噴火湾

2020年8月 9日 (日)

神がかりへは道遠し

中々好調な今年のハモ、ここ数年はたまに行っても

釣れれば上出来という感じでしたがここまでの3回で

いずれも3匹、2匹、4匹と釣れた上に一緒に行った

のりぞーさんが一度に8匹も釣るのを見てしまうと

人間だんだん欲が出てきます。







前回の大岸ではマジメに釣ったのは3、4時間にも

かかわらず4匹つれたことだし、日暮れ頃から

びっしりやれば8匹くらい釣れるかもー

ということでまたまた行ってきました🚙💨









2020_080708070003










2020_080708070001 









日暮れ時に着いてみると金曜日ということもあって

港は全くの無人、貸切状態です。さっそく外防の

先端で竿を出しますが心配した台風の影響も

さしてなく、海もナギだし風もそこそこ。これは

いけるかもしれません。







しばらくは音沙汰がありませんでしたが8時を

過ぎたあたりからハモのアタリが出始めます。

ただしアタリは来るのですがどうしたものやら

さっぱり針掛かりしてくれません。ハモの場合、

最初にチョンとか小さいアタリがあってそのあと

大きく引き込む本アタリがあるのですかさず

アワセを入れるのですがそれが連続スカ⤵









それが4、5回も続いて一度などはアワセて

「よし乗った」と思った瞬間にすっぽ抜け💔

気がつくとすでに9時、1時間半が過ぎています。

これはまさか、○ボで帰る羽目にー








さいわいそのあとようやく50オーバーが釣れて

持ち帰りは確保したものの、その後もスカシ続出で

2匹目が釣れたのは11時近くです。いずれも

針が口先に刺さっている状態だったのでこの日は

あまり魚の食い気が立っていなかったようですね。







そんなこんなで最終的に釣れたのは53センチが

2匹と45センチが1匹。みごとに今までの平均

通りの釣果となってしまいました、自分がここまで

へたくそだったとはああ情けなや(>_<)

 

 

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「ぜいたくな」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

 

| | コメント (2)

2020年8月 5日 (水)

やっぱり今年はハモ豊漁?

2020_080308020005









家庭菜園への行き帰りには必ず小樽を通りますが

平日の夕方にもかかわらずごらんの状態です。

先々週のイカ爆釣の余波は続いているようですね。

そのせいか石狩新港は週末も例年に比べると

がら空きといってもいいような状態でしたがー








さて、今週は連日の雨模様ですがその前に

もう一度、今年のハモ模様を調査すべく、前回と

場所を変えて大岸漁港まで行ってきました。

外防先端までテクテク歩いていくと既に先客が

竿を4本出してスタンバイ中です。








挨拶して内海側で竿を出しますが予報と違い

けっこうな風が吹いています🌀

それでも竿を出してすぐにいきなりアタリがきて

45センチくらいと小さめではありますが本命の

ハモゲット、これは幸先よし😖








2020_080308020001 








しかしそのあとが続かずしばらくはエサを

つけては投げなおす時間が続きます。

先客もカニとヒトデに苦労している様子ですが

そのうちに風も止んできたので外海側に

プチ移動。









2020_080308020002 










するとほどなくチョンという前アタリに続いて

ハモ特有の振り回すようなアタリが。アワセも

ばっちり、釣れたのは50半ばの食べごろサイズ。

さらにそのあと、今度は62センチとまずまずの

サイズがつれました。








2020_080308020003 








しかしその間、先客のほうは相変わらず

ぱっとしない様子で話を聞くとどうもエサの

違いが怪しい。こちらはサンマとイソメで

ほとんどサンマに来ているのですが

あちらのエサはイカとイソメ。せっかくなので

サンマを試してみませんかといってみましたが

そろそろ時間なのでと帰ってしまいました。








一応この日は潮の上げ止まりの1時半までと

思っていたのですが12時過ぎに4匹目が

釣れたまではよかったのですが、その後雲が

きれてこうこうと満月が照り始めました。









2020_080308020004 








夜釣りで夜行性のハモやソイを釣っているときに

こうなっては期待できないので予定通り、1時半に

竿仕舞いとしましたがここでこれだけまとまった

数がつれたのも久しぶり、いよいよ今年は

久々のハモの当たり年といえそうですね(^^)

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「自分も行く!」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (8)

