音楽

2019年1月21日 (月)

やみいの音楽ダイアリー①

さて、前回の更新で久々の音楽活動について

書きましたがついでに最近いれこんだ音楽の

いくつかを紹介してみたいと思います

ただしあまり万人向けとはいえないので

興味のない方はスルーしちゃって下さい。











最近の傾向として何かのきっかけである

バンド、もしくはアーティストにはまると

だいたい1年ないしは2年、その音楽を

徹底的に聞いております。手に入るCDや

DVD、ビデオなどーただしYOU TUBEは

よほど他に音源がない限り、あまり見る

ことはしません。あれはアーティスト自身に

とっては必ずしも納得いかない出来の

ものがかなりある気がするものでー











で、ここ10年くらいを振り返ってみると

ボニー・レイット、

ページェント、

ZELDA、

マンハッタン・トランスファー、

EPOなどなどにはまっておりました。

まずはこの中でもっともマイナーと

思われるこのバンド。












Img093












ページェント。1980年代後半に関西をベースに

活動していたバンドですがプロではありません。

レコードデビュー当時は全員がサラリーマン

だったらしく、あとのほうではメンバーも

大幅に変わっているのでどうなのかは

わかりませんが、その当時にあってもかなり

知る人ぞ知るという存在だったのでしょう。












最近このバンドを知ったのは、とあるメタルと

プログレについてのブログでなのですが

そこではこんな風に説明されています。

「大正の耽美文学を思わせる独自の歌詞と

楽曲は他に類を見ない世界観でサウンドを

彩る」そうでこれはプログレ好きとしては

ぜひ聴いてみなくてはー











ただし物がものだけに新品などあるはずも

なく、ネットと○マゾンでポチ&ポチ。

といっても3枚しか作品を残していないので

いともあっさりコンプリート。1STアルバムの

ジャケットが上の画像なのですが確かに

おどろおどろしい雰囲気です。気になる

音のほうはというと、いかにも全員プログレ

好きですという曲と演奏、歌詞のほうも

何かの怪奇小説からモチーフを得たような

ものばかり。











そしてなんといってもボーカルがおすすめ。

永井博子(のちに大木理沙と改名)という

このボーカリスト、やけに個性的な歌い方

をすると思ったら実は音大の声楽科卒だ

そうで思わず納得。











しかしこのバンド、このファーストではかなり

アマチュアっぽく(というかアマチュアですが)

レコーディングにもまだ不慣れなようで

演奏にあちこちアラが見えるのが惜しい

ところです。まあその弱点はセカンドおよび

サードアルバムにかけて次第に解消される

のですが、後にリーダーのギタリストが

バンドを脱退するためサードアルバムは

ほとんど永井博子が全曲を書いており、

アルバム自体の完成度もファーストより

格段にアップしています。なぜここで解散

してしまったのか惜しい限り。












それからこの永井博子ですが、どうも

ケイト・ブッシュがお気に入りのようで

セカンドにそのカバーをやっている

ライブ音源が収録されています。(のちに

自主制作したCDでも別な曲をカバーして

いるらしいけれどそちらは未聴です)

ケイト・ブッシュという人も相当マニアックな

存在で(やはりしっかり聴いていました)

歌も曲もついでにステージも個性の塊

みたいな人でしたが、そのカバーをやる

なんて、他にはパット・ベネターくらいしか

思いつきません。













それはともかく、アルバムが3枚しかない

のではいくらなんでも物足りないので

永井博子つながりで他に何かないのかと

探して見つけたのがこちら。












Img095











ページェントにも参加していたメンバーが

新たに立ち上げたMr.シリウスなるバンド。

同じプログレでもこちらはまたがらりと

雰囲気が変わりますが(おどろおどろしさが

消え、より叙情的かつテクニカル・・・?)

やはり永井博子改め大木理沙のボーカル

は超おすすめです。ただしページェントに

比べると楽曲のせいか、歌を聞かせると

いうよりも歌が楽器の一部になっている

ような印象を受けますがそれは好き好きで。












しかしこのバンドもスタジオ盤2枚とあと

海賊版みたいなジャケットおよび録音の

ライブアルバムの計3枚で活動停止。

いくらなんでもまだ何かあるだろうと

半分意地になって探したらこんなのが。








「ファイナル・ファンタジー・ヴォーカル・

コレクションズ」

ゲーム好きの姪にあげてしまったのでCDが

手元になくて画像はありませんが、あの

ファイナルファンタジーの音楽に歌詞を乗せて

大木理沙がそれを歌うというアルバムです。

パート1の"PRAY"とパート2の"LOVE WILL

GROW"という2枚が出ているのですが

これはもう、ほとんどロック色は皆無になり

バラード、たまにボサノヴァ、はてはほとんど

クラシック風etc。まあ大木理沙の歌が

じっくり聴けるという点では決して不満は

言えませんけれど。










なんでも単発ではあちこちでいろいろ歌って

いるみたいですが、いちいち一曲のために

CDを探し回るほど凝り性ではないので

最後にあと一枚だけ。












Img094












「新グレンミラー物語」、グレンミラー楽団の

名曲の数々を'90年代風にアレンジしたと

いうものですが、これも期待に反してどうも

大木理沙が目立っていません。おまけに

ジャズのカバーで打ち込み(生楽器を使わず

リズムマシンやコンピューターでバックを

演奏させる)はちょっと・・・












まあ結局、お気に入りの音楽探しも

なかなか難しいということですな






にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「マイナー好み」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月22日 (火)

