釣り

2019年3月 7日 (木)

釣り場がなくなる憂鬱

小樽沖堤、高島沖堤、忍路竜ヶ崎、白岩漁港に

沼前岬。

一体何の話かといいますと、ここ数年で渡しを

やめてしまった釣り場です。

小樽と高島はテロ対策の影響だと思いますが

忍路と白岩、沼前岬は渡しをやっていた

漁師さんが高齢化したためとか。











石狩の沖堤は足元を見てかやたら高いし

瀬棚の沖堤はちょっと遠すぎます。











さらに立ち入り禁止になった釣り場も多数、

ぱっと浮かんだだけでも古譚漁港の外防に

オタモイ海岸、余市の北防、蛸穴ノ岬、

幌武意北防、来岸の防波堤にキナウシ岬、

大森海岸一帯などなど。中には入って

入れないことはない場所もありますが

やはり抵抗がありますね そういえば

寿都の外防波堤もあんなに高低があるのは

釣り人が入り込まないための対策だと聞いた

ことがあります。












それに加えて新しいトンネルの完成などで

入れなくなった釣り場もたくさんあります。

雄冬一帯にナガサキ・シラト、雷電海岸。

しかも今度はワッカケ岬が崖崩れのため

当分立ち入り禁止とか

こう年々釣り場が減ってしまうと投げ釣りの

人気がどんどんなくなるのも当たり前です、

まったくいやになりますな










まあ忍路くらいなら崖を下ればーというか

今までもそうしていましたが、あれもあまり

暖かくなってくるとつらいものがあるし

いっそのこと、今年は物置に眠っている

ゴムボートを久しぶりにふくらませて

自分で自分を渡してしまおうかな







にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「遭難予備軍」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年5月20日 (日)

