道南

2017年5月25日 (木)

キャンセルだらけの道南後半戦

2017_05195100040










ライトアップされた鍋釣岩。もちろん屏風立岩の帰り道、

ヘロヘロ状態で撮影しました。

さて翌日ふたたび、○谷君に島のお勧めスポットを

案内してもらい、午後には帰りの船上に。この日は

風が強くなって海上でもウサギが飛びはね放題

でしたがさすが新造船、まったく船酔いの心配も

することなく無事瀬棚港に到着しました。

次の日は江差あたりでカレイ釣りでもーと思って

いたのですがますます風も強くなり、港の風車も

景気よく回っています。こんな状態で釣りになるのか

心もとない感じですが、とりあえずは東風なので

出し風になる鷹ノ巣岬に行ってみます。











2017_05195100042











ここまできたのは数年ぶりですがここもやっぱり風が

吹き荒れておりますtyphoon 岩場に出ると推定10m超え、

とても竿を出すどころではありません。土曜の午後と

いうのに釣り人の姿もほとんどナシ。たった一人、

投げの釣り人がいたので話を聞くと前日はそこそこ

釣れたけれど例年に比べると数も型もイマイチとか。










しかたないのでかくなる上は次の目的地、函館へ

直行します。もうこのへんで翌日は強風+雨という

のがほぼ確実となり、函館につくなりヤケ酒bottle

まあ正直そこまでがっかりもしませんでしたが。











2017_05195100046












去年も来たお店ですが、料理・お酒ともに言うことナシ。

とくにまだ動いているイカの生き作りと京筍の煮物は

絶品でございましたhappy01










翌日は釣りなんぞ思いもよらない天気なので朝市見物、

それから連絡船記念館をのぞいたりー













2017_05195100048










あとは家庭菜園から持ってきたアスパラとニラを

移植したり、こんなとこまでcoldsweats01










2017_05195100044


2017_05195100045













本当ならさらにその次の日は瀬棚の沖防波堤に乗る

予定だったのですが天気も相変わらずの予報だし、

これもキャンセル、一日早く帰ってきてしまいました。

やはり観光ならともかく、釣りとなると悪天候では

どうしようもありません。まあフェリーもGWを

外せばそんなに込まないとわかったので次回は

思い立ったら即実行ですね、いつになりますか。




にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「酒盛り旅行」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

消化不良の奥尻島

さて2日目。この日も○谷君の案内で島内観光、

彼は午後から仕事があるというので別れて

ようやく釣りのスタートです。











2017_05195100021










2017_05195100020











松江漁港という港で竿を出してみますがやたらと

根掛かりするうえにアタリもさっぱり。1時間で

見切りをつけて移動しますdash










2017_05195100022











続いてはフェリーの発着する奥尻港ですがお昼を

過ぎた時間ということもあってかやはりヒマ。

まあ魚も持ち帰れないし、たいして期待していた

わけではありませんがー(このへんでかなり弱気)

おまけにそのうちあちこちでトドが出現してしまい

これではどうしようもありません。ここの沖堤では

けっこういいカレイも釣れるらしいのですが

まあダメなものは仕方がないwobbly 










○谷君の仕事が終わってふたたび島内観光へ、

今度は釣りのポイントでもある宮津弁天へ。










2017_05195100026











2017_05195100025












2017_05195100024












道路から海岸近くまで急な階段をくだり、それから

今度はのぼること百段くらい?