2020年7月28日 (火)

神がかりののりぞーさん

4連休のあいだは各地けっこうな人出だったようで

小樽の運河周辺も久々に観光客で賑わっていました。

もちろん渋滞はごめんなので家庭菜園で汗だくの

4連休でしたがー








明けて月曜日、ふらっとのりぞーさんのところに

お邪魔してコーヒーなぞごちそうになり、あれこれ

釣りの話などしておりました。実はこの日の夜、

ハモ釣り第2弾を予定していたのですが予報は

あいにくの土砂降りであえなくボツ。








・・・だったのですが当日になってみるとなんだか

予報がいいほうに変わって雨マークも夕方まで。

「行っちゃいますか?」

「行きますか😃」

ということで急遽イソメとサンマを買いに行き、

大急ぎで〆て出撃準備。なんとか1時間半後には

釣り場を目指し一目散🚙💨









2020_072807270001









連休明けの月曜日とあっては釣り場には当然

誰もいません。夕方7時、竿を出し終えます。

この日はエサ取り(たぶんカニ)が大活躍で

15分もするとエサがきれいになくなります。

小さいヒトデもけっこうなペースで針掛かりして

くるし、しばらくはじっと我慢の子ー







とおもっていたらいきなりのりぞーさんが早くも

1匹目を釣り上げています。しかも前回同様、

60センチクラスの良型です。これは負けては

いられないと仕掛けを打ち返しますがようやく

釣れたと思ったらこれ。









2020_072807270002









ヒトデにドンコの外道コンビにミニホタテの

おまけつき⤵ どうしたら2本針にこれだけ

ついてくるのやら。それを尻目にのりぞーさんは

着実にハモを釣り上げ、気がついたら前回の

5匹にあっさり並んでしまいました。しかも

MAXが73センチと前回からさらにサイズアップ

しています。









それにひきかえこちらは相変わらずヒトデと

エサ取りの集中攻撃を受け、気がつくとエサも

心細くなってきました。日付けが変わる頃、

それまでの近場狙いをやめて(前回ともども

割と近場でつれていた)遠投に切り替えると

ようやくハモのアタリがー







2020_072807270003









なんとか60センチをクリア、さらにエサ切れで

納竿の直前に2匹目。かろうじてお持ち帰りは

確保しましたが、その間のりぞーさんはというと

さらに3匹を追加してトータル8匹、73センチを

頭にほとんどが50オーバーから60前後、

最小でも45センチと掟破りの大爆釣(笑)、

持ってきた小さめクーラーがハモで一杯です。









まだ2回目とはいえ、二人であわせて18匹も

釣れたとなるといよいよ今年のハモはひさびさの

当たり年かもしれませんね🎶

 

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「クーラー釣り」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (4)

2020年7月20日 (月)