釣りも畑も1週休み

2018_05173005170001










いやー、やっとのことで畑おこしが完了です

伸び放題の雑草も姉の応援でだいぶましになったし

ようやく畑も軌道に乗るはずなのですが、来週は

家族旅行で丸1週間留守に はたして帰ってくる

ころにはどんなことになってますやら。











まあ取り越し苦労はしてもいいことがないので

これくらいにして前回の瀬棚遠征の復習です。

いままでコマセというとカジカ釣りではいざ知らず

カレイ釣りにはほとんど使わなかったのですが

隣ののりぞーさんを見ているとネット仕掛けに

これでもかと冷凍のアミを詰め込み、ひたすら

同じところへキャスト。

潮の流れもさほどではないし、水深も10m以下と

いうこともあってか、コマセが効きはじめると

魚の釣れかたが全然違います。












近場に魚がいないなら別ですが、やはり沖堤と

いうこともあって釣果の差は歴然です。いちおう

ロケットカゴ仕掛けの竿も1本出してはいましたが

ネット仕掛け4本出しとでは勝負になるはずも

ありません。まあそのかわりギスカジカとか、

要らない魚も増えますけど。












普段は竜ヶ崎とか、けっこう歩く釣り場が多いので

必然的にコマセなんぞ持ち歩きませんがそれも

時と場合によるということをいやというほど

思い知らされた一日でした。歩く必要がなければ

赤アミブロック5個は必需品ーただしあとから

せっせと道具をきれいにするという作業が

かかせなくなりますが









とはいえ大漁ののりぞーさんでしたが、途中で

ちょっとした事件が。スカリがずっしり重くなって

いいなーと思っていたらなにやら叫んでいます。

何事かと思ったらスカリのロープがこすれて

切れてしまい、スカリは波間にプカプカ










身に覚えがあるやみいが応援に駆けつけると

ロープに鉤をつけてスカリを引っ掛けようとする

ものの、ロープの長さが足りません。

そこで別なロープを持ってきて延長し、いざ

再びスカリめがけてーとおもったらあまりに

あわてすぎて誰もロープの端をつかんでおらず

鉤とロープまで波間にプカプカ











自分のところにたまたま仕掛けを上げていた

竿があったので、こんどはそれでロープを

引っ掛けてようやくロープの回収に成功です。

しかしそのころにはスカリは波にあおられて

消波ブロックのえじきになっております。

全然見えなくなったときにはこれまでかと

思いましたが、さいわいまた見えるところに

浮上してきたので何度かのトライの末に

なんとか無事にスカリも回収成功












がっちりしているように見えるロープですが、

ナイロンというのは切れるときは意外ともろいと

再認識させられました、気をつけましょう。

ーとまあいろいろあった瀬棚遠征でしたが、

明日からいよいよ毎年恒例の家族旅行で

週末までお留守です。釣りも畑もお休みと

なりますので皆様、再来週までさようなら







にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「畑の種まきは?」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年11月 2日 (木)

2ヶ月のブランク

気がつけばもう11月、いよいよ冬も目前です。

ブドウもトータル250キロで収穫を終えました (どうも

今年はハチの被害が甚大) が今度は枝の剪定と

肥料やり、これがまたまた一仕事です。長ネギも

そろそろ掘らないとならないし。










それはそうと9月と10月は結局一度も釣りに行かず

じまい、この調子ではハモもカジカも釣らないまま

バイトが始まってしまいそうです。そこで昨夜は

家庭菜園のごく近場で今季初のカジカ狙いー

のはずでしたがまだカジカは岸寄りしていないと

みえてあえなくチビソイ一匹










こんなことでは投げ釣りブログの沽券にかかわるし

ここはひとつ、連休明けには久しぶりで日高にでも

行ってこようかなあ







にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「ハモはおしまい?」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月 9日 (木)

