苫小牧

2019年7月21日 (日)

今季初のハモはお留守

家庭菜園も忙しいけれどそんなことを言っていたら

すぐ8月になってしまいます。8月にはバンドの

お疲れ様BBQも予定しているし、そのための

食材も調達したいのでー

行ってきました、苫小牧。本当ならもう少し足を

伸ばしたかったのですが時間的にちょっと無理。









2019_07187170002










ほんとうは南埠頭で竿を出すつもりだったのですが

係船図ではとっくにいなくなっているはずの外国船が

まだ停泊しており、立ち入り禁止のため菱中防波堤の

先っぽのステージへ。平日ということもあり釣り人も

数えるほどしかおりません。








それにしても相も変わらずの苫小牧、曇りのはずが

霧雨ジットリ、湿度98%とあってあっという間に

なにもかも湿っぽくなってしまいます。おかげで

やる気もいまひとつ、竿を2本だけ出して様子を

見ますがやはりというか、ハモの気配はなし。

たまにアタリが来るとこれです。










2019_07187170003











4時間粘ってドンコ3匹では一帯何をしに来たのやら。

やはり苫小牧でハモを狙うならこの時期はもう少し

港の奥のほうがいいのでしょうかね。でなければ

噴火湾まで足を伸ばすかー

それにしても以前より水深が浅くなったように

感じたのは気のせいだろうか。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「久々の○ボ」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (2)

2019年6月22日 (土)

何年ぶりかの苫小牧

といっても竿を出したわけではないのですが

○ボに終わった白老沖堤の帰り道、まっすぐ

帰るのもなんなのでちょっと偵察にー

4、5年前までは菱中防波堤でのクロガシラや

南埠頭でハモを狙ってよく来ていたのですが

菱中は最近足場が撤去されて普通の危ない

防波堤になってしまったし、ハモも釣れ方が

今ひとつということですっかりご無沙汰して

いたのですがー








2019_06186180005









そんなわけで久しぶりにやってくるとおやおや、

撤去されたはずの階段やら竿をたてかける

角材が以前と変わらず設置されています。

胸壁の上に上がってみるとこんな状態です。










2019_06186180006










以前と変わらず、魚の取り込み時に前のほうへ

出て行けるようになっています。これだけ見ると

以前と何も変わっていませんね。まあ昼過ぎと

いうこともあってまったくの無人でしたがー








2019_06186180007









それではと南埠頭に行って見るとこちらは

なにやら大々的に工事の真っ最中です。

西埠頭とフェンスで仕切られていたところが

かなりの広さで封鎖され、11番のビットより

西埠頭側は立ち入り禁止+釣り不可状態に。

これだとしばらくは狭くて混雑しそうですね、

まあ1番から10番までは普通に釣り人が

ヒマそうにしていましたが。








そのあとフェリー埠頭ものぞいてみましたが

こちらは全然変わりなし、そんな時間帯でも

30センチくらいのクロガシラが釣れていた

・・・みたいですが目当てのヒトデはナシ⤵

これだとやはり、まだご無沙汰は続くかな。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「ハモはどこで?」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (0)

2016年8月28日 (日)