なんでもこの階段を神輿を担いで上り下りすると

いうのですがとても人間業とは思えません、

一度見てみたいものです。










さて夕方も近くなり、再び仕事の○谷君と別れて

今度は島の西海岸へ。やってきましたのは

釣りガイドで一番気になっていた屏風立岩です。










2017_05195100030










見るからに険しい岩場地帯、おまけにどう見ても

陸続きではありません。










2017_05195100029











長靴で渡るのは無理そうなので久々にウェーダーの

出番です。膝くらいまでの水を漕ぎ、上陸すると

長靴に履き替えて今度は岩場を上り下りー











2017_05195100031











とりあえず一番手近な岩場の先端まで出ましたが

高さが半端ありませんcoldsweats02










2017_05195100033









2017_05195100034











こうしてみるとわかりにくいのですが先端のほうは

海に向かって急な傾斜でこれ以上前に出ると

荷物もろとも人間も海に転げ落ちそうです。

かといってここからでは海面からかなり高くて

大物が釣れたらとても抜けそうもないしー

しかたがないので回れ右、隣の岩場に行って

みましょう。










2017_05195100032











こちらは先端も低くて釣りやすそうですがひとつ問題が。

途中に溝があって一人で渡るのは危険そうです。

そこでまたまたUターン、ちょっと引っ込んでいるけれど

先端が平らで足場のいい真ん中の岩場へ。ただし

ここもけわしい岩場を上り下り、ここまでくるともう、

何しにきたのかわかりません。








2017_05195100037










2017_05195100038










すでに暗くなってきましたがようやくワームを使って

探索開始です。ここまですでに1時間あまり、投げの

道具を車においてきて正解でした。たしかにかなり

岸深ではありますが、どこに投げてもアタリなしsweat02









かなり暗くなったので今度は磯竿でウキ釣りに。

するとアタリが出始めましたが食いが浅くて

なかなか針掛かりしてくれません。それでも

何度目かにようやく釣り上げたのはー













2017_05195100039











そこそこ太ってはいますが20センチなかばの

ハチガラでした、即座にハリスを切ってリリース。

もう少しやっていればサイズアップしそうな

雰囲気ですが、またまた酒盛りが待っているし

あまり遅くなるわけにもいかないので残念ながら

ここで終了です。予想通り、帰りはまたまた

岩場歩きに四苦八苦。久々に疲れた釣りと

なりましたが機会があればリベンジをー






にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「くたびれもうけ」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日)

いざ出発はしたものの

なかったことにしたいとはいったものの、さすがに

そういうわけにもいかないので道南(観光)ツアー

の一部始終です。

11日の早朝、今回お世話になる○谷君を拾って

一路中山峠を越えて瀬棚を目指しますrvcar










自宅から4時間弱で到着するとまずは時間も

あったので近くの展望台から瀬棚港の全景を。













2017_05195100001








2017_05195100002












ガイドでは見ていましたが沖堤は3つもあるし、

好みの岩場もくっついています。ただしこの懸島、

最近はあまりぱっとしないという話もありますが

それは奥尻から帰ってのお楽しみということで

フェリーターミナルへ。










2017_05195100004










2017_05195100006











予約してあったので乗船手続きもしごくスムーズに

すみ、車で船内に。こうしてみるとなかなか広々と

していますね。5月就航だけあってピカピカです。












2017_05195100011









2017_05195100010











これは2等の指定席ですが自由席のほうは昔の

青函連絡船をほうふつとさせる雰囲気です。

四角い枕も置いてあるし、一目見ておもわず

「わあなつかしいhappy01」 (年がバレるぞ)










2017_05195100041










とはいえさすがに最新船だけあって揺れも少ないし

スマホのコンセントも随所にあって至れり尽くせり。

至れり尽くせりといえばトイレにこんなものも。










2017_05195100016










まあこの乗り心地ならご厄介になる人もあまり

いないとは思いますが、そうこうしているうちに

1時間半がたち、あっというまに到着です。












2017_05195100018











最初に下船したのはプロパンの配送車、ついつい

職業意識がーしかしこうやって船で輸送するとは

けっこうガス代も高そうですね、当然だけど。











2017_05195100019










2017_05195100027












奥尻のシンボルともいうべき鍋釣岩。この日は

小雨が始終降り続いていたこともあり、あえて

釣りはせずに島のあちこちを見て回り、最後は

ひなびた温泉につかって酒盛りです。はたして

翌日の首尾はーというところで次回に続く。









にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「余裕ありすぎ」と思ったらポチッとな。
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年5月 9日 (月)

3魚種良型そろいぶみ

さて、すっかり暗くなって普段ならひとまず車で一眠りする

ところですが、ここ鷹の巣岬では去年もヒロボーさんが夜っぴて

カレイをビシバシ釣り上げておりました。おまけに3ヶ月ぶりの

釣りとあってはここ数日まともに寝ていなかったにもかかわらず

とても寝るどころではありませんpunch









しかしそれをしり目にハゴトコさんはさっさとおやすみモード。

どうもはるばる遠征してきた意気込みが感じられませんね。

ペーペーさんは明け方まで待機だし、仕方がないのでまたも

一人でテクテク釣り場にやってきます。










真っ暗な中、竿の様子をうかがうと(どうせずっと見張っている

わけではないので竿先ライトはつけていません)、竿の1本が

異常に糸フケしていますeye

すわ大物とリールを巻きますが、糸フケを巻き取ったとたんに

びくとも動かなくなってしまいました、どうやらこれは火星人?