今年のハモは好スタート

一匹。

2回行ってたったの一匹(>_<)。

いくら調査とはいえこれでは暇つぶしに行っている

ようなものです、大してヒマでもないというのに。

ということでシャコは一時お休みということにして

今ひとつ、夏のターゲットといえばハモでしょう。








2020_071707170001










かねてより「 今年はぜひ一緒に」と話していた

のりぞーさんの車に便乗していざ出撃🚙

まだ明るい時間から竿を出します。といっても

日暮れまでには手のひらクラスのクロガシラが

のりぞーさんに釣れたくらいでさしたることもなし。

暗くなっていよいよ本番、久々に竿3本出しです。








2020_071707170002










しばらくはさっぱりでしたがのりぞーさんのほうは

外道とはいえ40オーバーのアブラコだのやけに

大きなツブ、さらには小さいながらもソイなども

釣っております、すぐ隣だというのにこの差は

一体何なのやら⤵

おまけにようやくアタリがあったと思ったらこれ。









2020_071707170003










ずっと日本海でばかり釣っていたのですっかり

その存在を忘れていましたがドンコの連続です。

おかしいなあ、7月も半ば過ぎなら絶対ハモが

釣れていいはずなのですがー







しかし9時になってのりぞーさんにそれまでとは

何やら違うアタリー上がってきたのはお目当ての

ハモ、それも60センチ近い良型です。ただし

のりぞーさんは長い魚が苦手ということで

メゴチバサミとナイフを手に参戦、ハモの首を

ばっさり。








ハモはヌメリがはんぱないし、無理につかんでも

腕に巻きついてきたりします(^^; おまけに

歯も鋭いので生きているうちに針を外すのは

非常に危険ーということでさっさと〆てしまいます。

ただしメゴチバサミもプラスチック製のはNGで、

トゲトゲしていてもいざハモをつかもうとすると

すべります。なるべくゴツイ金属製を使うこと。









さてこれでハモもいるとわかったし、やる気全開で

仕掛けを打ち返しているとこっちにも来ました。

本アタリを待ってあわせるとよっしゃ、乗った🎵










2020_071707170004







なんのためのメジャーかわかりませんが

とりあえずこちらも50オーバーゲットです。

さらにそのあともう一本、連続ゲットでこれは

なにやら大漁の予感がー








しかしどうしたわけかそのあとはさっぱりで

エサこそなくなるもののたまに釣れてくるのは

またドンコ、それにカニ⤵

潮止まりの11時が近づいたので今日は

この辺にしておきましょうかと話していたら

いきなりのりぞーさんに2匹目がヒット👀、

しかもこのあと怒涛の3連続ヒット、おかげで

メゴチバサミが大活躍、気がつけば足元も

スプラッタ状態です。









こちらもなんとか3匹目を追加し、なんと二人

合わせて8匹、しかもいずれも50オーバーで

Maxはほぼ70センチということなし(^o^)

なんとかツ抜けできないかと夜明けまで

粘りましたがさすがにそれはならずー

まあでも緒戦でこれなら今年は期待できそう

ですね、シャコより食べでもあるし(笑)

 

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「白焼き食べたい」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

 

| | コメント (8)

2020年6月17日 (水)

様変わりの白老沖堤

今年の太平洋は何か例年と違います。いつもだと

日本海のマガレイのシーズンが終わってそのあと

シーズンインするはずなのですが今年に限っては

室蘭で4月にやけにマガレイが釣れたそうだし

いつものパターンが違っているようなー







というわけで1年ぶりに白老の沖堤にやって

まいりましたがいきなり上陸の段になって

船がいつも上がるのとは反対側に着きます。

あわてて反対側にーといったら「反対側は

防波堤が高くなって船を付けられなくなって

しまった」とか⤵







仕方がないのでとりあえず上陸しますが

やはり一番のお目当てであるババガレイを

狙うなら反対側ーということで結局沖堤の

端から端まで歩く羽目に。まさか1キロ以上も

歩くと知っていたら山のような荷物なんか

持ってこなかったのですが後悔先に立たず。









2020_061706170001







2020_061706170002 







大汗かいて歩くこと20分あまり、竿を出す前から

筋肉痛が、アイテテ。しかもマガレイ狙いで

遠投した竿にはこんなのが。







2020_061706170003 







宗八カレイ、しかもMaxでも25センチがやっと

です。投げても投げても変化ナシ。

ならば足元のババガレイ狙いはというとー








2020_061706170004 







チビガヤ、チビガヤ、チビガヤ・・・

(以下数10回くり返し)

それでものりぞーさんと○内さんは

クロガシラやトウベツカジカなんかも

釣っておりましたが残念ながら本命の

ババガレイは影も形もなし。結局10時を

過ぎて無念のタイムアップとなりました。

なにせ若潮なのに潮は早いし流れ方も

何度も変わるは、おまけに防波堤周りも

捨て石を追加したのか根掛かり多発、

去年とはまるで別の釣り場でした。







2020_061706170005







2020_061706170006









こうして写真で見ても長いこと、まず小樽の

南防波堤くらいはありますね。ここでこの時期

マガレイがほとんど釣れないということは

噴火湾も期待薄なのでしょうか💔

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「骨折り損」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (6)

2019年7月 9日 (火)