久々のハモ釣り at苫小牧

011










さて今年もこの時期がやってまいりました。

かたっぱしから枝豆を引っこ抜き、サヤをせっせと

もぎとりもぎとり・・・

それをバケツで揉み洗い、うぶ毛や砂を落とし茹でる

こと数分ー











005











もぎたて+ゆでたて枝豆の出来上がり。今年も

これからしばらくは枝豆に不自由いたしません。












006











秋蒔きのエンドウも花が咲き始めたしー











007











秋大根も無事発芽、はやいものは間引きにかかって

おります。













008











ズッキーニはこの世のものとは思えない成長ぶり、

見る人すべてが「これは何?」状態ですが

さすがにそろそろ自分の重さでポキンといきそう











さて8月最後の週末、久々に苫小牧へハモ狙いで

行ってきました この日はあらかじめ係船図で

船が一隻もいないとわかっていたので迷うことなく

南埠頭へきてみるとさすが土曜日の午後8時、

いるわいるわ釣り人がー

適当な隙間を見つけ、両側の釣り人にあいさつして

いざ開戦。どちらの釣り人もしばらく前にそれぞれ

ハモが一匹ずつ釣れたそうで、この繁盛振りといい

今年の苫小牧はちょっとは期待できそうです。










しばらくは音沙汰ありませんでしたが、イソメより

サンマのほうがよく餌がなくなるので主にサンマを

つけて竿を振っていると9時ころ、ググッと明確な

アタリがきました。

待つことしばし、糸が少しふけたところで合わせると

魚がついています












糸がゆるんで魚をバラさないよう巻き上げると

釣れました、そこそこ太いハモ50センチ

これは幸先がいいと二匹目を狙いますが

アタリはあるものの乗せられず、潮止まりの

9時半になってしまいました。

潮が動けばまた食いが立つかと思ったのですが

この日は長潮ということもあってかその後は

さっぱり、ドンコ一匹で終わってしまいました。

もう少し早めにきて夕マズメから始めていれば

あと1、2匹は釣れたかもしれませんがまあ

○ボでないだけ良しとせねば。











10時過ぎ、中央南で竿を出していたきままさんが

顔を出してくれましたが、そちらは日没後に

バタバタ食いは立ったものの鉛筆サイズばかりで

お持ち帰りナシ、12時近く帰りがけにのぞいた

フェリー埠頭(入舟公園)も釣り人はその時間でも

そこそこいましたが、話を聞くと小型が数本と

ぱっとしなかったみたいです。

まあまだシーズンも序盤、今後に期待ですね。



 「今年は何本」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年8月31日 (日)

絶不調の苫小牧 ハモ/ヒトデ

Fv830_002









本日のスタートはいきなりスイカ、今年7個めの収穫です。

ツルをボロカーペットの上に伸ばしたおかげでスイカがいたむ

こともなく順調に収穫数を伸ばしております。このぶんだと

今年は10個以上はとれそうですね








ただし最初の1個だけは未熟なうちにとってしまったので

来年からは最初の開花日をチェックしたほうがよさそうです。

(スイカは開花してからの日数が収穫の目安になる)

カーペットも草取りの必要がないし、へたに敷き草などを

するより断然楽でおすすめ。










Fv830_001










話変わって金曜の晩、ヒトデ拾いとハモ狙いをかねて苫小牧は

南埠頭にやってまいりました

しかしこの日は初っぱなのヒトデ拾いからコケてしまいました。

いつもならヒトデだらけのフェリー埠頭なのですが、週末を

前にして清掃が入ったのか、ヒトデがぜんぜんなし









これでケチがついたのかハモのほうもさっぱり、7時からおよそ

3時間あまり粘ってみたものの釣果はゼロ。周囲の釣り人にも

ハモは釣れていなかったみたいだし、今年の苫小牧もまたもや

ぱっとしない感じですね。やっぱり噴火湾まで行かないと

ハモは厳しいのだろうか











にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「やっぱり○ボ」と思ったら何とぞポチッと。
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年6月17日 (火)

苫小牧は鬼門

Ng












今朝方・・・

久しぶりに・・・

苫小牧まで行って来ました

だがしかし、寝坊したうえ現地に着いてみるとけっこうな雨。

そのうち雨もやんだので竿を出してみましたが生体反応ゼロ。

おまけにヒトデもあんまり落ちていません、考えてみれば

ずっと雨続きで釣り人も少なかったろうし、それではヒトデも

水揚げされませんね









あまりに情けないのでなかったことにしようと思いましたがー

http://blog.livedoor.jp/blogwamendo/archives/1853684.html

アップされていた

はい、今年5回目の○ボでございます、どうも今年の苫小牧は

ぱっとしませんね。












にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「やる気の問題」と思ったら何とぞポチッと。
にほんブログ村

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年5月20日 (火)

今年初の太平洋

週末の日本海は雨が降って寒いし、海もシケ模様とあって

釣りはお休み。家庭菜園もカゼをひきそうでとても仕事には

なりませんでした。だからというわけではありませんがー










520_005










月曜の早朝、今年はじめて苫小牧まで行って来ました

運が良ければクロガシラの一枚も釣れるかと思ったのですが

竿を出すこと5時間あまり、一度もアタリを見ることなく半分

ウトウトして終わってしまいました。










なんでも先週の平日は20枚近く釣れた日もあったようですが

この日は周りでも潮止まりの直前に40センチ近いのが一枚

上がっただけと、この日の菱中防波堤には運の悪い人しか

いなかったようです。久々にたべたマルトマ食堂のラーメンは

相変わらずおいしかったもののマルトマ食堂といえば今年も

すでに観光客が一杯、朝の10時というのにほとんど満員

でした。










しかし収穫はラーメンだけではありません。










520_011











そう、今年もヒトデ拾いの時期がやってまいりました。例年に

なく暖かいせいで夕方になると虫が飛び回り、先週などは

めずらしく刺されてしまったので急遽防虫+肥料のための

ヒトデを100ばかり調達してきました。といっても畑全体には

焼け石に水、来週以降もしばらく苫小牧通いが続きそうです。










さて、ようやく釣りの方はリアルタイムになったことだし

次回からは家庭菜園の近況をお伝えします









にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「毎日釣りは?」と思ったら何とぞポチッと。
にほんブログ村