結局新しく巻き替えたとはいえナイロン2号の悲しさ、いとも

あっさりプツンといってしまいました、残念。










しかしそれでももう1本の方にはまたまた良型のマガレイが

ついていました、これは気合いを入れてがんばらないと。

そういうわけで車のハゴトコさんに電話で状況報告すると

「自分の竿もエサ付けて投げといて」ですってannoy

どうやらすっかりおやすみモードまっただ中のようです。

仕方がないので自分の分を含めて5本、エサを付けては

投げ直し、真っ暗な中ではけっこうハード。











そのあと車に戻り、ペーペーさんとしばし釣り談義をしたあとで

またまた釣り場へーするとまたも竿が糸フケしています。

これが重いのなんの、ウンウンいいながらやっとのことで

上がってきたのは40センチくらいあるホッケとその下には

大きなカレイがnotes

しかし何だか妙です。マガレイのように黄色のラインがないし

かといってクロガシラのようにヒレにシマシマもありません。

何だかやけに口が大きいし・・・










2011_0505takanosu0007











そう、せんだってをはるかに上回る、宗八ガレイ37センチ!

船ならともかく、投げ釣りでは自己最高でしたhappy01

ついでにハゴトコさんの竿も見てみると、やはりこちらにも

30センチくらいのマガレイが付いています。もうこうなると

だんだんやることも機械的になってきます、魚を外してスカリに

ほうりこみ、エサを付けて投げ直しー

それにしても実際は竿を2本しか出していないのに忙しいこと。

おまけに片道数分とはいえ、車と釣り場の往復でだんだん

くたびれてきましたwobbly











2011_0505takanosu0008










そんなこんなで夜が明ける頃には抜け殻同然になってしまい、

あとはハゴトコさんとペーペーさんにお任せというところです。

しかし明け方こそなんとか魚の食いが立ったものの、7時を

まわったあたりからめっきりペースダウンしてしまいました。





せっかく誘った手前、何とかペーペーさんにもーと思っていたら

やってくれました、38センチのクロガシラを見事にゲットlovely

これで3人ともそれぞれ、マガレイ・宗八・クロガシラと良型を

手にしてめでたしめでたし。











2011_0505takanosu0009











というわけでこの日の釣果、これ以外にペーペーさんにホッケを

あげたりアブラコ・カレイを何匹かリリースしたのですが、まあ

これだけ釣れたら文句はありません、いや楽しかった。






にほんブログ村 釣りブログ カレイ釣りへ 「春が来た」と思ったら何とぞポチッと。
にほんブログ村










東日本大震災への募金積み立て:2000円(釣行2回)

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2011年5月 8日 (日)

3ヶ月ぶりの釣り

ようやく更新ですー水曜の早朝に出発して木曜の午後に帰宅、

それから18時間爆睡しっぱなし。起きたら起きたで家庭菜園に

行ってブドウの世話sweat01 めちゃアップが遅くなってしまいました。










今回目指したのは去年のGWと同じ、瀬棚の鷹の巣岬です。

当初は江差の鴎島や瀬棚港の沖提も考えましたが情報収集の

結果、他は余り期待できないということでハゴトコさんを乗せて

走ること5時間あまり、現地に到着しました。

途中、中山峠からルスツ高原にかけては季節外れの雪が降り

どうなることかと思いましたが、噴火湾までやってくるとどうやら

雪もやみ一安心。








早速岩場に出てみるとおやおや、去年も見たような釣り人がー

先方もこちらのことを覚えており、あっさり隣で竿を出させて

いただけることになりました、ありがたやhappy01










2011_0505takanosu0001










最初は風も強く、寒々しく曇っていましたが夕方になるにつれ

晴れて風も収まってきました。しかし潮の流れがやたらと速く、

アタリはさっぱり。加えて今年は魚の岸寄りも遅れているとかで

不吉な予感がします。先客の方々も数日前からさっぱりとかで

ハゴトコさんは先客と井戸端ならぬ岩場会議?