カレイシーズン終了宣言

2019_0707770002








今年もズッキーニ・シシトウ・ピーマンの初物が。

一個ずつでも晩の焼きそばのいい材料になります。

キュウリも一足先に収穫したしトマト・ナスビも

そろそろーいよいよ本格的に夏ですね。








さて、日曜日は久しぶりにkeyさんを誘って

○内さんと3人でまたもや白老沖堤へ。

前回が消化不良だったので何とかもう一度

ババガレイを狙ってみようという腹づもりです。








朝の5時、いつものように渡してもらうと沖堤には

既に前夜からの徹夜組が何人か陣取っています。

明け方マガレイはいくらか釣れたようですが

型のほうは小さめです。我々も早速思い思い

竿を出しますが、他にも船がやってきて釣り人が

大挙上陸します。ただしほとんどがアブラコ

狙いとおぼしきルアーマンでそちらは大半が

沖側の消波ブロック越し竿を出しています。









人の事はさておき、今日もコマセ仕掛けで

足元に2本、マガレイ仕掛けで2本は遠投と

またも4本出しですが足元の竿にいきなり

大きなアタリーただしぶんぶん首振りしながら

あがってきたのはアブラコジャスト40センチ。

これで堰を切ったようにそのあと足元の竿は

大忙し。ただし釣れてくるのはガヤ、ガヤ、

アブラコ、ガヤ、ドンコに小シマゾイ、ガヤと

外道のオンパレードです。









なにせ仕掛けが海底につく前にガヤがエサに

食いつく有様で、とてもじゃありませんが

ババガレイを狙うどころではありません。

たまに怪しいアタリがあってもほうっておくと

根にもぐられるし、正直お手上げです。

遠投の竿もボチボチ当たりはあるものの、

大半が20センチクラスのチビ宗八ばかり。










外海狙いのkeyさんはカモメと戦いながら

マガレイ・宗八をそこそこキープしていたし、

○内さんも今どき珍しいヒトデの入れ掛かりの

合間に40オーバーのクロソイを釣りましたが

良かったのはそれくらいで7月の白老沖堤は

すっかりアブラコの釣堀と化しておりました。








しかし先端近くでなにやら大物がー

タモで掬い上げたのを遠目に見ていると

「タコ?」

「いや、しっぽがついてる」

「それにしてもデカくない?」

あとできいたら70センチのアンコウとか。

以前ハッカクも釣れていたしババガレイと

いい、とにかく意外性のある場所ですね。









結局その後はドラマもなく正午を前に迎えが

来てあっさり終了となりました。さすがに

太平洋もカレイシーズンはこれまでといった

ところでしょうか。いよいよこれはハモ狙いの

準備にかからないと。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「アブラコ釣れば」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (4)

2019年6月21日 (金)

癖になった? 船渡し

今年はカレイシーズンが早かった上に5月は

イベントの準備で忙しく、日本海の磯場には

すっかり行きそびれてしまいました。そのため

4月の末からこちら、行ったところといえば

湯内沖堤、瀬棚沖堤、白老沖堤に神威岬ー

みごとに船渡しオンリーです。まあこの時期、

投げ釣り道具をかついで磯場を歩くのは

けっこう暑いのでこんな年があってもいいか

(けっしてさぼっているわけではない)。









というわけでまたもや船渡しで白老へー

今回はだっぴさんとそのお仲間の△内さんの

3人です。夜中からの長期戦は疲れるので

早朝5時から正午までの短期決戦です。








2019_06186180001










2019_06186180002










この日は久しぶりに並継ぎ竿、しかも船渡しを

いいことに4本出しーと思ったらだっぴさんは

6本出しの上、短竿で足元釣りまでしています。

これだけ竿数を出せばババカレイの何枚かは

つれるでしょう。









2019_06186180003









と思ったらいきなり釣れたのは30オーバー

のイシモチです。隣りの△内さんはガヤの

猛攻撃を受けているしー

とにかくこの日はシケ後のせいかカレイが

さっぱり釣れず、そのあと手のひらよりは

大きなクロガシラとマガレイ(まだ子持ち)

が釣れたくらいでしまいにはフグまで⤵








2019_06186180004









おまけに9時頃から急に横風が強くなり、

魚のアタリもよくわかりません。おかげで

怪しいアタリがあってもあわせるタイミング

を間違えるし・・・まさかまさかのお持ち帰り

ゼロという結果に終わってしまいました、

まあこんな日もありますねーと、やけに

あきらめがいい一日でした。さて、次回は

久々に遠征しての磯歩きかな。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「やはり運も品切れ」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (2)

2019年6月 5日 (水)