久々のオークションネタ

先日オークションで久々に変わった出品者と遭遇しました。

そもそもオークションにかぎらずものを売る場合、「よろしく

お願いします」くらいが普通だと思うのですが今回の場合、

取引の条件がいろいろ書かれていて、それはいいのですが

最後に「イヤなら入札するな!」

・・・













おまけに落札したあと、最初に来たメッセージの書き出し。

「先ず当方の入札条件は納得の上での落札ですね?」

・・・・・ 







よっぽど過去にひどいトラブルがあったのでしょうか、まあ

取引自体は何事もなく無事終了したのでいいのですがそのあと

ふと思いついて出品者の住所を見ると兵庫県。

以前オークションを始めた頃、大阪の出品者に中古のリールを

未使用といって売りつけられるということがありましたが

どうもあの界隈には変わった人が多いようです。

ちなみに何を買ったかといいますとー


















Photo005










やはりこれも学生時代から聴いていたのですが、まさかDVDで

みることになろうとは。ちなみにどんな音楽かといいますと

昔流行ったフュージョンの目一杯派手派手ハードな感じ。

特にドラムがお気に入りだったのですが他のメンバーが

ソロをやっているうしろでいきなり自分もソロを始めてしまう

無茶苦茶ドラムはあいかわらず健在でした、東原力哉。





にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「全然知らない」という方も何とぞポチッと。
にほんブログ村

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年1月20日 (日)

冬によくあう音楽はー

学生時代、仲間内で話していて音楽と季節の相性という話になり

夏はレゲエで冬はジャズということになったことがありました。

春と秋は・・・おぼえてません 

さて、今日は久々に音楽ネタでのアップです。去年の暮れのこと、

たまたま入ったお店でこんなCDを買ってしまいました。









Photo002









いったい誰かと思う方が多いかもしれませんが、ジャズコーラス

グループ、マンハッタン・トランスファーのメンバーです。

昔はあまり良さが分からなかったのですが、年を取るにつれて

落ち着いた歌ものに好みがシフトしてきました。もっともこの人、

ステージを見ると「落ち着いて」どころか一番メンバーの中で

エネルギッシュで目立っていたのですけれどね。











Photo008










もちろん歌のうまさは折り紙付きですがこの選曲がまたー

レオン・ラッセル(有名なのは別バージョンですが)にはじまり

キャロル・キングにボニー・レイット、ノラ・ジョーンズに

シンディ・ローパー、ジョニ・ミッチェルetc。 そしてなんと

クロージングは「いとしのエリー」という、リアルタイムで

慣れ親しんできた名曲ぞろいです。









しかもジャズシンガーだからといって特にテクニカルなアレンジを

ほどこすわけでもなく、むしろ淡々と歌っているのですがそれが

ツボをおさえたバックとあいまって、なんともいえない聴き心地の

良さを感じさせてくれます。今年に入って車の中では8割方、

このCDがプレーヤーに入っています。もちろん好みはありますが

いままで聴いた人は例外なく気に入ってくれました。もし興味が

あればぜひ聴いてみてください、ちなみにこの名前、「シェリル・

ベンティーン」と読みます



にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 釣りじゃないけどよろしければ何とぞポチッと。
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年9月21日 (月)

釣りに行くときのBGM その1

釣りに行くとき、当然車に乗っていきますがその途中のこと。

たいていの場合はあまり静かだと寂しいのでCDやMDを聞きつつ

目的地を目指します。で、何を聞くかですがー








もちろんそのときの気分次第ですが、季節や時間帯によっても当然

変ってきます。最近でいうと夜中のハモ釣りがほとんどなので、

当然夜のドライブ となるとー
















Photo002























最近けっこう聞いているのがこちらです。EPOというと80年代、

夏が似合う元気路線をまっしぐらでしたが、このCDの前後から

だんだんしっとりした雰囲気に路線変更しています。最近では

時にはしっとりどころか純日本風ですらあったりします。まさか

EPOが「さとうきび畑」を歌うとは想像もしませんでした。








このCDの中で一押しは「星になれなかった涙」。本来機械を

多用した打ち込み音楽にはなじめないのですが、この曲だけは

なぜか例外です。たぶんあまりそれっぽくない音作りのせいかな。

夜中に運転しながら一人で聴くとしみじみした気分になります。










Photo003
























そしてこちらのCDではしっとり路線はもちろんですが、かなり

アコースティックかつオリエンタルな音作りになっています。

胡弓を使った曲があったりして、二胡もそうですがこうした

中国固有の楽器の音にふと不思議ななつかしさを感じるとき、

歳を取ったなあとしみじみ感じてしまいます。

どちらにも共通していえるのは歌声の穏やかな美しさですね。

これを聴くと「さあ、ビシバシ釣るぞ」という気分にならないのが

玉にキズですが(笑)








さて、明日はどうやら仕事がお休みになりそうです。天気予報が

いまひとつ不安ですが、せっかくの一日、昼は家庭菜園の草取り、

夜はハモ釣りと行って来たいと思います、降らなきゃいいけど



にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「居眠りしそうだね」と思ったら何卒ポチッと。
にほんブログ村

| | コメント (12) | トラックバック (0)