがお米をより削っており、

結果お値段もやや高いのですが、たしかに

呑み比べるとこちらのほうが雑味のない感じ

がします。ただしどちらもかなり似た呑み口では

あるのでばらばらに呑んだら区別ができるか

どうか自信はありません、おはずかしい。








純米酒のほうはというと、これはこれで

おいしいのですが最近すっかり切れのある

青ラベルになじんだせいか、もっさりとした

感じといいましょうか、それこそ燗付けしたら

合いそうです。というか純米酒自体が本来

そうしたものと言われてますけどね。









2019_122712270002










さらに2年ぶりとなる李白の純米吟醸ですが、

記憶にたがわずやや甘口ぽい気はしますが

すっきりした味わいで実に飲みやすいお酒です。

呑み続けても最初の印象がぜんぜん変わらず、

やはり自分的には文句なしの高評価でした。

そういえばこの李白と景虎、いずれもかなりの

軟水仕込みだそうで、もしかすると軟水仕込みの

お酒が好みに合うのかもしれません。









2019_123112310001 









さらに今回初めてとなる越乃寒梅 灑ですが

これは意見が分かれました。ここまでためした

他のお酒とは明らかに味わいが別物です。

別なお酒なので当たり前ではありますがー

母の好みは淡麗辛口タイプで、それなら

これも一般的な評価では淡麗辛口とあって

気に入っても良さそうなものですが、なぜか

このお酒に関してはお気に召しません。







「穏やかな香りと、体の中にスッと流れ落ちて

いくような飲み心地。それでいて確かな米の

旨味を感じる。灑が目指したのは、そんな、

控えめな中に芯のある、ライトで飽きの来ない

日本酒です」

これは酒蔵のコメントですが、別に淡麗とか

辛口というふうには書かれておりません。

個人的には昨今の淡麗辛口だらけの中に

あってはややもすると逆に濃醇旨口では

ないかと感じました。これが昭和の50年代で

砂糖や添加物だらけの三増酒全盛の頃なら

淡麗辛口というのも納得できますがー







ただそれはそれとしておいしいのは確かだし

アメリカの姉のところでも好評だったようで、

そのうちまた買ってきたいお酒ですね。









2019_122712270003








さて、最後になりましたがブロ友の萩さん推奨

島根一押しの「月山」です。左が純米辛口、

右が純米でかなり辛さがちがうのですが

ずばり右の純米に軍配があがりました。

多聞を除くと今回の中では一番の甘口ですが

まったくしつこさを感じさせないすっきりした

飲み口でどこか李白に通じる気がしました。

辛口を呑むなら景虎のほうがいいかなあ。

しかしこうしてみるとまだまだ知らないお酒が

世の中たくさんー












来年のお正月が楽しみですな😃

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「えらく先」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (2)

2019年12月31日 (火)

買いも買ったり・・・

いよいよ2019年も残り少なとなりましたが

新年に向けてお神酒の用意も万端です。

いつもの年はなじみの酒屋さんで目に付いた

お酒を買うのですが今年は趣向を変えて

銘柄にこだわってみました。








2019_122712270001








まずは最近すっかりお気に入りの越乃景虎。

定番となった超辛口本醸造にくわえてただの

超辛口。何が違うのかよくわかりませんが

とりあえず呑み比べてみようということでー

さらに20数年前、初めて呑んだ景虎ですが

純米酒も久々に買ってきました。







2019_122712270002








お次は去年のお正月に吟醸酒のお試しセットを

いただいた中で自分的に一番評価の高かった

李白の純米吟醸。去年は1合半の小瓶で

あっというまになくなってしまったので今回は

じっくりたっぷりと味わいます。









2019_122712270003









そして李白と島根つながり、さらにブロ友の

萩さんのおすすめ、月山です。札幌ではまず

売っていないのですがネットで調べてみると

一軒だけ扱っているお店があったので

さっそく買ってきました。種類がいろいろ

あったのでこちらだけはとりあえずお試しで

4合ビンです。









2019_123112310001









最初はこれくらいでと思っていたのですが

アメリカの姉がお正月に呑むという越乃寒梅、

「さい」(さんずいに麗、変換できなかった⤵)

たまたま見かけたのでつい買ってしまいました。









2019_122712270004









最後におまけで買ったのが大関の多聞です。

なぜかというと子供の頃、新年はたいてい

祖父の家で迎えたのですが元旦には子供も

お神酒をいただくことになっており、そこで

燗付けされて出てきたのがこの多聞でした。

しかし今と違ってお酒など呑みつけないうえ

へんに甘いのとアルコールにあてられて

それ以来、日本酒は成人するまでまったく

受け付けなくなったといういわく付きのお酒。

今ならどう感じるか、熱燗で一口ー

ただしやはり今でもダメだったら料理酒にする

予定なのでこれだけ小さめの紙パック⤵









2019_123112310002








そんなわけで買いも買ったり、ごらんのとおり。

いくらなんでも6升は呑みきれるわけありませんが

すぐに腐るものでもないし、まあいいか(^o^)