新アイテムと仕掛けの研究

最近はようやく寒さの緩む日が多くなり、

ようやくやみい'sルームにも足が向くように

なってきました。とはいえまだ室温はプラス

になるのがやっとなのですが電気ストーブを

いすの下に、そして足元にはホットカーペット、

さらにそれでも追いつかないときには

ポータブルのガスストーブまで動員して

毎晩のように仕掛け作りをしています。










その仕掛けですが、今年は新たなパーツを

導入してみることにしました。









2017_0305360001











それがこれなのですが、最近どこの釣具店に

行っても並んでいます。もともと毛鉤にも興味が

あったので、ちょっと似ているし試すことに。

ただこのシラスファイバ(ー)、ファイバーという

だけあって非常に切りずらい。PEラインなみに

切れないので以前、ブロ友のマルコさんに

もらった理容用のハサミでチョキチョキ

やっております。










そして先週末、パーツが足りなくなったので

久々に○狗屋と○メリカ屋に行ってきました。

せっかくなのでパーツといっしょにこれまた

超久々ですが、仕掛けもひとつ。










2017_0305360002












なんでこれを買ったのかというと、たまたま

竿が硬くてもこの仕掛けだとカレイの乗りが

いいと聞いたので参考にー

まあ遊動タイプなので竿の硬さにはあまり

影響を受けないのだろうとおもいますが、

幹糸が16号とえらく太いのは安心感があるし

針のチモトにデコレーションされている黄色い

フラッシュもいかにもアピール高そうですね。

ただこの仕掛け、フラッシュが針と一体化して

いるため、針・ハリスの交換が必要になったら

どうするのかという問題がありますが






それはそうと最近、仕掛けの針の間隔について

考えております。というのは既製品の仕掛けを

みると上針と下針の間隔がまちまちで、一体

一番いいのはどれくらいなのか気になりまして。

○り新聞には以前、40センチから45センチが

一番ダブルでかかることが多いとありました。











まあ既製品を見るとどれも35センチから

45センチくらいがほとんど、上バリと下バリが

からまないようにとなるとだいたいそのへんが

常識的な間隔なのでしょうが待てしばし。










○り新聞にしても既製品にしてもポイントは

「ダブルになる」というところなわけですが

それだと「遠投して大きなカレイを釣る」という

今年のコンセプトからズレてしまいます。

つまりダブルは二の次で、「ここにエサが

あるぞ」とカレイにアピールしたいのですが

それなら間隔は狭いほうがー










もともと今年作っている仕掛けは2本針より

1本針が主だし、そうなると結論としては

段差針」がベストということに。














段差針とはいかなるものかといいますと、

ネット検索すれば画像まで出てくるのですが

簡単に言うとエダス出しの天秤などから

長さを違えてハリスを2本出すか、または

主となるハリスの途中からもう1本ハリスを

出すという2つの方法があります。

あとハリスは1本で、カジカ用のイカゴロ針

みたいにハリスの途中と先に針を結ぶという

のも考えましたがこれは途中の針に動きが

乏しく、誘いの効果がないのか全然ダメ。

といっても文章だけではいまいちイメージが

わかないので2つ目の段差針の画像です。










2017_0305360003












これは1本のハリスの途中にチチワを作り、その

チチワをカットしてハリスにしています。

まあこれでも一応目的ははたしているのですが

糸ヨレとかいろいろ問題があるのでさらにもう

一工夫が必要です。ちなみにどんな工夫かと

いいますと・・・未だ研究中











にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「なーんだ」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年7月 9日 (木)

ハモ開幕はいつのこと?

気がつけばあっという間に7月、今年も後半に入って
おりますがようやく季節も夏らしくなってきたので
ちょっと苫小牧までハモ釣りでもー

と思ったらまだ早かったのか、はたまたタイミングの
問題なのかハモはおろか、生体反応ゼロ
おまけにせっかくここまで来たのだからと
ヒトデを拾って帰ろうと思ったら清掃されたのか、
いつものフェリー埠頭にヒトデが全然ありません

仕方がないので仕切り直し、昨夜ははるばる虻田までー
ヒトデはどっさり拾えたものの、ハモはやっぱりお留守。
仕方がない、もうしばらくはコヤシでも釣ってお茶を
濁すといたしましょうか。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2014年4月 9日 (水)

こんなランキングはいかが?

先日は忍路竜ヶ崎での崖下りの記事をアップしましたが、

それにたいして他のポイントとではどちらが大変かという

コメント(質問)をいただきました。









考えてみると釣り場のガイドブックはいろいろありますが

どれもそれぞれのポイントに関しての説明に終始しており、

難易度の比較というのはほとんどされておりません。

そこでー










ずばり、岩場ポイントの難易度ランキングです

ポイント名と個人的なコメント、それに危険度(松/竹/梅)、

車から歩く距離(遠/近)などを解説してみたいと思います。

ただし所要時間は歩くスピードに個人差もあるのでわざと

書いていませんし、「近」だからといって車でアタリを待てる

などと思ってはいけません、双眼鏡でも持参していれば

別ですが(笑)

ついでにおすすめ度も書こうかと思いましたが、これもやはり

人それぞれで相性というものもあるので省略。あと、たとえば

キナウシ岬のように明らかな立入禁止とおぼしきポイントも

割愛しておりますのであしからず。

それではいってみましょうー










第10位 湯泊岬(増毛) (梅+近) 

第9位 軍艦岩(寿都) (梅+近~遠)

第8位 尻別岬(蘭越) (梅+遠)

第7位 祈石(神恵内) (竹+近)

第6位 竜神岬(神恵内) (竹+近)

第5位 ポン茂岩(泊) (梅+遠)

第4位 大平川河口(島牧) (竹+遠)

第3位 沼前岬(積丹/神恵内) (竹+近~遠)

第2位 忍路竜ヶ崎(小樽) (松+遠)

第1位 アキアジ場(神恵内) (松+遠)