2011_0505takanosu0004










と、そんな中竿をサビいているとなにやら重さがあります、

どうやらこの手応えは待ちに待ったお魚ですねnote










2011_0505takanosu0003











ほぼ3ヶ月ぶりの釣果は30センチくらいのマガレイでした、

いやいや久しぶりとあってうれしいものですconfident もちろん

アワビチップ仕掛けに来ました(というか、アワビチップしか

使っておりません) やけに元気なこのマガレイ、写真を

撮ろうとするとこんなポーズをとっております。











2011_0505takanosu0002











さらにそのあともマガレイを追加しているとここまでホッケが

2匹のハゴトコさん、やみいポイントにやってきて三脚を

占領していますsweat02










2011_0505takanosu0005











すると早速ハゴトコさん、良型マガレイを釣り上げています、

あっというまに形勢逆転。しかしそろそろ暗くなってきました、

日本海に沈む夕日をパチリ。










2011_0505takanosu0006










日が沈み、すっかり暗くなったのでひとまず車に戻りましょう。

夕食に備えて炭火をおこしていると、ブロガー仲間の釣りキチ

ペーペーさん親子が登場です。あちこちを回って来たけれども

パッとしなかったようで明朝ご一緒することに決定しました。

腹が減っては戦はできぬということで途中の長万部で調達してきた

かにめし弁当にカップヌードル、ソーセージに焼き肉などと豪華な

メニューですが、やみいはさすがに焼き肉までは手が出ません。

おなかが苦しくなったので腹ごなしをかねてハゴトコさんたちと

焼き肉を残し、一人ふたたび岩場へー









真っ暗な中をあっちへまごまご、こっちへまごまご、なんとか

釣り座に着くと糸がフケています、そうこなくてはwink

上がってきたのはやはり30センチの宗八ガレイです、これは

なんだか忙しい夜になりそうー

しかしさすがに1泊2日となると書いても書いても終わりません、

続きはまた明日sweat01







にほんブログ村 釣りブログ カレイ釣りへ 「アワビいいね」と思ったら何とぞポチッと。
にほんブログ村

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

釣り?宴会?実は・・・

2010_0504takanosu0008








2010_0504takanosu0009








さて、ハゴトコさんが買い出しに出かけている間、岩場に一人

取り残されたやみいですが、天気はいいものの風が強く吹いて

だんだん肌寒くなってきます。

仕方ないので岩陰に入って風をやり過ごし、近くをウロウロする

野鳥をカメラに収めておりました。

岬の右側にはやはりここにもサクラマス狙いでしょうか、ルアーを

振る釣り人が結構おります。さらにその向こうに太櫓川の河口が

あるので好ポイントになっているのでしょうね。










2010_0504takanosu0011








と、ハゴトコさんが食料を抱えて帰還です、本日のメニューはと

いうと爆釣祈願のカツカレーconfident








2010_0504takanosu0012










これでようやく暖かくなりましたがそろそろ3時、先客の方々が

後片づけをして帰って行かれます。なんでも2泊3泊されていた

そうで「お疲れさまでした」。

入れ替わりに登場したのが後続部隊、おなじみヒロボーさんと

昨年一度、ご一緒させていただいたきままさんです。なんでも

どちらも鷹の巣岬は初めてということで気合いが入っていますpunch










とりあえずの夕マズメ、思い思いに竿を出しますがアタリの方は

ぼちぼちです、まあ勝負は明日の朝ですね。

その夜はヒロボーさんの特製料理で大盛り上がり、釣りに来て

こんなに贅沢しては釣りへの気合いが心配かも・・・coldsweats01









ヒロボーさんの包丁さばきの妙はハゴトコさんのブログで見て

いただくとして、日付の変わる頃にはハゴトコさんときままさんは

翌朝に備えて仮眠につき、ヒロボーさんとやみいは釣れた魚を

おつまみに酒盛りです、ますます釣りじゃなくなってきたcoldsweats01

しかしそんな中でもヒロボーさんは1時間おきに竿の所へー

しっかりマガレイを釣り上げています、恐るべし。








ということで午前3時をすぎて2日目開幕です。風が強い上に

時々雨もぱらついていますが、ここまで来てはめったなことでは

めげてはいられません。










2010_0504takanosu0014










昨日も好調だった離れ岩の釣り座。ヒロボーさんやきままさんも

気になっているようですがこの日はウネリが強く、岩への通路を

波が盛大に洗い流していますcoldsweats02

結局こわいもの好きなやみいがこの日も独り占めしましたが、

この日は他の場所の方が好調でした、まあそんなものです。








しかしここに来て問題がー