それでは皆様、2020年も当ブログをよろしく

お願いします、よいお年をお迎えください。





 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「大小同じビン」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (2)

2019年12月28日 (土)

やみいの入院ダイアリー その5

2019_121812180020 







ちょっとアップのタイミングがずれましたが

病院のホールにも大きなクリスマスツリーが

飾られておりました。当初の予定では入院は

1週間といわれていたので5日目あたりで

そろそろその話題が出るかと思いましたが

回診でもさっぱりなしのつぶて。







さらに毎日のことなのですが2日後の食事の

注文などもとられるし(朝晩は希望すると

ちょっとメニューに変化をつけられる)、

まさか退院が延びるのではー

職場にも「1週間で復帰」とか言ってしまったし

それは非常にまずいなあと思っていましたが。







6日目の回診で先生が「手術の経過も順調だし

そろそろ退院のことを考えますか」

(゚∀゚)ノ おおっと、ついにきたー!

いつでも退院できますと言われては迷わず、

「では明日退院します」






・・・はい、あっというまに退院決定です。









というわけでこの夜はうきうき、夜食のパンを

かじりつつYou Tubeなんぞを見て幸福な

眠りに就いたのでした。ちなみに同室者の

イビキはどうなったかというと、寝入りばなは

すさまじいものの、2時間もするとさしもの敵も

熟睡してかなり騒音レベルが低下すると

判明したので12時近くまでYou Tubeを

見ることで無事解決🎵







翌朝も検温の後はいつものとおり温室歩き、

最後の回診を済ませて晴れて自由の身です。

帰宅するべく地下鉄の駅へーとその前に。









2019_121812180030









前夜食べログでチェックしておいた、もよりの

ラーメン屋にガラガラー

「すいません、ラーメンとチャーハンのセット

お願いします😃」

あっというまの1週間でした、めでたしめでたし🎶

 

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「たちまち不健康」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (4)

2019年12月26日 (木)

やみいの入院ダイアリー その4

入院している間、ずっと気になっていたのは

空気の乾燥していることです。室温がほぼ

28度ということもあって湿度は常時40%。

中にはパーソナルの加湿器を使っている人も

いましたが焼け石に水。







さらに1週間とはいえあまりぐーたらしていると

足腰もなまってしまいます。退院したらすぐ

仕事だし、来年はもう少し磯歩きもしたいので

すこしは体を動かさねばいけません。








最初は階段を登ればいいかと思いましたが

たまたま工事中で患者がうろうろするのも

はばかられます。どうしたものかと思って

いたら1階の片隅に温室を発見👀









2019_121812180014 







もちろんたいして広くはありませんがそこは温室

だけあってそれなりの湿度だし、花や熱帯植物が

どっさり並んでいるとなかなかの癒し空間です。

バナナの木にはちゃんと青いバナナとつぼみ

(ハワイでおなじみ) がついているしー








2019_121812180002







2019_121812180007









殺風景な病室でくすぶっているよりこちらに

いたほうが精神衛生的にもよほどよろしい。

なのでさっそく朝昼晩と人の少ないときを

みはからっては温室内を歩き回るのが

日課となりました。






あとちょっと珍しかったのはこちらの花です。

ゴクラクチョウカというのですが、たまたま

花を咲かせており、たしかにそんなふうに

見えます(ただし本物の極楽鳥はみたこと

ないですけど)。







2019_121812180004







2019_121812180008 








2019_121812180006







ただしバナナのつぼみとゴクラクチョウカの花は

数日したらなぜか切り取られてしまいました。

青いバナナはそのままでしたがこれってけっこう

いいタイミングにあたったのかもしれませんね。

 

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「模範患者」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年12月24日 (火)

やみいの入院ダイアリー その3

手術の終わった翌日、相変わらず点滴中につき

もっぱらベッド生活を余儀なくされておりますが

さすがに読書とネット三昧にも飽きてきました。

週末に入って回診も全然来ないしー








となるとそろそろアルコールやらニコチンが

恋しくなるかと思いましたがさにあらず。

もともとアルコールのほうは思うところあって

12月に入ってからはほぼ断酒状態でしたが

(寝酒が過ぎると仕事中にトイレが近くなる)