第10位 湯泊岬

正直あまりいい釣りをした記憶がないのですが雰囲気自体は

好きな釣り場です。岩場で当然歩きにくいのですが、足元さえ

注意すればそんなに危険なことはないでしょう。ただ雄冬は

年中なにかと道路工事が多く、なかなか足が向きませんね。










第9位 軍艦岩

歩く距離が近~遠となっているのは車で行き止まりの地点まで

入っていければ近いのですが、そこまで行くと駐車スペースが

限られているのと途中がとんでもない水たまりになっていたり

秋には立木が生い茂って車がキズだらけになる恐れがあって

そうした場合には手前に車を停めざるをえないので歩く距離が

大幅に延びることになります。

危ないのは備え付けのロープを頼りに岩によじ登るときですが

それ以外にもちょっと時化るといともあっさり、岩場が波かぶりに

なるので注意が必要です。あとここも足元が悪い上、随所に

水たまりがあるので転倒・水没にご用心。

去年の記事でも書きましたが、ここ2年ほどカレイに関しては

不調です。ヒラメはそこそこ釣れているようですがたぶん今年は

というか当分行かないでしょうね。それにしてもこのあたり、

最近クマが出没しているという話はほんとうだろうか。










第8位 尻別岬

ここもここ数年いい話がさっぱり聞かれません。なにぶんもろに

尻別川の河口に位置するためベストシーズンは6月だといわれて

いるのですが、いまだに入釣するタイミングがつかめません。

道路からの見た目とは裏腹に、ルートさえわかれば長靴でも

ぜんぜんOKですが以前足元の注意をおろそかにしたため溝で

転んでずぶぬれになり、デジカメを1台ダメにしています

あと、ここはどうも風の通り道になっているようでほとんど

風の穏やかなときがありません、6月でも防寒装備は忘れずに。








第7位 祈石

記念碑前の駐車場から一見すると大変そうな崖なのですが

ここも備え付けのロープがあるので、それさえ離さなければ

割と楽に下りることができます。ただし雪解けどきや大雨の

あとなどは非常に滑りやすくなります。あと、こういうロープは

次第に傷んでくるので下りるときに一応注意しておきましょう。

左端の岩場が一等地ですが、ここもなにかと波が上がったり

しぶきをかぶりやすいところですので油断しないで下さい。

去年の春、隣り合わせた釣り人が「以前より浅くなっている」

といっていましたが今年はどうなっておりますか。












第6位 竜神岬

距離は遠近微妙だし、危険度も梅か竹かで迷いましたが

ずいぶん昔のこととはいえ死亡事故が起きているのだから

やはり危ない場所(特に夜間)。多分溝に転落したのだろうと

思いますが、実際何カ所かとんでもなく深い溝があるので

注意が必要です。あと、ここは5月末から6月にかけてが

シーズンですがそのころになると草がおい茂っています。

初めて行ったときのこと、帰り道がわからなくなってしばらく

途方に暮れたので何か目印を付けておくと安心です。

確かによく釣れますが遠投できないと根掛かりが多発するので

なかなか敷居の高い釣り場ですね。













第5位 ポン茂岩

ゴロタ石というのは歩きにくいものですが、ここはその距離が

半端ではありません。手前で竿を出すのならいいのですが

それなら向かいの弁天島で充分でしょう。途中水こぎが必要な

ところがありますが、たいていは長靴でクリアできるはずです。

ただしここも高さがないだけに波があるときは油断大敵。











第4位 大平川河口

ここも尻別岬と同様、もろに河口にかかっているため雪代水が

落ち着いてからの釣り場で5月にはいってからでもどうかすると

長靴では無理かもしれません。あと、出られるのは先端から

2番目の岩場までですが、ここは最後に溝があるため脚立が

必要になります。けっして飛び越えられない幅ではないのですが

万一飛び損なったらケガをするか濡れ鼠になった上、海まで

一気に押し流される危険もあります。マガレイの自己MAX

35cmはここで釣りましたがそろそろ更新したいものですね。











第3位 沼前岬

広大な岬全体にポイントがあり、基部近くなら大した距離では

ありませんが先端まで行くとなると気力と健脚が必要です。

とくに危ないのは岩場に出てすぐの岩につかまって上り下りする

あたりですが、それを突破しても玉石ゴロゴロだったり、やけに

歩きにくい場所が多いので足元には充分気を付けて下さい。

今年は久しぶりに行ってみようかな。