この離れ岩にいると魚が釣れたときに皆の所まで波を避けつつ

駈け戻らないといけません、ぐずぐずしていると波がドッパーンsweat01 

おまけに釣れた魚を入れたスカリ(網)のロープが前日、波に

巻き込まれて傷んだため岸近くの入り江に移動したものでやはり

魚が釣れるたびに数百メートル歩いていく羽目に。

というわけで魚が釣れるたびに500歩ずつ、おまけにときには

他の人の釣った魚までsweat02

おかげで息切れしてヨレヨレです、お昼前には完全にガス欠sad

推定2万歩は歩いたでしょうか。










2010_0504takanosu0015









結局やみいの釣果は29~25センチのマガレイが約20匹。

30オーバーが釣れなかったのが残念といえば残念ですが

ぜいたくを言ってはバチが当たりますね。

それでも終了間際、きままさんの竿に大きなアタリが。








2010_0504takanosu0016







2010_0504takanosu0017










ハゴトコさんのタモ網におさまったのは36センチのクロガシラ、

遠くまでお誘いした甲斐がありました、めでたしめでたしhappy01

さすがに帰りの道のりは遠かったですが心地よい居眠り・・・

じゃなく疲労でした、終わりよければすべてよし。




にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「それで長靴は」と思ったら何とぞポチッと。
にほんブログ村

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

初見参ー瀬棚鷹の巣岬

さてさて、お待たせいたしました。5/2の夜9時に札幌を出発し

運転手のハゴトコさんが目指したのは瀬棚は鷹の巣岬ですrvcar

途中現地は風が強く、釣りにならないという情報もあってちょっと

心配しましたが、日付が変わって着いてみると大丈夫そうです。

真っ暗な中釣り場を偵察すると、岩場には前日からとおぼしき

先客の三脚がいくつか置かれています。それでもなんとか端が

空いていたので一安心confident 夜明けにはかなり間がありますが

とりあえず準備を始めます。








竿を1本出し終わったところでハゴトコさんと先客の方が登場、

ご挨拶を交わしていると早くもアタリが。

あたりが薄明るくなってきたなか、巻き上げてみるとマガレイと

ホッケがダブルで上がってきました、幸先よしと思ったら足元で

ホッケがボチャン、幸先悪いかもsad








2010_0504takanosu0001










2010_0504takanosu0002










2010_0504takanosu0003











さすがに一級ポイントというだけあってマガレイのサイズが大きい

ですが、なかなか後が続きません。他の釣り人もヒマそうです。

そうこうする間にいよいよ日が昇ってきました。











2010_0504takanosu0004










ちょっと気が早いのですが釣り座を移動しました。準備をしている

ときから右端にあるちっぽけな岩場が気になっていたのですが

そちらに竿1本を持って行ってみました。










2010_0504takanosu0006









2010_0504takanosu0007









幅3メートル、長さは20メートルくらいですが途中が大変狭く、

うっかりすると海に落ちそうですがなかなかバカにできません。









2010_0504takanosu0005










良型のマガレイが連続してダブルで釣れてきます。25センチ

オーバーともなると釣り応えも充分happy01

正直、数は今ひとつでしたがほとんどが25~30センチクラス

とあっては10匹ほどでもおなか一杯でしたね。先客の方々に

聞いた話ではここ数日カレイはさっぱりということだったので

これはラッキー。







さらに皆さん、夕方には撤収されるというのでせっかくの機会だし

誰かを呼んではーということで心当たりに片っ端から連絡です。

そのかいあって二人ほどが夕方から参戦することに。とりあえず

お昼が近くなってアタリも遠のいたのでハゴトコさんは買い出しに

出かけますrvcar 恐れ入りますが続きはまた明日ということで。








にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「誰が来るのかな」と思ったら何とぞポチッと。
にほんブログ村

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

30時間ぶりに帰還です

やっと帰ってまいりました、疲れたーwobbly

詳しくは明日報告いたします、とりあえずは今回のワンシーン、

はたしてこれは一体?!









2010_0504takanosu0010








にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 「さてはまた?」と思ったら何とぞポチッと。
にほんブログ村

| | コメント (12) | トラックバック (0)