座布団キター!! (゚∀゚)ノ

3回連続で母の米寿のお祝い記事が続きましたがそれも

一段落したので久々の釣りネタにいってみましょう。

結局5月は瀬棚の沖堤に行ったきりでしたが、6月は

もうちょっとまともに釣りをーということで第1弾。

リシャールさんのお誘いに乗っかり、一昨年以来

2年ぶりとなる白老沖堤に行ってきました。









今回はリシャールさんとそのお仲間が3人、それに

やみいと○内さんの総勢6人ということで沖堤の両端、

前回乗った東側(赤灯)と西側(白灯)に分かれます。

日曜の夜11時、出港した船はリシャールさんたちを

西側に下ろし、ついでやみいと○内さんを東側へ。

暗いうちはソイなど丸物を狙いますがー









2019_06036020001 










ウキ釣りで探っていきますがあまりぱっとしません。

かろうじて25センチくらいのシマゾイが釣れたものの

それ以外は小ガヤやドンコばかりで○内さんも

五十歩百歩です。まああくまで本命は朝になっての

平物なので夜明けを前に小休止。









2019_06036020002









この日は大潮で午前2時が上げどまり、9時が

下げ止まりということでカレイ狙いには今ひとつな

感じですがまあ潮が動かないよりはいいだろうと

前向きにいってみましょう。

しかし明るくなってカレイ狙いの竿を出したものの

魚の反応はさっぱりです。前回来たときには

それなりにカレイが釣れたはずなのですがー








2019_06036020009










それでも今回は瀬棚で一緒だっただっぴさんの

作戦を見よう見真似でパクってみましたが

それがさいわいしたのか5時近くに初アタリ。

やけに激しく抵抗しながら上がってきたのを

みると手ごたえの割には小ぶりと思ったら。









2019_06036020003










いきなり本命ババガレイの登場です。サイズは

31センチとはいえこれは幸先いいスタート、

隣の○内さんにもボチボチ型のいいマガレイが

つれておりますがこちらの竿にも35センチの

クロガシラと31センチのマガレイが連発です。









2019_06036020004










ようやく時合いが来たかと期待しますがさほど

ペースも上がらずまったりモードに逆戻り。

しかし潮の下げ止まりを前に1本の竿が

モゾモゾあたっており、ガヤかなにかが

いたずらしているくらいに思って放置して

いたらいきなり竿尻が持ち上がります。

あわてて合わせをいれるとやたら重い上に

ものすごい暴れ方、てっきり大物アブラコ

かと思いましたがそれにしては刺さります。

ようやく釣り上げたのは本日2枚目の

ババガレイ35センチ、ラッキー🎶










ただしその後はまたまた相も変わらずの

まったりムードに逆戻り。隣では○内さんが

根掛かりに苦戦しつつも良型のマガレイを

コンスタントに上げているのですがー

しかし7時頃、ついにこの日のハイライトが。

またもや竿がいたずらされていると思ったら

今度も竿尻が持ち上がります。








これが重いのなんの、竿を立てるのも一苦労。

大して投げてもいないのに足元まで寄せるのも

しばらくかかり、竿はほとんど満月状態です。

ようやく海面に魚が浮いてきましたがそれを

見た瞬間、○内さんに

「すみません、ちょっと竿を持っていてもらえます?」

というなり大至急でタモを組み立てます。








2019_06036020006 








いつもはきちんと魚にスケールを当てないのですが

(べたべたになったスケールを洗うのが面倒なので)

今回ばかりは例外、自己記録を大きく更新する

ババガレイ52センチです。50オーバーなんて

タカノハかクロガシラしかないと思っていましたが

まさかババガレイとはうれしい誤算です。









しかもこれで終わったわけではなく、潮が動き始めた

10時頃、またもや大物が。いつ以来になることやら、

本日2度目、しかもどちらも自分の竿についた魚に

タモ入れです。








2019_06036020007









ここまでくるとミラクルとしかいいようがない、

本日4枚目のババガレイ42センチ。

普通は釣れても1枚か2枚だというのに

なにがどうしたというのでしょう。やはり

特製アワビチップ効果、それともパクリの

だっぴさん作戦のご利益でしょうか。

しかもその頃、反対側ではリシャールさんも

51センチのババガレイを釣っていたという

まさにババガレイデー。これだけ釣れると

もう1回くらい・・・いやあと2回かな(笑)

 

 

 

 

2019_06036020010 









予定より早く、正午前には終了となりましたが

明け方の寒さはどこへやら、最後は半そででも

暑いくらい、これからの時期は釣り場で日傘が

必要かもしれませんな☀

 