第2位 忍路竜ヶ崎

4月に始まる漁港からの船渡しを利用すれば何ということはない

普通の岩場でたちまちランキング外に転落確実なのですが、

ひとたび徒歩で行くとなると山道はやたらと遠いし最後の崖は

100m近くある上にどうかするとオーバーハングに近い部分も

あります。おまけに場所によっては突然高波がきても背後が

切り立った場所がほとんどで逃げ場がありませんので北風が

強かったり時化そうな時に行くのはやめましょう。

それにしてもこれだけハードな場所なのに山越えする釣り人に

そうとうな年輩者が多いのは不思議の一言。












第1位 アキアジ場

さて、いよいよ栄えある第1位ですが、途中の一歩間違うと

たちまち海に転がり落ちそうな急傾斜の道なき道といい、

沼前岬と同様に歩きにくい道のりの長さに足元の悪さといい

これだけ大変な釣り場はそうそうありません。しかも4つの

出岬のうち徒歩で行けるのは左側の2つだけなのですが

そのあいだの遠いこと。

石を投げれば届く距離なのに海が深く切れ込んでいるため

1つ目から2つめの出岬に移動するだけでも一苦労です。

さらにもうひとつ、なぜかここの釣り場はやけにホッケが多く

どうかするとカレイよりホッケばかりになってしまいます。

せっかく釣ってもホッケを数十匹持ち帰るのはここの場合

至難の業です。同じホッケを釣るなら兜千畳敷でウキ釣りを

したほうがよっぽど賢いのでは。













というわけで独断と偏見でランキング付けしてしまいましたが

いかがでしたでしょうか。港や砂浜に比べて岩場の釣りは

足元が危なかったり波かぶりになることもあってなかなか

とっつきにくいかもしれません。

個人的にはその雰囲気が好きなのですが、慣れないうちは

一人で行っては何かと苦労したものです。これからはじめて

行ってみようという方はとりあえず、誰か経験者と一緒に

行くことをおすすめします。それからこれは岩場だけに

限らないのですが安全のためライフジャケットもお忘れなく。






にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「あんたが一番危ない」と思ったら何とぞポチッと。
にほんブログ村

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年6月 4日 (月)

なんじゃこりゃー!

Fugoppe_004










ゴミかと思ったらびっくりしました、というかお恥ずかしい










にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「マッチ箱?」と思ったら何とぞポチッと。
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年5月28日 (土)

5月ラスト釣行・・・z

早いもので5月ももう残りわずかとなりました 家庭菜園に

忙殺された上、家族の不幸や震災の影響等いろいろありましたが

それにしても釣行10回は少なすぎです。春のカレイシーズンも

そろそろ後半戦とあってここはちょっと景気づけといきましょう。










2011_0528suttsu0002











完徹明けにより詳しくはまたあらためて、眠たー








にほんブログ村 釣りブログ カレイ釣りへ 「長靴乾いた?」と思ったら何とぞポチッと。
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年5月 4日 (水)

いざ出撃

さてと、いつになく早朝ー

いよいよ出撃です、はたして釣れるでしょうか

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年11月15日 (月)

さあ出撃だ

というわけで予告通り、これからカジカを釣るべく出撃です

かなり寒そうな上、どうもまだあまり釣れてはいないようですが

まあ行ってみなければ始まらない。

おりしも釣りキチペーペーさんも一足先に出撃しているとか、

何とかお互い釣れるといいのですが






にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「めざせ大漁」と思ったら何とぞポチッと。
にほんブログ村

| | コメント (9) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