タバコも全然吸いたくなりません。これなら

禁煙もたいして苦労はなさそうです。








しかし向かいのベッドの患者は1日何度も

完全武装で出かけております。どうやら

タバコを吸いに行くようですが、北大病院は

敷地内は完全禁煙なので歩道を渡って

道路向かいのコンビニまでプカプカやりに

いくようです。しかもこの彼、食事には

おかゆが見えなくなるくらい、のりたま

(ふりかけ)をぶっかけるのはともかくとして

食事を残してスナック菓子を食べ放題、

さらにカフェオレやミルクティーを欠かさず

はては薬を飲む時もコーヒーで飲むという

ありさまで、いったい病人の自覚があるのか

見ているこちらの方が心配になってきます。







2019_121812180021








もっとも今まで病院では基本的に出てくる

食事しか食べないのかと思っていましたが

けっしてそんなことはないようですね。

なにせ大病院だけあってサーティワンに

タリーズ、ローヤルまであるし、コンビニの

品揃えといったら日用品はわかりますが、

食べ物、お菓子、さらにおかずものの類と

いったらスーパーそこのけです。







2019_121812180019









病棟各階に給湯室があってカップラーメンも

こしらえられるし、電子レンジも置いてあって

いたれりつくせり。さらにものぐさな人には

軽食の自販機があってハンバーガーに

焼きおにぎり、からあげにたこ焼きまでと

いや北大病院恐るべし。クリックすると

画像は拡大されます。






2019_121812180016









結局多少はコンビニのご厄介になりましたが

今度入院するときは非常食を用意しても

いいかもしれませんね。

 

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「のりたま持参」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (5)

2019年12月22日 (日)

入院、もとい通院ダイアリー

せんだって猫の調子が悪いとアップしましたが

おまけにここ数日、気がつくと下の犬歯が口の

外側に見えてきてしまっています。体重も

一番重かったときには5キロ以上あったのが

3キロくらいになってしまっているしー







2019_122212220001








年末年始も近いことだし、これは一度病院で

診てもらおうと猫をキャリーバッグに詰め込み

行ってきました🚙

以前に比べるとおしっこの回数も増えたし、

年齢的にもそろそろ腎不全にでもなったかなと

予想はしていたのですがとりあえず血液検査。








歯のほうは「歯槽膿漏ですね、猫が気にして

いないようならそのうち抜けておわりです」

ということであっけなく済んでしまいましたが

かんじんの検査はというとー








血液 異常なし

肝臓 異常なし

腎臓 異常なし

その他もろもろ 異常なし

「まったく問題ありません、14、5歳にしては

珍しいほどの健康体」ですと。それでも

しいて言えば歯槽膿漏の関係で白血球が

若干多めだというので注射を1本打たれ

ましたが、体重減も年齢的なものだそうで

しばらく前の食欲不振は何だったんだろ。








まあ健康にこしたことはないのでまずは

一安心ですが、大して変わらない検査なのに

飼い主より猫のほうが高くつくというのは

なんだか複雑ですね💧

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「保険様々」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (2)

2019年12月21日 (土)

やみいの入院ダイアリー その2

さて入院2日目。この日は2番目の手術で

9時過ぎにはお迎えが来るので準備ー

といっても食事は抜きだし、なにもすることが

ないのでベッドで待っているだけですが。







かんじんの手術はというと、横になって

手術室に運ばれ、麻酔をかけたと思ったら

あっというまに人事不省、気がついた時には

もう手術完了です。

別に麻酔のせいで調子が悪くもならないし

病室に戻されてあとは夜まで断食の行。

さすがに点滴を付けてまで動き回る気にも

ならないので終日ベッドで読書三昧です。







そんなこんなでいつのまにやら夕食タイム、

子供の頃にも同じところを手術したのですが

たしかその時は数日間、流動食だったので

もしかしたら今度も? と思っていたのですが

予想に反して普通の夕食です。というのも

手術したのが耳の近くだったので口を動かすと

なにやら出血の気配がー









まあ口を動かさずには食べられないことだし

別に問題ないのだろうとたいして動じもせず

食べ終わりましたが、それもあってかホントに

手のかからない患者だといって看護師さんにも

感心されてしまいました(^^;








それにしても病院のタイムスケジュール、

早寝早起きの見本としかいえませんが

6時 起床+検温

8時 朝食

午前 回診その他

12時 昼食

18時 夕食

21時 消灯

これで退屈しない人はいないでしょうね。








しかし同室の人たちを見ていると就寝時間

なんぞ関係なく、昼間でもおかまいなしに

寝ています。普段だったらこれだけ好きに

寝ていいとなると夢のような生活ですが

いざそれが現実になってみると・・・

2日であきあきしてしまいました。さらにこの夜も

周囲のイビキの合唱でなかなか寝付けず⤵

 

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「ぐーたら三昧」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (2)

より以前の記事一覧