 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「全部たべた?」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (4)

2017年9月 3日 (日)

ハモ狙いー緒戦は惨敗

2017_0831totsukawa0007









台風の来る前にとひさしぶりに虻田まで

行っては見たものの、1ヶ月ぶりの釣りはどうにも

ぱっといたしません。









2017_0831totsukawa0008











一応本命はつれたものの30センチじゃあねえ。











2017_0831totsukawa0009












ソイも20センチオーバーがやっとではとても

お持ち帰りはできないし











まあ9月も始まったばかり、今年はもう少し

ハモ狙いを頑張ってみましょうかね。










にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「景気悪」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2017年6月 5日 (月)

初ババガレイと自己新アブラコ

正確に言うと噴火湾ではないような気がしますが

それ以外にあてはまるジャンルがないので

今回はリシャールさんのお誘いで初めてとなる

白老港ーただし高さとテトラの山がはんぱない

外防波堤ではなく、船渡しの沖防波堤です。










午前5時、前々回に続いてお誘いした○内さんと

現地に着くとすでにリシャールさんが到着しており

荷物を下ろしている真っ最中。我々もスタンバイ、

10分ほどの船旅で沖防波堤に上陸です。

白老といえば最近こそあまりぱっとしませんが

大型マガレイのメッカ、さらにここではババガレイ

やタカノハも期待できるということで不完全燃焼の

道南ツアーを挽回すべく、珍しくも竿4本体制です。












2017_0605650002












沖堤とはいえやはり白老、そんなにバタバタとは

釣れませんがそれでも肉厚の抱卵マガレイが

ポチボチと釣れてきます。そして開始して1時間も

たたないうちに1本の竿が異常な糸フケー

水深も10メートル以上あり、おまけに足元には

海草も密生しているために重量感も半端なく、

ようやらやっと釣り上げたのはこちらです。











2017_0605650001











人生初の(ちょっと大げさ?)ババガレイ36センチ。

まあババガレイとしては小ぶりなほうなのでしょうが

ぜいたくを言ってはバチがあたります。とにかく

数撃ゃ当たるとばかり、投げてはサビき、エサも

こまめに交換し、仕掛けもとっかえひっかえ試して

いると近場に投げた竿に強烈なあたりが。










さては大物タカノハかと期待しましたが足元まで

巻いてくるとおなじみの首振りです。思ったとおり、

47センチのアブラコでお持ち帰りには充分ですが

今日の目当てではないので、引き続きタカノハ

仕掛けを投入するとまたすぐー

ものすごい勢いで竿先がしめこまれ、それこそ

CXの竿が弓なりです。さいわいタカノハ狙いで

ラインもフロロの4号とあって強引に巻き上げると

またもや首振りが。










さすがにハリ掛かりが浅かったのでタモですくい

上げたのは自己新記録のアブラコ52センチです。

スケールを当て忘れたので持ち帰り写真を












2017_0605650004










なんともひどい状態ですがスカリに入っていたため

そろいもそろって元気で一瞬たりともじっとして

いないため、こんなになっちゃいました。ちなみに

最終的にはさらにマガレイが何枚か追加に

なるのですが、小型も同じくらいリリースしたので

一応ツ抜けは達成です。それにしてもマガレイは

ほとんどが30センチ前後なのですがなんとも

小さく見えること。










○内さんはいまひとつぱっとしませんでしたが

リシャールさんは内外と精力的に竿を出して

マガレイ・クロガシラ・イシモチそしてなぜか

ハッカクと釣り上げてやはりツ抜け達成。

正直マガレイに関しては期待していた大型

サイズこそ不発でしたがほとんどが抱卵物

だったし、貸切り状態で誰に気兼ねなく竿を

振れたのが何よりでした。

ちなみにいまひとつのターゲット、タカノハは

というとー










2017_0605650003











お持ち帰りの写真には写っていませんがいちおう

釣れました、32センチですけど

それではなかなか直接見る機会もないことだし

(望遠鏡が必要)、本日の釣り場です。













2017_0605650005









2017_0605650006












春のカレイシーズンもそろそろ終盤、あと一回くらい

どこかに行けるでしょうか、まあ家庭菜園しだい?

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「沖堤貸切り?」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (14) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