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2013年9月18日 (水)

久しぶりの苫小牧西港

ここのところ農園ネタ続きの「投げ釣りダイアリー」ですが

まったく釣りに行っていないわけでもありません。もちろん

余市のコヤシ(ウグイ)釣りは別としてー









最近どうも畑仕事をしていると虫がうるさくなってきました。

それというのも6月頃に拾ってきたヒトデが気がつくとこんなに

なってしまっています。











914_001











ヒトデの効用として肥料+虫除け効果がありますが、肥料は

ともかくとして虫除けにはこんな粉々になってしまうと効果が

落ちる気がします。ということで先週のことー











909










やってきました苫西は西埠頭。一応竿を出しつつヒトデ拾い。

隣で竿を出していた釣り人にハモが1本釣れていましたが

2時間ばかり粘ってみても自分の竿にはアタリもなし










ならばと今度は入舟埠頭へとやってくると平日の遅い時間にも

かかわらずやはりハモ狙いの釣り人が。皆さん始めたばかりと

いうことでしたが一人、60センチはありそうな太めのハモを

バケツに入れておりました。してみると苫小牧もいくらかは

上昇してきたのかもしれませんね。ただしこの日はそれ以上

竿を出す元気もなく、ヒトデを拾ってジ・エンド。何だか最近、

さっぱり魚の画像がありません、困ったもんだ





にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「やる気なし」と思ったら何とぞポチッと。
にほんブログ村

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2013年7月12日 (金)

千歳空港、のちヒトデ拾い

悪夢のような事故からまもなく1ヶ月、ようやく新しい車も

(中古ではありますが)納車となりました

まだあちこち痛いところはあるので投げ釣りはちょっと?ですが

今度の連休には久々にソイのウキ釣りにでも行ってみようかと

思案中です。










それはそうと今年も姉が帰省してきました。ここ2年は父の

葬儀と一周忌で4月に帰省していたのですが、今年は一番

一般的な夏の帰省です、なにせ砂漠の真ん中に住んでいる

ので北海道の30度くらいなら涼しいものだとか。












早朝千歳に着くというので早起きして空港まで迎えに行ったの

ですが、着いてみると到着時刻を過ぎているにもかかわらず

姉の姿がありません。はて、荷物の受け取りに手間取っている

のかとしばらく待っていると携帯に着信が。

「もしもし、私(姉)。実はまだ○○にいるんだけど」

「え、飛行機がトラブったとか?」

「そうじゃなくてこれから出発なの、一日勘違いしていたみたい」

「・・・











そう、住んでいるところは日本と時差があるのに加えて今回は

日付の変わる時間帯の出発だったため、到着日が勘違いして

伝えられてしまったのでした。まあ仕方がないので24時間後に

また来るとしてそれならば。











もともと乗り継ぎの関係で到着がかなり遅れるかもしれないと

聞いていたので車には32Lクーラーが積んであります。そう、

もしもの時は週はじめだし、苫小牧でヒトデ拾いをーと考えて

いたのです。転んでもただでは起きません












79











そんなわけで千歳から苫小牧はあっという間、先週とは違い

どっさり落ちているヒトデをせっせと拾います。たまたま竿を

出している人と話すと朝方、宗八ガレイが大小混じってそこそこ

釣れたとか。大きいものは30センチクラスだったということで

○り新聞にも「噴火湾でソウハチ好調」と載っていましたが

苫小牧にもサイズのいいのが入ってきているようですね。

まあ残念ながら投げはしばらく自重ですがー











明けて翌朝。ふたたび空港に到着して前日確認しておいた

到着ゲートの前で姉を待ちますが少々到着が遅れています。

のんびり待っていると携帯に着信がー

「もしもし、おはよう。今着いたので荷物を受け取ったら外へ

出ていきます」

あれあれ、案内板にはまだ到着になっていないのですが。

なんとよりによって同じ時間に到着する飛行機が2便あった

ようです、なんと紛らわしい












仕方がないのであわててもう片方の到着口に向かいますが

なにせ建物の端から端、すぐには着きません。しかもまたまた

携帯に着信がー

「もしもし、もう外に出てきました」

「はいはい、今行きます」

と到着口までやってきましたがそれらしい人影がありません。

いったい姉はいずこに













困っているところに再び着信です。さんざん確認したところ、

姉は建物の外を、こちらは建物の中を歩いていたため

すれ違っていたことが判明しました。いつも到着ゲートの前で

待っているのが当たり前だったのですが、何故か今回はつい

建物の外にこちらが車をつけていると思いこんだとか。

こうしてみると何かとそそっかしいのは自分一人だけではなく

血筋のようですね、まったく









にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「それでヒトデは」と思ったら何とぞポチッと。
にほんブログ村

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2013年7月 7日 (日)

(全治)3週間はたったけれど

いやー、7月に入ってついに札幌も真夏日となり暑いこと。

ことにプレハブのやみい’s ルームは蒸し風呂状態で

扇風機がフル稼働しています











だからというわけではありませんが夜涼みとヒトデ拾いを兼ねて

週末苫小牧まで行ってみました

南埠頭までやってくると全くの無人です、先週苫小牧フリークの

きままさんが50オーバーのハモを1本ゲットしたそうですが

やはりまだ早いのでしょうね。しかも濃霧に霧雨、じめじめ

地面に水たまりができています。











76_001













とりあえず竿を出しますが、全治3週間と診断されてその

3週間は経ったものの、いまだにあちこち痛いこともあって

この日は持っている中で一番フニャフニャの25号の軟竿を

使います。当然仕掛けも目の前にボチャン。2時間ばかり

やってみましたが結局釣れたのはヒトデだけ、そうそうに

見切りをつけてヒトデ拾いに。













しかしこの日はあまりヒトデが落ちていません。すでに誰かが

拾ってしまったのか、それとも管理者が片づけてしまったの

でしょうか、やはりヒトデを拾うなら週末よりも週はじめの方が

いいみたいですね

ということでやっぱりもうしばらく、釣りはお預けで家庭菜園に

精を出しましょう、雑草もいっぱい伸びてきたし












にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「あわてる○○○は」と思ったら何とぞポチッと。
にほんブログ村

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2013年6月27日 (木)

アップし忘れの苫小牧

事故にあってかれこれ一週間ほどになりますが、その間やはり

あちこちがイテテ状態となったためせっせと病院に通う羽目に。

まあバイトも終わったことだし、家庭菜園の方は当分、主に

ブドウの世話(脇芽とりや枝の結びつけ)で力仕事ではないので

なんとかやっておりますがー









やはり釣りの記事がないのは寂しいなあと思っていたら、

事故のゴタゴタですっかり忘れていましたがその事故の前に

一回出撃しておりました

毎年この時期になると家庭菜園にはヤブ蚊やブヨなど、

ありがたくない虫が登場してきます。刺されたくはありませんが

いちいち虫除けのスプレーなど使ってはいられないので

虫が嫌うヒトデを調達すべくー












Tomanishi_001











やってきましたのは毎度おなじみ、苫小牧西港は菱中防波堤。

明け方着いてみると平日とはいえ、だーれもおりません

いくら盛期を過ぎたとはいえ、この時間帯に無人とはよほど

釣れていないのでしょうね。まあメインはヒトデ拾いなので

駄目もとで竿を出しますがたしかにさっぱり音沙汰ナシ。

おまけにいつのまにか出てきた霧の濃いこと、目の前を

通る船もこんなあんばいです。













Tomanishi_002











本当ならこの船の向こうに外防波堤が見えるはずなのですが

これこそホントに五里霧中という感じです。定期的にエサを

替えますがとにかく戻ってくるのは海草、海草、ヒトデ

ようやくなにか生命反応がーと思ったら。












Tomanishi_003












透けて見えるようなチビ宗八。これが釣れてくるようでは

クロガシラは期待薄でしょうか。まあそのあとでヒトデは

32Lのクーラー一杯拾ったことだし、目的は達しましたが

できればカレイもお持ち帰りしたかった












追記:みなさま、ご心配いただきありがとうございます。

今のところ整形外科にせっせと通っておりますが前回の

診断書の通り、釣りに行けるのはもう少し先になるので

しばらくは家庭菜園ブログとなりそうです。日常生活には

さして支障はないのですけれどもね。








にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「油断は禁物」と思ったら何とぞポチッと。
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